Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『龍馬伝』 龍という女
土佐では、いよいよ勤皇党にたいする弾圧が過酷なものとなり、武市も苦悩します。
武市本人は上士であるため拷問されませんが、親族の島村は石抱きなどの責め苦に悲鳴を。
それが聞こえるたび、武市は身を切られるような思いでしょう。

京では新選組の活動が勢いをまし、各藩の攘夷浪人も斬られていました。
勝塾にも土佐の役人が捜索にきますが、薩摩や奥州の藩士たちが、強引に追い返します。
しかし、望月や高松、沢村に長次郎らは複雑な心境に。
龍馬は、以蔵を探して夜の京を走り、ある旅籠に入ります。
そこは勤皇浪士を泊めてくれるというウワサの宿。

なりゆきでここに泊まった龍馬は、主人と言い争う若い女を見ました。
借金のかたに妹がやくざ者にされわれたから、包丁を持って取り返す、と何とも猛々しい女性。
名はお龍と聞いて、龍馬は興味を持ったようす。
彼は、故郷の乙女姉さんが送ってくれた大切な5両をあたえました。

翌日も以蔵を探す龍馬のまえに、突然その以蔵が飛び出してきます。
これにはさすがの龍馬もビックリ。が、再会を喜ぶまもなく、周囲を囲まれました。
囲んだ相手は、いま京洛を戦慄させている新選組。
先頭で刀をぬいたのは、近藤勇です。
龍馬は以蔵を逃がし、竹や材木など手当たりしだいに投げて、近藤らの追撃を阻みました。
「お前はこの次だ」と、捨てセリフを残して近藤は去りましたが・・・。

以蔵は、和傘を干してある町屋の路地で、大勢の役人に囲まれ、ついに捕まりました。
(それにしても、近藤らは名も名乗らず、いきなり斬りつけるのは少し無茶なような。
新選組も一応は警察組織なので、身分名乗りや相手への尋問ていどは必要だと思いますが。)
結局は以蔵を救えず、龍馬は宿で落ち込みます。
そこへお龍が食膳を運んできましたが、のどを通らないと泣きました。

次週予告は、ついに池田屋事件。
勝塾からもそこへ参加する若者がいるはず。龍馬は止めることができるでしょうか?
また、武市と以蔵は、牢獄で再会するようです。
苛烈な運命は、まだこの先も続きますが、海軍塾の行く先もまた波乱のなかです。 
posted by: ふるゆき | 龍馬伝 | 22:04 | comments(6) | trackbacks(13) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:04 | - | - |
武市と以蔵。
自分が信じる人のために頑張ってきた2人が、揃って悲しい目に遭い、
やっぱり今週も、この2人ばっかり観てしまいました。
何で、わざわざお龍さんをこの回に登場させるの?とか
これが新選組?という顔ぶれと描き方とか
何かスッキリしないものがふつふつと。。。

来週は、池田屋(『走れ』って?とは思うけど)、新選組も望月亀弥太が出てるので、
それなりにちゃんと描かれるかな、と期待です。
| 悠雅 | 2010/05/30 10:49 PM |
悠雅さん、いつもありがとうございます。
本当に新選組も初登場のお龍もスッキリしない展開でしたね。
いくら龍馬でも、近藤ら新選組幹部3名を相手に、そこまでできるかな?という疑問も。

来週の池田屋は、まあ走るしか交通手段がないかもしれないけど、無茶しないでほしい気もします。
新選組の引き上げシーンらしいのも予告映像にありましたね。
| ふるゆき | 2010/05/30 10:58 PM |
>新選組も一応は警察組織なので、身分名乗りや相手への尋問ていどは必要だと思いますが

そういえば、「御用改めである!」が全く聞けませんな^^;
この新選組は黙って斬りかかってきますよね^^;

捕縛される以蔵の姿に泣きました。。。
捕まりたくないと言う感情を全身で表現していましたね。
本当に可哀想だった。
武市も自分は拷問を受けなくても、あの状況は
拷問されているに等しいでしょう。

こんな事言っちゃ、ファンに怒られますが、今回は龍馬は要らなかった気がします。。。

>そこへお龍が食膳を運んできましたが、のどを通らないと泣きました。

あのシーンでは、ああ、こうやってお龍さんを
引っかけたんだね〜。。。と冷めた目で見ちゃった(^^;ゞ
| くう | 2010/05/30 11:10 PM |
くうさん、今週もありがとうございます。
そうそう、「御用改めである!」も「屯所までご同道ねがおう」もなく、いきなり斬りつけてきて怖いですよね。
演出かと思いますが、ご公儀の者がすることじゃない気も。

