Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『龍馬伝』 ふたりの京
JUGEMテーマ:エンターテイメント
文久二年、ついに土佐藩を事実上うごかす立場となった武市半平太は、若き山内家の当主を奉じ、藩兵を統率しつつ大挙して京に乗り込みます。 
しかも、攘夷派の有力公卿として知られる三条実美に謁見。親しく言葉をかけられるまでに。

一方、その三条家に仕えて情報収集活動につとめていた加尾は、町で偶然に龍馬と会いました。
戸惑うふたり。が、懐かしさとともに甦る想いは、龍馬と加尾をふたたび結びつけ・・・・・・。
その夜、ふたりがともに過ごした時間は永遠になったのでしょうか。

武市の朝廷工作は順調にすすみ、平井をはじめ土佐勤皇党の面々は、祇園の料亭で痛飲して気炎をあげます。
その席で、たまたま舞妓のひとりが「こういう情勢になったのは、本間精一郎はんのおかげとか」と、土佐藩士にとっては認めがたいウワサを話しました。
これに平井らが激しく反駁し、武市も誰にともなく危惧を口にしたとき。
以蔵は酒席から消えて夜の京を駆けます。本間という越後浪人は、翌日もう死体になっていました。
(武市が酒杯を持ちあげたとき、以蔵のハッとした顔が向こうに見え、酒杯を置くために下げた時すでに暗殺を決意したような表情に変わるという演出が、以蔵の変化をしめしたように思えます)

さらには、平井たちが「井伊大老の行なった安政の大獄で暗躍した目明しの文吉という者がまだこの京に無事でいるとか。けしからん」と憤激し、これに武市も物憂げに同調すると、またも以蔵が行動。
「以蔵は使えるぜよ」と呟く武市は、もうテロリズムを扇動することが常習化し、以蔵もまたそれが武市に褒められる道と信じて、どんどん暗殺者として過激化していくのが恐ろしい描写です。

そんな以蔵が、たまたま市井の茶屋で土佐藩の批判を口にする武士たちを目にして、剣をさげ裏小路にひそんだとき。
むこうから歩いてきたのは、なんと龍馬でした。
お互いに驚いたあと、「知らん知らん。ワシゃ長州藩士じゃ!」と誤魔化しようもない文句を叫ぶ龍馬が笑えます。が、そのときもう以蔵は、かつてのように龍馬に抱きついてうれし涙を流しました。

ふたりの男は、加尾の仕える三条家の邸内で、酒や料理を馳走され満面の笑みに。
加尾もまた、これ以前に兄の収二郎から、京での活動は用済みまがいの言葉を吐かれて悲憤していたこともあり、懐かしい幼なじみたちを笑顔でもてなしました。
しかし、そんな幸福な時間も長くは続かず、ふと以蔵が自慢げにもらした「人斬り」の事実に愕然とします。せめて二人で、「それ以上は」言うな、言わないで、と止めるのが精一杯でした。
以蔵が去った後、龍馬は加尾に苦悩する胸のうちを語ります。
あんなふうに日本人同士が殺しあうのはいかん、どうすればえいがじゃ・・・と。

加尾は、龍馬が京の自分に会いに来てくれたことを喜び、涙を流します。
そのあと、やや唐突に「江戸の幕府軍艦操練所に勝麟太郎というお人がいると」三条さまに聞いたと告げ、龍馬の進むべき道を指し示したようなことを語りました。
なんだか、このあたりの龍馬の進路は、この加尾が作ったような話に・・・?
それはともかく、ついに帝から攘夷の勅令が下り、これを奉じた三条実美は、武市ら土佐藩士を名誉
ある護衛団として江戸に出立しました。
武市は以蔵に声をかけ、おそらく暗殺の褒美として、自分の側で歩むよう命じます。
この「栄誉」に得意絶頂でしたがう以蔵の笑顔は、あまりにまぶしくて、見るのが辛いものでした。

