Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『龍馬伝』 最終回「龍の魂」
新政府綱領八策をかきつづる龍馬。
その内容に疑念を持つ薩摩と長州の面々。
これを確かめるべく、龍馬に会いに来る中岡。
そして、このドラマの主軸となって、龍馬に別れを告げに来た弥太郎。

このさまざまな人々の思惑が重なり合った明治の前夜に、龍馬と中岡は暗殺されました。
突然ふたりのいる近江屋を襲撃した見廻り組によって。
今回はドラマのあらすじなど書くのをやめて、感想の総括など述べようかと思います。

最終回は、70分あまりの拡大枠だったものの、あまりのめり込めませんでした。
演出が間延びしていたせいか、今までに盛り上がらない回があったせいか。
はたまた、新選組が最後まで(病の沖田まで)総出で市中巡回をやっていたせいか・・・。

どれもそうであるような気もしますが、ともあれ今年の大河ドラマは終わりました。
最初のころは良かったのですが、端的に言って、『竜馬がゆく』と違うものにしようとして、違ったものの、それ以上やそれと異なる面白い出来とは思えませんでした。

キャストの方々、素晴らしかったと思います。
事実上の中心の弥太郎を力一杯に演じた香川さん、武市を演じきった大森さん、長次郎の大泉さん、以蔵の佐藤さん、乙女姉やの寺島さん、佐那の貫地谷さんら・・・・・・。
そして主役の龍馬をつとめた福山雅治さん、良かったです。
これまであまり言及しませんでしたが、福山さん本人のインタビューを聞いたり、記事を読んだり、当人のラジオ番組を聴いても、真剣に役柄に取り組んでいる姿勢がわかりました。
「龍馬さん」と自ら呼び、敬意をもちつつ距離を置いて冷静に演じているようすが感じられました。
独特の間合いも面白かったです。

やはり、脚本と演出との味が、自分には合わなかったのでしょう。
それでも幕末ものを見た、という気はしました。
来年は戦国に戻ります。面白いドラマであることを願い、まずは第1回を見ようと思います。
この1年おつきあいくださった皆さん、拙い感想を見てくださった皆さん。
本当にありがとうございました。
posted by: ふるゆき | 龍馬伝 | 23:02 | comments(6) | trackbacks(11) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:02 | - | - |
こんばんは。
まずは、1年間お疲れ様でした。
思えば、ひょんなことからコメントをいただいて、こうして毎週お邪魔させていただけて、
ドラマの内容はともかく(?)、楽しい1年でありました。ありがとうございました。

個人的には、福山龍馬よりも脇役のほうがずっと見応えがあって、
たった1回、いい味わいで出演された方々が多かったこともあり、
贅沢に作られたドラマだったと思いました。
フィクションでもいいから、説得力があるとよかったんですけどね…

来年は…もし観ても感想まで書くかどうか自信もないですが、
きっといつかまた機会もあることでしょう。
その時はまたよろしくお願いいたします。
| 悠雅 | 2010/11/28 11:37 PM |
悠雅さん、1年ありがとうございました。
こちらこそ毎週たのしいコメントをいただき、うれしかったです。

いろんな脇役に楽しませてもらいましたね。
高杉なども、なかなかの芝居でした。
大河のキャストは、本当に豪華ですよ。

こちらこそ、来年など機会がありましたらmどうぞよろしくお願いしますね。
| ふるゆき | 2010/11/28 11:45 PM |
>はたまた、新選組が最後まで(病の沖田まで)総出で市中巡回をやっていたせいか・・・。

ははは(⌒▽⌒)
ほんと、総長だって言うのにいつも先頭に立っている近藤。
病を押して頑張る健康そうな沖田。
最期まで人斬り集団。。。
先週で出番が終わっていれば、まだ感慨深かったのに。

とにかくキャストが素晴らしかった。
あと、前にも書きましたが私はこれの音楽演出に弱いので(^^;ゞ
音楽にやられちゃうんですよね( ̄∇ ̄;)

色々書いてきましたが終わってみれば割と満足した大河でした。

1年お疲れ様でした♪
来年も私は書くと思います。(ぶーぶー言いながら^^;)
来年もぜひぜひお付き合いください♪
(おっと、その前に「坂の上」でもよろしくお願いします^^)
| くう | 2010/11/28 11:52 PM |
くうさん、どうもありがとうございました。
いろいろツッコミどころはあれど、ついに最終回まで来ましたよね。

