Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『龍馬伝』 さらば土佐よ
ふたつの暗殺指令が交錯した土佐で、そのターゲットになっている龍馬は、実行犯になる可能性も。
武市に向かって、まず東洋に会ってみたうえで斬るかどうかを決める、と断言した龍馬。
が、会いに来た龍馬の言うことを聞いた東洋は、「武市は無能だから蹴った。ワシは有能な者なら引き上げる」という持論をはき、どうやら甥の後藤が龍馬毒殺を命じたことも見抜いたようです。

その龍馬を毒殺しようとした弥太郎は、結局まよいに迷ったあげく、薬を入れた湯のみを奪います。
わけを聞いた龍馬に、「やっぱり土佐じゃ下士は虫けら扱い。虫けらが虫けらを殺すようなまねは」
・・・できるわけがない。何と空しいんじゃ、と嗚咽しました。 
その後、岩崎家でこの不始末を悩み、家族に打ち明けますが・・・。
どこまでもいっしょ、とか言ったはずの嫁でさえ、土佐は離れられないといいます。
(ここで、家族の誰もいっしょに逃げてくれない窮地なのに、なぜか弥太郎マーチが)
そこへ来た東洋の配下の上士は、失敗はおかまいなしとの書状をくれました。
一転、満面の笑顔で喜ぶ弥太郎は、いつもの表情ですね。

龍馬は武市に結果を話し、「東洋様は土佐のことを深く考えちゅう。幼なじみの武市さんに戻ってくれ」と懇願します。
が、武市の返答は、子供のころ酒につけた米でスズメをとろうとして逃げるスズメを二人で見送った思い出を語ったうえ、あの頃とちがってしまった今は、もう同じものを見る境涯ではない…という決別宣言ともとれるものでした。
悩んだ龍馬の頭に、沢村惣之丞の強く脱藩を勧める顔が浮かびます。
それから龍馬は、弥太郎をたずね、それとなく別れを伝えました。

その気配を察した乙女姉さんや家族は心配しますが、龍馬を応援するこの一家は、どこまでもその姿勢をつらぬくことに。さすが坂本家です。
夜おそく帰宅した龍馬に、縫い直した道中袴をあたえる乙女姉さん。弁当を作ってくれた母や妹。さらに、反対したはずの兄まで、名刀を用意してくれていました。
(翌日、この平凡にみえる兄さえも、才谷屋の借金があれば、上士もうちに手は出せまいと確言)
感激した龍馬は、「ごめんちゃ、ごめんちゃ」とむせび泣いて皆にわびながら袴に顔をうずめます。
兄や姉妹はふとんで泣き、母は一心に仏壇で祈っていました。本当に優しく、強い家族ですね。
翌日、姪が起こしにいった部屋に、龍馬の姿はありませんでした。
がらんとした無人の部屋が無言の決意を語っている、良いシーンでした。

そして、ついに武市に命じられた大石、那須らが、雨の夜に東洋を襲撃。
「武市の手の者か。大馬鹿者が!」と大喝した東洋ですが、最後には斬られて倒れました。
暗殺の夜に笑顔の妻のそばでは、武市が、ついに一線を越えた静かな表情で絵筆を。
花にたらした朱色は、東洋の血の色にもみえます。
この事件の報を聞き、呆然とたたずむ弥太郎。
とうとう第1部の完結となりました。三者三様の運命が待つ第2部が待たれます。
龍馬の顔が違ってみえ、激怒する山内容堂や新たな人物の顔もいた予告が気になりますね。

posted by: ふるゆき | 龍馬伝 | 21:57 | comments(6) | trackbacks(17) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 21:57 | - | - |
こんばんは。
幕末のお話は好き、とか言いつつ、土佐を脱藩した後の龍馬について幾分知るだけで、
ここまでの3ヶ月分のお話は、ほとんど初耳状態だったので、
誇張や演出は別として、面白く観ることができてよかったと思います。
次回以降は、それでも多少は知る事件なども登場するでしょうから、
それはそれで、どのように描かれていくのか、期待も高まります。
| 悠雅 | 2010/03/28 10:22 PM |
悠雅さん、コメントありがとうございます。
ドラマなので史実との兼ね合いもあるでしょうが、この作品は脚本がうまいから楽しめます。
おそらく第2部でも、これまでの伏線が効果的に使われるのではと期待してしまいますね。
いよいよ土佐を飛び出した竜馬は、いろんな地でいろんな人に会って成長していくでしょうから、次回からもまた見のがさないようにしたいです。
| ふるゆき | 2010/03/28 10:32 PM |
>ここで、家族の誰もいっしょに逃げてくれない窮地なのに、なぜか弥太郎マーチが

弥太郎と弥太郎の家族だけはマイペースなんですよね^^;
何処までも付いていくと言いながら、土佐を離れないと
言い張る嫁には笑っちゃいました(^▽^;

>がらんとした無人の部屋が無言の決意を語っている、良いシーンでした。

寂しいシーンでした。
坂本家の温かさも滲み出ていました。
本当に良い家族です。

第二部も楽しみですね。
武市に関しては、ますます泣きのシーンが増えそうですが。。。
| くう | 2010/03/28 10:41 PM |
くうさん、いつもありがとうございます。
弥太郎のマイペースに、家族も嫁さんも負けてないところがたまりません。
「何処までもついていくと言ったろうが…」とか聞き返せないのが可笑しい。

