Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『龍馬伝』 お尋ね者龍馬
第2シーズンの幕開けは、第1の冒頭と同じく明治15年、岩崎弥太郎に高知から来た新聞記者の坂崎がインタビューするところから始まります。
「龍馬を英雄扱いするような本をかくならワシゃ答えんぞ」と力みながらも、弥太郎は吉田東洋暗殺後の変わり果てた土佐藩の様子を語りだしました。
(弥太郎自身の話より龍馬について聞きたい坂崎と、文句を言いながらも龍馬について正確に答える弥太郎の芝居が見せます)

脱藩した龍馬は行方知れずとなりましたが、東洋暗殺はあの剣術家のしわざに違いないと信じる後藤象二郎は、目付けの井上佐市郎と弥太郎にたいし、龍馬の探索と捕縛を命じます。
しかし土佐藩の行政は、東洋の死後もはや柴田備後らを表に立てた武市ら勤皇党が掌握しており、いまや尊皇攘夷の決行あるのみという長州や薩摩の作る時流にのって、なんと若い藩主の山内豊範まで動かし始めました。
以前なら考えられないことに、武装した土佐藩士が主君を奉じて上洛し、朝廷の過激公卿と呼応しつつ攘夷決行の詔勅を出そうと画策まですることに。

ところが運命のいたずらか、土佐藩部隊が大坂まで来たとき、藩主豊範が高熱に倒れ、軍はそのまま停頓しました。
そんな大坂で、龍馬とともに脱藩した沢村惣之丞を、そうとは知らない溝淵広之丞が酒や料理をおごっています。沢村によれば、龍馬は脱藩後に彼と別れ、薩摩にいったとのこと。
この大坂には弥太郎も役目で来ていました。
(あの美人だけど超マイペースの嫁さんに弥太郎が説教されるシーンは、今日も楽しめました)

土佐風カツオのたたきを出す店に来た弥太郎は、同僚の井上が席をはずしたとき、信じられない人物の声を聞きます。
それは、着物も顔も薄汚れ、そのかわりに凄みをたたえてきた龍馬でした。
なんとも陽気に笑いながら、故郷の料理を注文する龍馬。
そこへ戻った井上は剣を抜き、周囲の浪人らも巻き込んで、龍馬を捕らえようとやっきに。
が、刀が手元にない龍馬は、なんと脇差で立ち回り。あっけなく4人を蹴散らしました。
これを見た弥太郎は、またまた故郷に飛んで帰り、妻のもとで泣きくずれます。

いっぽう龍馬は、土佐陣屋に侵入し、武市に面会。
武市は龍馬の着物や蓬髪などの変化を指摘しましたが、昼間の立ち回りやこの大胆な侵入こそが、龍馬が変わった証明に思えます。
龍馬は弥太郎の言葉で、暴走する武市を止めにきたようですが、両者の行く先は決別したままなのを確認しただけでした。
その後に武市は、役をあたえられず憔悴していた以蔵に、「以前とおなじお前でいてほしい。お前こそ友じゃ」などと言葉たくみに説きます。しかも、井上らの探索を自分の障害じゃとその排除を示唆。
このことが、以蔵を変えるのでした。これは「信頼」や「友情」と見まがう言葉でおこなう、いわば人間改造錬金術というべき恐ろしい行為ではないでしょうか。
以蔵は、その夜ついに井上を殺害。「人斬り以蔵」の誕生です。

朝になって町の騒ぎで井上の死体をみた龍馬は、すべてをさとりました。
龍馬につづく武市と以蔵の変化。うまい脚本です。
とりわけ、ただ脱藩後の龍馬を追う展開ではなく、変化する状況のなかで、語り手でもある弥太郎の前に、変わってしまった龍馬がふらりと登場するというシチュエーションは、唸ってしまいました。
状況といえば、東洋暗殺に怒り狂う山内容堂や、幕府首脳に末席から海軍建設を説く勝鱗太郎の登場もまた、この第2シーズンの波乱を予告する場面でした。



 
posted by: ふるゆき | 龍馬伝 | 22:11 | comments(6) | trackbacks(14) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:11 | - | - |
こんばんは。