おっしゃるとおり素晴らしいキャストと、そうそう、良き音楽に楽しませてもらいました。

くうさんも、1年間おつかれさまでした。
来年の戦国も、『坂の上の雲』も、かきましたらば、どうぞヨロシクお願いします。
| ふるゆき | 2010/11/29 12:04 AM |
龍馬と弥太郎の壮絶な死・・・
どちらも“凄かった”です。
結局、主人公は弥太郎だったのでは?と思ってしまいました。

ともあれ、1年間ありがとうございました。
私は来年の大河ドラマも一応レビュー予定なので、
レビューを書く予定でしたら、また宜しくお願い致します。
| BROOK | 2010/11/29 6:47 AM |
BROOKさん、今回もありがとうございました。

弥太郎の最後まであったのは、本当に驚きました。
私は弥太郎も最初のころのほうが好きでした。
憎まれ口をたたきながら、鳥カゴをかついで歩く姿は、BGMの「弥太郎マーチ」(本当のタイトルは「雑草魂」とか)と相まって、忘れがたいものです。

こちらこそ、この1年お世話になりました。
来年も書きましたら、今年と同じくどうぞよろしくお願いします。
| ふるゆき | 2010/11/29 7:15 PM |









この記事のトラックバックURL
http://furuyuki.jugem.jp/trackback/949
トラックバック
2010/11/28 11:22 PM
一年間このドラマをずっと見てきた思いを胸に始まる前から早くもくるものがありこの調子ではこの先どうなってしまうのか思いやられる状況のなか始まりました。歴史の中で自分たちは近江屋が暗殺の舞台になったということを知っているので、龍馬には早くその場から逃げて
あしたまにあーな
2010/11/28 11:27 PM
龍馬伝ですが、坂本龍馬(福山雅治)は土佐の桂浜で武市半平太(大森南朋)、岡田以蔵(佐藤健)、近藤長次郎(大泉洋)など歓談します。夢の中なら何でも叶いますが、「そばにいてくれるだけでいい」というくらい男同士の友愛が盛り上がります。 大政奉還を成し遂げた
一言居士!スペードのAの放埓手記
2010/11/28 11:30 PM
〜龍の魂〜
悠雅的生活
2010/11/28 11:57 PM
最終回「龍の魂」 
またり、すばるくん。
2010/11/28 11:58 PM
オーラス!泣いても笑っても怒っても驚いても!今日が最後の最終回!龍馬君に何が起こるか、分かっていてもウソであって欲しーの願うのイタリーの〜っ!
真田のよもやま話
2010/11/29 12:20 AM
あ~あ とうとう終わっちゃいましたね龍馬伝。 近江屋が爆発もせず 天馬が大空に駆け上がりもせず ましてや 神龍なんぞまるで登場せず ごくごく 普通の最終回 と言 ...
ぱるぷんて海の家
2010/11/29 1:13 AM
大河ドラマ「龍馬伝」。第48回(最終回)、龍の魂。 ついに、龍馬伝も最終回! キャスト・スタッフの皆さんお疲れ様でした。 最終回は、龍馬暗殺!近江屋事件です。
センゴク雑記
2010/11/29 10:52 AM
最終回ぜよ! 
Akira's VOICE
2010/11/29 12:03 PM
『龍馬伝』(RYOMADEN SEASON4) 第48回「龍の魂」 本編よりも、龍馬伝紀行で紹介された”三菱”の弥太郎のとととか、最後のナレーション「わずか150年前のことでした。」というフレーズに感慨を覚えました。 【 われら侍を愚弄した 】 今井(
世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)
2010/12/02 9:46 PM
あらすじ 龍馬(福山雅治)が書いた新政府綱領八策の「○○○盟主となり」の文が波
青いblog
2010/12/06 8:19 AM
あ、以蔵だぁ、武市さんもいるではないですか… オープニングの夢で、郷里の桂浜。土佐勤皇党士の面々が揃って談笑してるのが、なんともいえず切なかったです。 賛否両論あれど、「アマデウス」風に、サリエリの目を通してモーツァルトを描いた物語じゃないけれど、
のほほん便り