Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『国盗り物語』 織田信長編
JUGEMテーマ:読書
いよいよ2011年の大河ドラマ『江』もスタートです。
最初の数話では、江の叔父である織田信長が重要な役どころ。
それもあって、またこの名作を読み返しました。

いまさらですが、この『国盗り物語』は、司馬遼太郎作品のなかでも屈指の傑作です。
よくテレビや雑誌で「司馬史観」とか「司馬小説に学ぶリーダー論」などを見聞きしますが、それよりなによりこの作品は圧倒的に面白いエンターティンメントですよ。

「織田信長」とか「信長」といったタイトルの小説や歴史評論は多くありますが、この作品のすごいのは司馬氏が斉藤道三を描くためはじめた小説『国盗り物語』で、好評のため「続けて書いた」ところ。
それでいて、戦国の天才にして覇者たる織田信長の人物像を、その戦いの生涯を描ききってしまうのだから、やはり司馬遼太郎は真に素晴らしい書き手です。
いまさらおススメでもないと言われそうです。それもごもっとも。
でも、未読の方はぜひお手にとっていただきたいもの。学生時代に欧米のミステリやハードボイルドの大ファンで「日本の時代(歴史)小説なんて」と言っていた友人に読ませて、「こんなに面白くて迫力のあるものとは」と唸らせた思い出があります。ほんとうですよ(笑う)。 
posted by: ふるゆき | | 19:14 | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 19:14 | - | - |