そうか、これは龍馬嫌いの岩崎の回想だったと思い出す第2部の幕開けは、
すっかり悪人になってしまった武市と、人斬り以蔵の誕生、
勝海舟の登場など、この先の舵がこれまでとは違う方向に切られることを予感させる回でもありました。
このドラマの面白さは、やっぱり岩崎目線であることですね。
あの若くて綺麗だけど、冷静で現実的な奥さん、いいですわ。
| 悠雅 | 2010/04/04 10:25 PM |
>あの美人だけど超マイペースの嫁さんに弥太郎が説教されるシーンは、今日も楽しめました

あの嫁はすごい人ですよね〜!
頭良いって言うか、ご時勢がちゃんと解ってるって言うか。。。
弥太郎と結婚した次点で先見の明があるわけですけどね^^;

>「信頼」や「友情」と見まがう言葉でおこなう、いわば人間改造錬金術というべき恐ろしい行為ではないでしょうか。

まさしく、ですね。
「人斬り」の誕生に思わず泣けてしまいました。
純真であるから利用されてしまう、以蔵が可哀想で。
| くう | 2010/04/04 10:44 PM |
悠雅さん、今回もコメントありがとうございます。
いよいよ幕開けの第2シーズンも、おのおのの変化や勝海舟らの登場で、おっしゃるとおり違う方向への舵取りを期待させるものとなりましたね。
弥太郎の嫁さんは、男どものように身分や思想に振りまわされることなく、どっしりと現実を見据える強さからくるかしこさを持つ女性です。
弥太郎は、もう明治後は一流(?)芸者を並べて大宴会を開く成功者とわかっているので、遠慮なくみじめなシーンが笑えてお得なキャラです。
これからも、おおいに岩崎目線で語ってほしいですよね。
| ふるゆき | 2010/04/04 11:06 PM |
くうさん、いつもコメントありがとうございます。
あの嫁さんは、もし下士の男ならたちまち吉田東洋に取り立てられるのではと思ってしまうくらい、地に根を下ろした大人物ですよね。
あの透徹した聡明さは、余計な観念や虚飾に惑わされない強さからくるのでしょうか。

武市は、どんどん恐ろしい道を歩むのが見ていて辛いです。
とくに今度は、以蔵の純粋さを利用するという許されざる手段を使ってしまったことが、両者とも取り返しのつかない悲劇に直結すると感じて、ラストまで呆然として見ていました。
これからもっとそういう縮図が展開しそうで、恐ろしくなります。
本当に弥太郎一家が救いですよね。
| ふるゆき | 2010/04/04 11:15 PM |
ついに第2部が始まりました。
弥太郎が回想していく冒頭は、初回を思い出しましたね。

とりあえず、今回の転機は以蔵でしょうか?
武市を信じるがあまりに人斬りの道へ・・・
最初の人殺しのシーンはスローモーションが用いられて、非常に緊迫感がありましたね。
| BROOK | 2010/04/05 6:29 AM |
BROOKさん、今週もありがとうございます。
第1回と同じく、記者が弥太郎にインタビューすることで節目の回想するという脚本はうまいですね。

たしかに今回で一番の転機は以蔵でしょうか。
無条件に信じる人物から示唆されたものが「暗殺」とは、むごい境遇です。
その後のシーンは、わざと無音にしたり、スローモーションで焦る心理を出したりと、演出が効果的でした。
これからの以蔵は、もっと簡単に暗殺をおこなうようになるだろうと思うと、その意味でも伏線となるような気がします。
| ふるゆき | 2010/04/05 7:33 PM |