江戸には龍馬も向かいます。その生涯の師となる勝麟太郎の名を求めて。
さらにそこには、佐那や懐かしい千葉道場の人々、そして名君と呼ばれる越前藩主の松平春嶽も。
いよいよ龍馬の伝説が始まりそうです。
(ところで、今回の弥太郎は百姓仕事の不満をひとりでノリ突っ込みしていました。でも、またまた妻の喜勢に諭され、その間けっこうながく「弥太郎マーチ」も流れていたので満足です・・・笑)
posted by: ふるゆき | 龍馬伝 | 21:40 | comments(6) | trackbacks(13) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 21:40 | - | - |
以蔵の佇まいが一気に変わって、纏う空気も切っ先鋭い刃物のようにも感じられて、
回を重ねるごとに、それぞれの登場人物が痛々しく感じられます。

本当は、佐那さんと婚約してたはずなのに、と思うせいか、
どうしてもどうしても、加尾の存在と描写が余計に思えて、
「早く江戸に帰りなさい」と思ってしまうんですよね。
長い助走の末に、本当に面白くなるであろう今後の展開に期待です。
| 悠雅 | 2010/04/12 12:06 AM |
悠雅さん、いつもありがとうございます。
おっしゃるとおり、あまりに生き方が変わってしまった武市と以蔵の姿は痛々しいばかりです。

>長い助走の末に、本当に面白くなるであろう今後の展開に期待です

本当にそうですね。長い助走です。
でも、ここを描いたからこそ、これ以後が『龍馬伝』のタイトルにふさわしいものになると信じて来週も見たいです。
ともかく、佐那や勝海舟が登場するし、時勢も大きく動くようなので、次回もまた見のがせない展開ではと感じますね。
| ふるゆき | 2010/04/12 12:15 AM |
>武市が酒杯を持ちあげたとき、以蔵のハッとした顔が向こうに見え、酒杯を置くために下げた時すでに暗殺を決意したような表情に変わるという演出が、以蔵の変化をしめしたように思えます

こういうシーンが今期の大河が上手いと思えるところ。
余計なナレーションやセリフがなくて、全部
演出と役者さんで見せてくれます。
だから臨場感があるんですよね。

こんな風に使われるようになってしまった以蔵が
龍馬に抱きついたり無邪気な顔を見せるシーンが
切なかったです。
加尾も龍馬に行き先を示して去っていきました。

こんなに犠牲をたくさん見てしまうと、攘夷って
一体何だったんだろう、と思いますね。

次回はお佐那さまの登場が楽しみです^^
| くう | 2010/04/12 1:06 AM |
くうさん、今回もありがとうございます。

>こういうシーンが今期の大河が上手いと思えるところ。
そうなんですよね。
やっぱり演出の手腕が冴えてこその大河ドラマ。セリフの説明ばかりだったり、「紀行」で付け足しのようにナレーションするのではなく、こういう機微こそ盛り上げてくれますよね。

以蔵は、いま行なうことが手柄だと信じきっているだけに、余計その笑顔が悲しいです。
ペリーの砲艦外交を思うと、攘夷を唱える武士たちの気持ちも少しわかるのですが、結局は同じ日本人を斬って大義とするような道に入るのが空しい人間の業でしょうか。

来週は佐那もですが、重太郎の登場も楽しみです(笑)。
| ふるゆき | 2010/04/12 1:17 AM |
以蔵はこのまま人斬りの道にまっしぐらですね。
龍馬に“喧嘩はするな”と言われたのに、
どうも、その言葉が届かなかったようです・・・。

今回は弥太郎のノリツッコミに笑いました。
百姓でくすぶっている自分に苛立っていましたね。
早く彼の成り上がりも見たいものです。
| BROOK | 2010/04/12 6:46 AM |
BROOKさん、今週もありがとうございます。
龍馬の言葉さえ届かなくなった以蔵は、なんとも残念ですね。
武市の言葉のみを聞くようになった時から、運命が決定づけられたようで今後が辛いです。

弥太郎は、少しの出番でも存在感があるし、妻や家族がまた負けてないので、うれしくなります。
龍馬も武市も江戸に行ったら、弥太郎のシーンはどうなるのかなと、そんなことまで気になる始末(笑)。
| ふるゆき | 2010/04/12 8:22 PM |









