Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『龍馬伝』 愛の蛍
池田屋からひきあげる新選組の隊列に向かって駆け出した龍馬。
それを止めたのは、桂小五郎でした。
ひとりで斬りこむ無謀は止めた桂も、同志を討たれた無念さは心に満ち、復仇を誓います。

土佐では、以蔵が苛酷な拷問を受けていました。
その悲鳴が聞こえるたび、武市の苦悩は深まり、「以蔵、すまん」と繰り返すばかりでした。
いっぽう、弥太郎は後藤象二郎に呼ばれ、郷廻りに戻れとはいわんが、わしのために働けとの指示。
弥太郎は武市の牢に来て、本当のことを話して罪を認めよ、そうすれば許されると説きます。
が、武市は「そんなことして許されるかは子供でもわかる」と、拒絶するのみ。

京の龍馬は、宿の主人から夜を待って神戸に帰るよういわれ、その間お龍の家にやっかいに。
部屋にあった月琴をひいて土佐の唄を披露し、お龍の妹弟たちを楽しませました。
いつもながら、このあたりは流石に福山龍馬です。
お龍は宿から龍馬に弁当を預かってきましたが、龍馬はこれを姉弟たちにわけました。
(おにぎりと少々の漬け物を入れた弁当ですが、けっこう美味しそうです。こういうものもスタッフの料理指導の方が作るのでしょうか?)

料理といえば、勤皇党の弾圧をよそにいつも何か飲み食いしている大殿様の容堂。
今日は、深山宗林という人物が訪ねてきて、茶室で一服となりました。
(ここは茶事指導の方が大名茶室らしく配置したものを、真上からうつすカットでした)
月代もヒゲものびた姿で苦悩する武市は、牢役人の和助に妻への伝言をたのみます。
富は、坂本家でもらった西瓜も置いたままぼんやりしていますが、和助が来て伝言を聞きました。
それは「すまん」という気持ちを伝えただけのもの。
しかし、坂本家では権平兄上が「あれで武市さん夫婦も子があったら」というのに乙女さんが反駁。
子供ができないため他の女性が替わりにきても、武市は指一本ふれなかった逸話を語ります。
その富から、牢内の武市には蛍が差し入れされました。
(どうやって持ってきたんでしょう。風呂敷で包めるものかな・・・?)

龍馬は、ようやく神戸村の海軍塾に戻るため京を立ちます。
(お龍に「亀弥太さんは志を貫いて死んだのでしょう。褒めてあげるべきでは」と言われたのがきっかけで立ち直ったような・・・。悩みすぎの主人公、一本とられたかもしれません)
しかし、その海軍塾から池田屋に望月亀弥太が参加していたことを幕府は突き止めました。
これを板倉老中から詰問された勝は、ことの重大さゆえさすがに軽口も出ず、困惑しています。
そんな急転する運命のなか、舟で川を下って伏見の船宿についた龍馬は、驚愕します。
そこで舟宿の呼び込みをしていたのは、亡き母とうりふたつの女性、お登勢でした・・・・・・。
posted by: ふるゆき | 龍馬伝 | 22:02 | comments(6) | trackbacks(13) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:02 | - | - |
わたしも、蛍が布に包まれてやってくるとは思わなかったので、
さぞ、和助さんは丁寧に、押し頂いて運んだだろうなと思うことにしました。
和助役の俳優さんが(も)好きなので、
地味だけどいい役柄で嬉しかったりしてます。
| 悠雅 | 2010/06/13 10:33 PM |
悠雅さん、いつもありがとうございます。
CGの蛍はいかにも意外でした。
でも、言われるとおり、かろうじて和助なら納得できるような気もします。

私も和助が存在感あっていい役柄だと思っていたのですが、俳優さんはたしか前に見たような…と感じながら、やっと思い出しました。小市慢太郎さんですよね。
『風林火山』で、斜陽の関東管領に最後まで孤忠をつくす武将の長野業政を演じたキャストさんですね。
あの時も、役柄も芝居もいいなと感じていました。時代や身分は違えど、今度も愚直で誠実な役柄が良いです。この人にも注目ですね。
| ふるゆき | 2010/06/13 11:08 PM |
ストーリーの大半は龍馬サイドでしたが、
心に残るのは土佐サイドのお話でした。
ホタルはベタだと思いつつも、音楽と映像に
絆されて涙が出てきました。
演出の上手なドラマです。
こういうシーン、大切にしてもらいたいですね。
| くう | 2010/06/13 11:42 PM |
くうさん、今週もありがとうございます。
蛍には驚きましたが、たしかにBGMも映像も美しいシーンでした。

このドラマは、他のものと違い画面の奥行きや明暗に工夫があるし、キャストのかつらもいわゆる時代劇小道具をそのまま使わず、髪が明治の写真に残るもののように結われていてリアリティがありますね。