この記事のトラックバックURL
http://furuyuki.jugem.jp/trackback/814
トラックバック
2010/04/04 10:25 PM
笑点見るのやめて大仏開眼みたけど 何かあっさりしすぎで、主人公弱々しすぎて 彼の偉さがよく分からなかったしぃ。 まるで龍馬のような?と思ってたけど さすが第二部 いつの間にやら 龍馬覚醒! まあ主人公登場するまでに 20分近くかかったから その間
ぱるぷんて海の家
2010/04/04 10:30 PM
政界にも財界にも龍馬かぶれがうようよ跋扈する平成22年度が始まりました。桜は咲いても春とは思えない花寒の毎日、皆様いかがお過ごしでしょうかあああっ!!!わああれらが龍馬伝にあらせられましてはいよいよ第二部!開始!!脱藩して一皮むけた龍馬君の活躍やいかに
真田のよもやま話
2010/04/04 10:30 PM
第二部の幕開けであります。 土佐を出奔した龍馬はどうなったのでしょうか? 「さくら、さくら♪」 年度変わり、日本航空は4月1日に入社式を自社倉庫で挙行しました。 どちらさまも正念場の「春」であります。 2010年の今日も。龍馬のいた土佐も、あの時その時。
よかったねノート 感謝の言葉にかえて
2010/04/04 10:37 PM
龍馬伝ですが、明治の岩崎弥太郎(香川照之)は三菱創始者の大富豪で横浜中の芸者あつめて飲めや唄えの大騒ぎです。そんな弥太郎は明治の元勲・板垣退助&後藤象二郎(青木崇高)の欧州留学費用を無心されるほどですが、かつての上士に対し「遊びに行くだけで無駄な金」
一言居士!スペードのAの放埓手記
2010/04/04 10:55 PM
とうとう第二部が始まりました。始めは第一部の始まりと共に岩崎弥太郎のシーンから始まります。ヨーロッパ視察のためのお金を出せという申し出についてお金に関わる内容についてはシビアになるといい、どうせお遊びになってしまうといった資金提供を断ります。そのとき
あしたまにあーな
2010/04/04 11:16 PM
冒頭で成り金の岩崎弥太郎が例の如く豪遊して 後藤象二郎と板垣退助の頼みをエラソーに一蹴していたが 明治15年当時にはまだ明治新政府に120万円以上の借入があった筈で とても、とてもあんな態度にでられたとは思えない。 この後は政府をバックにつけた三井と
こちら、きっどさん行政書士事務所です!
2010/04/04 11:49 PM
あらすじ 龍馬(福山雅治)は土佐を脱藩し、姿を消していた。吉田東洋(田中泯)を暗殺した武市半平太(大森南朋)は、藩を動かすまでの力をつけ、藩
青いblog
2010/04/05 12:03 AM
大河ドラマ 『龍馬伝』 第14回 「お尋ね者 龍馬」を観ましたー☆ 今回の井上佐市郎暗殺シーン(『龍馬伝』では以蔵のみにスポットが当て...
サブカルチャー・ショック
2010/04/05 12:08 AM
第14回「お尋ね者龍馬」
またり、すばるくん。
2010/04/05 12:45 AM
第14回 お尋ね者龍馬 今日から第二部ですね。龍馬さん逞しくなった感じです。 勝先生が出て来ましたね。武田鉄也さんなんだ! どうもまだ、好演された緒方先生が抜けてないので不思議な感じで見てました。 ところで、溝渕さんの、あの「脱●」発言は台本通りなんです
本家らう゛ろくた逃避中
2010/04/05 2:35 AM
第2部いよいよスタートです。脱藩した龍馬がワイルドになって帰ってきました。序盤な
くまっこの部屋
2010/04/05 5:43 AM
   第14回「お尋ね者龍馬」龍馬は土佐を脱藩し、姿を消す。そのころ土佐藩では、東洋を暗殺した半平太が藩の保守派と手を組み、藩主の豊範が京へ行けるよう算段をしていた。一方、象二郎は姿を消した龍馬が東洋暗殺の実行犯とにらみ、弥太郎と井上に龍馬の捕縛を命
日々“是”精進!
2010/04/05 3:45 PM
『龍馬伝』(RYOMADEN SEASON2) 第14回「お尋ね者龍馬」  第2部開始ということで、初回のように明治の立身出世後の岩崎弥太郎(香川照之)が、記者の問いに答えて「あいは最悪の出来事じゃった」と吉田東洋暗殺事件を語り、その後、土佐ハンデは
世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)
2010/04/05 10:28 PM
明治15年(1882年) 横浜 弥太郎はすっかり財をなし、宴席で外遊の費用は?と聞いていた。 板垣と後藤二人分で、相当かかると言っている。 弥太郎はこのころ、「郵便汽船三菱の社長」になっていた。 話半分で流石横浜の芸者は粒揃いじゃとご機嫌だった。
まぁ、お茶でも