この記事のトラックバックURL
http://furuyuki.jugem.jp/trackback/819
トラックバック
2010/04/11 10:46 PM
龍馬伝は直近三回の視聴率が 17.7→18.8→18.5% と20%割れ。 まあ急ブレーキと云うほどの数字でもないけど 常に20%が大河ドラマの宿命だからしかたないか。 理由は 岩崎弥太郎などで話を膨らませているのでストーリーが散漫、 映像がリアルすぎるといった声
ぱるぷんて海の家
2010/04/11 10:55 PM
池田屋の跡地はご存じだろうか?…『新選組!』のときと異なり、池田屋事件に触れられるかどうかはわからないがこちらによると新選組の主たる面々のキャスティングが決まったのだという。さて…平井収二郎を演じておられる宮迫博之さんとともに、原田泰造さんが近藤勇を
政の狼 〜TheWolfwantshisownDandism.〜
2010/04/11 10:56 PM
龍馬伝ですが、武市半平太(大森南朋)は若い藩主山内豊範を擁立して京都に入り、公卿・三条実美を動かし帝の叡慮の下に徳川将軍家を上洛させ攘夷を約束させようと画策します。土佐の下士だった武市の奇跡的な栄達には驚くばかりですが、いまや日本の天下国家を武市半平
一言居士!スペードのAの放埓手記
2010/04/11 11:12 PM
どうするつもりだったのかしら?いえ、龍馬君の生活のアテはあったのかなあって・・・。藩を出たのは良いけれど、誰を頼って暮らすんでしょう?どっからお金が出てるんでしょう?歴史に詳しい方はご存知なのかもしれませんけど、先週来そこら辺が気になっちゃって気にな
真田のよもやま話
2010/04/11 11:21 PM
第15回 ふたりの京 はわ、「ねこ鍋」ならぬ「ねこ篭」!可愛い!!! 以蔵が人を斬っている間に、加尾と龍馬がとうとうという二種類の緊張感でもって、オチオチ横になってTV観てる状況じゃなくなりました。 演出力に負けたな。 その後の以蔵と加尾と龍馬、三人で過ご
本家らう゛ろくた逃避中
2010/04/11 11:28 PM
武市半平太は 「人斬り以蔵」を利用するだけ利用して、 心の底では岡田以蔵を軽蔑していたらしい。 ますます悪い顔になってゆく そんな武市半平太を演ずる大森南朋が 昨夜「トップランナー」に出演していた。 そこで「後は切腹に向かってどう演じていくか」 と
こちら、きっどさん行政書士事務所です!
2010/04/11 11:54 PM
大河ドラマ 『龍馬伝』 第15回 「ふたりの京」を観ましたー☆ 今回は、岩崎家のシーンが素敵でした。特に 岩崎弥太郎の一人(ノリ)ツッコ...
サブカルチャー・ショック
2010/04/12 12:00 AM
〜ふたりの京〜
悠雅的生活
2010/04/12 12:28 AM
第15回「ふたりの京」
またり、すばるくん。
2010/04/12 12:42 AM
健気に武市を慕い、人斬りに身を落としていく以蔵、そして自分を慕う以蔵の気持ちを知
くまっこの部屋
2010/04/12 8:22 AM
紅葉の赤さが目に残ります。 紅葉に染まる京で、ふたり・・・・・・ 引かれ合うように、ふたり・・・・ 第15話 「京のふたり」 2010年4月11日(日) 総合テレビ 午後8:00〜8:45 ≪あ ら す じ!≫  龍馬(福山雅治)は大坂から京へと向かっていた
よかったねノート 感謝の言葉にかえて
2010/04/12 8:41 PM
大河ドラマ「龍馬伝」。第15回、ふたりの京。 龍馬が乙女姉に出した手紙より、今 自分が会いたい人物は2人。 1人は異国と戦わずに日本を守る方法を教えてくれる人物。 そして、もう1人は・・・・・・ということで、加尾ですw 乙女姉への手紙から始まる手法
センゴク雑記
2010/04/12 9:51 PM
あらすじ 龍馬(福山雅治)は加尾(広末涼子)に会うために京都へ向かう。武市(大森南朋)も京に入り、三条実美(池内万作)に会い、幕府に攘夷を実
青いblog