以蔵は運命に翻弄され、時代の孤児となる哀れさがよく出ていると思います。
自分のしたことも武市に褒めてもらいたい一心だたので、反省の余裕もないんですよね。

龍馬の涙は、気丈なお龍にかえってアピールしたのでしょうか。
主人公の存在感が、新選組あいての善戦とか、なんだか意外な面で出ましたよね。
| ふるゆき | 2010/05/30 11:31 PM |
ついに以蔵が捕まってしまいましたね。
何も言わずに追いかける新選組がかなり無気味でしたが、
たしかに名を名乗らないのはちょっとおかしい気がしました・・・。

次回は池田屋事件なので、かなり期待しています。
| BROOK | 2010/05/31 6:24 AM |
BROOKさん、今回もありがとうございます。
何だか独自路線の新選組ですね。
いささか来週の池田屋も不安になるかも?

以蔵は苛酷な拷問を受けるでしょうが、武市がどう描かれるかも気になりますよね。
| ふるゆき | 2010/05/31 9:32 PM |









この記事のトラックバックURL
http://furuyuki.jugem.jp/trackback/847
トラックバック
2010/05/30 10:22 PM
龍馬伝ですが、山内容堂(近藤正臣)は武市半平太(大森南朋)を投獄しただけでは飽き足らず、坂本龍馬(福山雅治)などの海軍塾グループにも帰藩命令を出し、下士を根絶やしにしようと目論みます。龍馬は勝海舟の権威や伝兵衛様などに庇護されますが、殿様に逆らったこ
一言居士!スペードのAの放埓手記
2010/05/30 10:28 PM
第22回 龍という女 手に汗握ってしまいました。 逃げる以蔵と、殴り込みしそうなお龍さん(初登場!)に加えて、徳が長次郎に告白するのかとか。 それから、追われてる人間を大っぴらに探す龍馬とか、武市さんの傍で行われる拷問とか…… いろんな意味で盛り沢山で……
本家らう゛ろくた推して参る
2010/05/30 10:28 PM
ドラマの中で脚本の福田靖くんは 後藤象二郎に 「土佐藩では上士には拷問出来ない決まりになっている  そのかわり下士には何をしても良い」 と言わせていたが、 先日も書いた通りこれは正確ではない 「土佐藩では」なく江戸時代日本国中の藩で このような慣例で
こちら、きっどさん行政書士事務所です!
2010/05/30 10:36 PM
あーあー 岡田以蔵とうとう捕まったかぁ! このまま土佐に連れてかれ 拷問につぐ拷問に耐えきれず 白状して無残な最期を迎えるのか。 新撰組の近藤勇に斬られた方がまだ良かったかも・・・。 ってゆーか おい! 坂本龍馬クン!! 君はどこを探しとるんだ
ぱるぷんて海の家
2010/05/30 10:38 PM
第22回「龍という女」
またり、すばるくん。
2010/05/30 10:42 PM
社民党の離脱で、昨年9月以来続いてきた民主、社民、国民新三党の連立政権は約八ヶ月余りで幕を下ろすことになりました。あっけないものですね。 さて、「龍馬伝」です。捕えられた武市半平太、文久三年九月のことです。 今回、山内容堂のぼやきが聞かれます。 「
よかったねノート 感謝の言葉にかえて
2010/05/30 10:44 PM
〜龍という女〜
悠雅的生活
2010/05/30 10:52 PM
前回の感動があったので、今回は敷居が非常に高いものとなりました。前回無念のうちに壮絶な死を遂げた平井収二郎のように、土佐勤王党を徹底的にたたきつぶそうと土佐の大殿様である山内容堂は、関係者をすべて土佐に帰そうとします。きっとすべて帰した後に弾圧するつ
あしたまにあーな
2010/05/30 10:53 PM
あらすじ 勝塾で航海術を学ぶ龍馬(福山雅治)たち土佐藩士に、勤王党弾圧
青いblog
2010/05/30 11:15 PM
大河ドラマ「龍馬伝」。第22回、龍という女。 お龍登場の巻。でも、メインは岡田以蔵か? 新撰組なんかも出てます。
センゴク雑記
2010/05/30 11:59 PM
大河ドラマ 『龍馬伝』 第22回 「龍という女」を観ましたー☆ 坂本龍馬と近藤勇。1対1の真剣勝負。ドラマならではの夢の対決でしたね...
サブカルチャー・ショック
2010/05/31 12:10 PM
『龍馬伝』(RYOMADEN SEASON2) 第22回「龍という女」  「龍という女」というサブタイトルの割に、お龍(真木よう子)の出番は少なめ・・・。  それでも、真木よう子の発散するエネルギーはさすがです。  キリッとした感じが凄くいい!!  す
世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)
2010/06/01 12:52 AM
土佐勤王党への弾圧が始まるなか、龍馬はなすすべもない。土佐では武市半平太の取調べ
くまっこの部屋