Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『ガンダムを創った男たち』上巻

 いまから35年前に名作アニメ『機動戦士ガンダム』を創った人々のドラマです。

漫画化にあたって冨野カントク,安彦ヨシカズ氏など極端なキャラ付けになっていますが、いわば「史実」の骨子はそのままでしょう。

読んでいくほどに引き込まれる展開はさすが。

番外編ともいうべき『トミノ伝』も掲載されていて、こちらもおススメです。 

posted by: ふるゆき | | 19:46 | - | - |
『へうげもの』 第18巻

 『へうげもの』の最新巻です。

徳川と豊臣との和を願うものの、みちのりは遠し。

でも、古織どのは絶好調です。

この巻では、秀忠夫婦の描き方が面白かったですね。

数寄の世界も江戸初期となり、さまざまな変化が歴史上の事件と連動して興味深いです。 

posted by: ふるゆき | | 20:32 | - | - |
『播磨灘物語』第3巻

 大河ドラマ『軍師 官兵衛』が、いよいよ主人公の幽閉時期になりましたので、司馬遼太郎作品『播磨灘物語』の第3巻を読み返しました。

なんど読んでも、やはり面白くて考えさせられます。

官兵衛が有岡城に幽閉され、いわば主人公の活躍がない時期なのに、周辺の情勢をくわしく描き、救出にいたるまであきさせません。

ドラマのほうも、このくらい自在な面白さが出てくれば次への期待が大きいですが。

 

posted by: ふるゆき | | 19:07 | - | - |
マンガで旅する東海地方
評価:
もぐら
ジェイティビィパブリッシング
¥ 1,188
(2014-03-25)

東海地方の愛知・岐阜・静岡3県を旅するマンガエッセイです。

観光の名所やご当地グルメはもちろん、三英傑はじめ武将などが登場する歴史、風土や人情がくわしく、そして面白く書かれていて、最後まで一気に読めました。

絵もかわいいけど、作者さんや旅の仲間の独特な突っ込みも楽しいですね。

他の地方の旅を描いたナンバーも読んでみたくなりました。 

posted by: ふるゆき | | 18:43 | - | - |
タンクバトル1「西方電撃戦」

 WW兇寮鐚崟鏤砲魏その戦場中心に記述されたシリーズです。

文庫版第1巻は、ドイツ軍のフランス侵攻による電撃戦がメインなので、タイトルも「西方電撃戦」となっていますね。


注目なのは、序章に第1次大戦での世界初タンクバトルといわれる、ヴィレル・ブリトニューの戦いが紹介されていること。英軍のマーク孤形戦車と、ドイツ軍がはじめて作ったA7V戦車による決闘です。また、ポーランドの豆戦車が奮戦して、優勢なドイツ装甲部隊に痛烈な一撃をあたえた事実や、北アフリカの砂漠で、イギリス軍が巡航戦車を駆使して、イタリア軍の大部隊を撃破した戦いなど、大戦初期の物語が興味深く感じました。

posted by: ふるゆき | | 18:52 | - | - |
日本アニメの今
JUGEMテーマ:漫画/アニメ
 『日本のアニメは何がすごいのか』というタイトルの本を読みました。
研究家や熱心なアニメマニア向けに書いたものではない、とことわってありますが、一般の方でアニメを良く見る人だけでなくても面白く読めると思います。
もっとも注目したいのは、マスコミなどの報道が「日本アニメはとにかく凄い」から、「もう日本アニメは終わり」まで極端から極端に走っていて、実情を正しくつたえていない、との指摘でした。

日本のアニメが海外で受け入れられた歴史や経緯、その後のブームや海外ファンの反応も、単純ではなく冷静に分析してあり、また古典となった過去の名作から最近のヒット作まで例に挙げてわかりやすく解説してあります。
いわゆる「クールジャパン」の現状や問題にも、単なる肯定や否定をこえた視点で将来的な提言もされていて、考えさせられることも多いと思います。
日本と海外、過去と現在、そして未来を、アニメの多様性をとおして考察できる本だと感じました。
posted by: ふるゆき | | 19:01 | - | - |
MC☆あくしず最新号
JUGEMテーマ:漫画/アニメ
萌えミリタリー雑誌「MC☆あくしず」の2014年2月号です。
雑誌の出版界では、もう二月号なんですね。

今回も注目の「萌えよ!戦車学校」は、アラクールの戦い。
ドイツ本土に迫る連合軍を迎撃するは、パンター主力の装甲旅団です。
でも、練度があがったアメリカ戦車兵に返り討ちされるはめに。

人気の艦これや、戦後世代の戦闘機を擬人化する特集もあり。
それにしても、1年が早く感じます。 
posted by: ふるゆき | | 17:53 | - | - |
『じょしらく』のコミックス
JUGEMテーマ:漫画/アニメ
 アニメの記事をかいたばかりですが、『じょしらく』は、もちろん原作も面白い。
久米田原作をヤスさんの絵でうまくコミックとしてあって、読み返してもあきません。
いまさら遅いけど、DVD特典付きの巻買えばよかったとか思ってしまいます。 
posted by: ふるゆき | | 19:24 | - | - |