Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『げんしけん』コミックス二代目の八

 昨年たのしんだアニメ『げんしけん 二代目』は、コミックスが続いていて、二代目の八が出ています。通算では第17巻ですね。

アニメの終盤では謎のモテ期が来て、本人も 困惑中の斑目先輩が主人公。

スーと波戸くんが同じマンションの隣同士になったり、バレンタインのチョコをめぐってサークル現役メンバーの奇妙な駆け引きが展開したりと、今回も目が離せません。

できればアニメの二期も来てほしいけど、まだまだ原作ストック的に無理でしょうか。

posted by: ふるゆき | アニメ感想 | 12:08 | - | - |
『SHIROBAKO』面白いです!
評価:
---
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
¥ 6,233
(2015-04-22)

 哉2シーズンに入ったアニメ製作の裏側を明るくスリリングに(?)描くアニメ『SHIROBAKO』。ますます面白くなってきました!

主人公の宮森を中心に、武蔵野アニメーションやその周辺が、どの人物も生き生きとえがかれ、「第3飛行少女隊」という原作つきアニメをどう作り上げるかハラハラの展開に、まったく目が離せません。

ブルーレイの最終巻には、このアニメ内アニメが特典として入るそうで、実に楽しみです。 

posted by: ふるゆき | アニメ感想 | 15:01 | - | - |
5.5公式本です

『 繰繰れ! コックリさん』の公式ガイドブックを読みました。

こひなやコックリさんをはじめ、個性的キャラあふれた本です。

アニメが終わって少したちましたが、漫画の原作はけっこうあり、まだまだアニメ化されてない部分も多いので、やはり第2期がほしいところ。

原作やこの本、それにOVAが入っているDVDとか見ながら、気長に待っています。

posted by: ふるゆき | アニメ感想 | 19:06 | - | - |
今年の暮れは

 けっこう好きだったアニメ『さばげぶっ! 』の特番があったので、録画しました。

見てみると、主人公とその仲間が、相も変わらずお馬鹿でハイテンションなギャグを連打してくれるのが、やっぱり楽しい作品。

番組内のCMでは来年の3月に開催されるイベントのPRも。

メインの声優さん5人にくわえ、渋いナレーターの玄田哲章さんもゲストなので楽しそう。

今年もいろんなアニメやドラマに楽しませてもらいました。

気づけばはや大みそかに。

いろいろあったけど、過ぎてしまうとあっという間の1年です。

どうぞ皆さんも、良いお年を迎えてくださいね。

posted by: ふるゆき | アニメ感想 | 18:55 | - | - |
『繰繰れ!コックリさん』は面白すぎ
評価:
---
KADOKAWA メディアファクトリー
¥ 4,257
(2014-12-24)

  この秋のアニメで一番たのしく見れた『繰繰れ!コックリさん』のDVDを買いました。

自分を人形だと言いはる電波少女こひなと、呼び出されたのに「お帰りください」と言われながら少女の家に住むことになったコックリさんのギャグ満載、ときにハートフルなドタバタ不思議コメディは、何度みてもあきません。

DVD第1巻には1話と2話の収録なので、これからまざってくるヘンな居候の面々はまだほとんど登場しませんが、そのかわりというかオリジナルドラマCDと、これもうれしいショートOVAなどの特典がついてます。


アニメは今週のクリスマス話で終了ですが、こんな面白い作品は、ぜひ第2期を製作してもらいたいもの。原作の良さをいかしたアニメスタッフに、安定のキャスト陣(なにげに大好きだった『ケロロ軍曹』の声優さんが何人もいるのが、うちではポイント高いです)、そして主演の小野大輔さんが歌うOPと情緒あるEDにバラエティゆたかなBGMなど、音楽もかなり好みですから。



posted by: ふるゆき | アニメ感想 | 19:01 | - | - |
妖怪軍師もアリ?

昨夜に録画しておいたアニメ『妖怪ウォッチ』の最新作「妖怪軍師ウィスベエ」を観ました。

いや〜ビックリ!

これが目茶苦茶に面白いのです。

メインキャラのウィスパーとジバニャンが戦国時代にタイムスリップして、桃山時代の武将の石田三成と出会い、実は「妖怪シッタカブリ」だったウィスパーが、口から出まかせを言いながらも三成に信頼され、その軍師となってしまうことに。

しかし、関ヶ原の決戦で三成が敗れるとき、ウィスパーはいままでのウソを詫びて、そのイカサマ能力で敵に混乱を起こそうとするのに、三成はいさぎよく敗北を受け入れてその行動をとめ、壮烈に散っていくという感動ストーリーでした。

歴史を変えてはならないので、この結末は正しいし、ウィスパーをタイムスリップさせて歴史世界を混乱させようとした悪役たちの野望も阻止されたというエンディング。

でも、すごいのは何と言ってもOP曲とその映像でした。

へたな時代劇真っ青の勇壮なメロディと、大河では定番の中間で変調してラストでふたたび盛り上げる構成は、聞いていて爽快感ありありです!

今年の流行語にもえらばれた『妖怪ウォッチ』、きちんと見たのはほとんど初めてですが、なるほどこんな面白く熱い物語を描く展開もあるなら、いまの人気も当然ですね。

いやー、楽しい30分でした。 

posted by: ふるゆき | アニメ感想 | 22:12 | - | - |
『監督不行届』コミック

 この夏にアニメ化された安野モヨコ先生のコミックエッセイです。

2005年から、もう版を重ねて第20刷!

『新世紀エヴァンゲリオン』などで知られる庵野秀明監督との結婚によって、安野先生(作中ではロンパースというキャラ)が「オタ嫁道」へと入っていくさまが面白おかしく漫画で表現されていますが、今回みたアニメとの比較も面白いかも。


巻末に「庵野秀明、カントクくんを語る」というご本人インタビューと、作品のなかにあふれる漫画やアニメ、特撮や映画にフィギュアといった、いわゆるオタクアイテムについての用語解説も10ページ以上ついていて、こちらも読後のお楽しみですよ。 

posted by: ふるゆき | アニメ感想 | 20:10 | - | - |
『監督不行届』も

 ドラマ『アオイホノオ』が毎週とても楽しみでたまりませんが、主役にもおとらない重要なキャラクターとなっている庵野ヒデアキ氏は、少し前にCSで放送されていたアニメ『監督不行届』にも出ていました。

というより、アオイホノオでは80年代の若き姿、こちらのアニメではほぼ現在のお姿で、しかも奥様の安野モヨコさんをとおして見た面白くておかしい日常です。

どちらも偉大なクリエイターの歴史を楽しく物語っているので、あわせて見たいですね。

 

posted by: ふるゆき | アニメ感想 | 18:34 | - | - |