土佐の人々は本当に悲しい境遇ですが、ついに次回は蛤御門の変で長州も大変な逆境を迎えるようなので、そろそろ時代の転換点を見せてほしいです。
| ふるゆき | 2010/06/14 12:04 AM |
蛍の差し入れには驚きました。
軽く包んでも、生きているものなのでしょうか?
せめて小さな虫かごで・・・と思ってしまいました。

次回は寺田屋の女将・お登勢の本格登場なので、
かなり期待しています。
だた母親と瓜二つというのはちょっと・・・。
| BROOK | 2010/06/14 6:21 AM |
BROOKさん、今回もありがとうございます。
蛍のエピソードは感動的でも、武市と以蔵は苦悩が続きあわれですね。
進展のない回なので、よけいに感じました。

寺田屋お登勢が登場したのは期待ですが、龍馬の母そっくりなのは、私も違和感があります。
どういう人物像で描かれるか、ちょっと不安かも。
| ふるゆき | 2010/06/14 7:45 PM |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
2010/06/13 10:20 PM
今日の龍馬伝タイトルは 「愛の蛍」って 何かイヤーな予感してたんです。 どうも 天地人臭が漂っていて・・・。 もうタイトル聞いただけで 今回は捨て回? ああアノ悪夢が トラウマ? になってるようで 覚悟はしてたけど 時間長く感じたしぃ。 始め
ぱるぷんて海の家
2010/06/13 10:21 PM
前回が「動」の話だとすれば今回は「静」の話といえるでしょう。激しく動いた物語をもう一度振り返り、それぞれの登場人物の思いをたどっています。前回、池田屋で新撰組によって亀弥太は殺害されることになります。その亀弥太を守ってあげることができなかったことを猛
あしたまにあーな
2010/06/13 10:23 PM
龍馬伝ですが、池田屋事件で近藤勇(原田泰造)の活躍も少しはやります。坂本龍馬(福山雅治)は無謀にもひとりで新撰組に殴りこもうとしますが、桂小五郎(谷原章介)が止めてくれます。桂は幕府と薩摩は攘夷など関係なく自分のことしか考えていないと悲歌慷慨します。
一言居士!スペードのAの放埓手記
2010/06/13 10:23 PM
〜愛の蛍〜
悠雅的生活
2010/06/13 10:38 PM
サッカーワールドカップ南アフリカ大会: 2010 FIFAワールドカップ(英: 2010 FIFA World Cup South Africa)、 2010年6月11日から7月11日にかけて、第19回FIFAワールドカップ、始まりましたね。 「龍馬伝」の視聴率のライバル、ちょうど放映時間が被りますね、れれ
よかったねノート 感謝の言葉にかえて
2010/06/13 10:39 PM
第24回 愛の蛍 以蔵の拷問シーンが痛い。足元が映ったけれど、あそこはCGとかじゃなく、やっぱり本当に誰かがのってるのですか?たとえ膝の石が本物じゃなくてもキツイ! なんか、やっぱり亀弥太の一件がいやーな感じで、勝先生と神戸海軍操練所をしわじわと締め上げ
本家らう゛ろくた推して参る
2010/06/13 11:05 PM
第24回「愛の蛍」
またり、すばるくん。
2010/06/13 11:16 PM
先週の答えは・・「風林火山」のテーマでした〜。いえあの、ソフトバンクのCM「お父さん出馬編」に往年の大河のBGMって事で、はい〜。{%うーん…(シクシク)hdeco%} それで今週は蛍!蛍なんですぐ死んでしまうん?ぶわあああ〜〜〜〜!あ、すみません自分で言って
真田のよもやま話
2010/06/13 11:45 PM
大河ドラマ 『龍馬伝』 第24回 「愛の蛍」を観ましたー☆ 優しく暖かく…想い人 焦がれる者を包み込んでいるかの様な…月明かり。朝餉...
サブカルチャー・ショック
2010/06/14 12:53 AM
大河ドラマ「龍馬伝」。第24回、愛の蛍。 ん〜・・・・・・とりあえず視聴して何を感想にすればいいか迷った。 それぐらい話は進みませんでした。 これからのネタ振りみたいなことだけが少しあったかな〜っという感じです。 ...
センゴク雑記
2010/06/14 12:06 PM
『龍馬伝』(RYOMADEN SEASON2) 第24回「愛の蛍」  吉田東洋闇討ち事件の尋問で、以蔵(佐藤健)が厳しい拷問を受けていますが、武市半平太(大森南朋)は牢屋の中から「スマン、スマン」と呟くばかり・・・。  武市は、未だ真相を語らず粘り続け
世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)
2010/06/15 7:14 PM
あらすじ 池田屋に向かった龍馬(福山雅治)は、亀弥太(音尾琢真)の死を
青いblog
2010/06/20 2:22 AM
前回も書いた通り きっどさんは新撰組が大嫌いである。 京都守護職松平容保預かりの 単なる私的警備隊であるにも関わらず 何をか勘違いして 「御用改めである!」と 偉そうにやってきて、狼藉をしまくる、 そら京都の人にも嫌われるわ。 若し今、セコムの兄ちゃ
こちら、きっどさん行政書士事務所です!