土佐を飛び出す龍馬も決意がいるけど、やはりあとに残る家族の度胸にも泣けてきますね。
第2部は、武市も龍馬も弥太郎も、さらなるそれぞれの転機を迎えそうで注目度アップです。
| ふるゆき | 2010/03/28 11:09 PM |
ついに第1部完となりましたね。
龍馬が脱藩し、東洋が暗殺されて・・・
まさに相応しい内容でした。面白かったです。

今回は坂本家の面々に涙でした。
乙女さん、龍馬のことを本当に考えていたようで・・・。
権平さんもいろいろと見せてくれましたね。

次回から第2部のスタート・・・
ここからが正念場です。
| BROOK | 2010/03/29 5:59 AM |
BROOKさん、今週もありがとうございます。
たしかに、第1部の完結にふさわしい内容でした。

乙女姉さんも凄いけど、権平兄上が一家の当主らしい覚悟を見せてくれてうれしかったです。
まあ、史実ではあそこまで言えたかどうかとは思いますが、このドラマの脚本としては良かったのではないでしょうか。
第2部は、予告映像を見ただけでも楽しみになりました。

| ふるゆき | 2010/03/29 7:40 PM |









この記事のトラックバックURL
http://furuyuki.jugem.jp/trackback/810
トラックバック
2010/03/28 10:15 PM
あーイイ最終回でした龍馬伝! 龍馬脱藩までの苦悩も良かったけど それ以上に 吉田東洋暗殺が 泣けた! だめですよ 吉田東洋さん 雨の夜に一人で出歩いたら。 暗殺と言うのは 古今東西大雨の夜と言うのが 定 番 なんだから。 でも暗殺シーン もう
ぱるぷんて海の家
2010/03/28 10:22 PM
「会うは別れの始めなり」 別れも経験してゆく龍馬、一期一会の儚さもまた。 第13話「さらば、土佐よ」です。 帰れない、二度とは土佐の地を踏めない、そんな覚悟もあったでしょう。 「脱藩」の章であります。 「ウェルかめ」の最終話は20日の土曜日で、やっぱり
よかったねノート 感謝の言葉にかえて
2010/03/28 10:32 PM
あらすじ 弥太郎(香川照之)は、龍馬(福山雅治)の暗殺を命じられたが、実行できなかった。龍馬は武市半平太(大森南朋)が吉田東洋(田中泯)を殺
青いblog
2010/03/28 10:59 PM
龍馬伝ですが、坂本龍馬(福山雅治)と吉田東洋(田中泯)はそれぞれ命を狙われます。後藤象二郎(青木崇高)は岩崎弥太郎(香川照之)に毒薬を渡し「食事の時にでも入れればいい」など具体的なやり方まで指示してくれますが、武市半平太(大森南朋)は「東洋を斬ってく
一言居士!スペードのAの放埓手記
2010/03/28 11:14 PM
とうとう第一部の最終回を迎えます。今回は2つの暗殺計画の事の顛末が明らかになります。まず一つ目の弥太郎による龍馬暗殺計画についてですが、これは始めから受け狙いだったようにしか考えていなかったので、結末は「なるほどね」と思う結果となりました。やっぱり龍
あしたまにあーな
2010/03/28 11:16 PM
第13回「さらば土佐よ」
またり、すばるくん。
2010/03/28 11:21 PM
いよいよ第一部が今宵で完結!さらば土佐藩〜さらば土佐藩〜土佐藩さ〜らあば〜♪ってな成り行きになりそうですけど、先週来の雲行きは随分とまた風雲急を告げまくりですけど、ど〜なりますことやらあ〜〜〜!{%うーん…(シクシク)hdeco%}
真田のよもやま話
2010/03/28 11:49 PM
大河ドラマ「龍馬伝」。第13回、さらば土佐よ。 第1部、完結です! 龍馬にとっても土佐にとっても大きな変革がありました。
センゴク雑記
2010/03/29 12:36 AM
弥太郎さんの暗殺は未遂ですみました。よかったよかった。 いよいよ、脱藩に踏み切りましたね。
本家らう゛ろくた逃避中
2010/03/29 12:36 AM
〜さらば土佐よ〜
悠雅的生活
2010/03/29 12:52 AM
大河ドラマ 『龍馬伝』 第13回 「さらば土佐よ」を観ましたー☆ 坂本龍馬が吉田東洋に謁見した後に、武市家を訪れ、武市半平太と会話す...
サブカルチャー・ショック
2010/03/29 2:38 AM
脱藩という言葉がいよいよ頭によぎる龍馬の葛藤、そして龍馬の選んだ道は。また東洋に
くまっこの部屋
2010/03/29 2:09 PM
第13回「さらば土佐よ」の感想ぜよ 
Akira's VOICE
2010/03/29 3:38 PM
【第13回の視聴率は3/29(月)夕方迄に追加予定】1862年3月24日、龍馬と沢村惣之丞(要潤)は脱藩しました。脱藩って、本人は勿論、残される家族にとっても大変なことだったんですね。龍馬が脱藩するまでの龍馬自身の迷いと、家族の苦悩と応援するように変わるまでを丁寧
ショコラの日記帳
2010/03/29 6:47 PM
第1部の最終回でした。【今回の流れ】・半平太から東洋を斬るように言われた龍馬 まずは、東洋の真意を探る事に 東洋曰く『有能なら下士でも引き立てる。が、武市は無能』 龍馬は斬る理由が無いと判断・後藤象二郎から龍馬を毒殺するよう命じられた弥太郎 茶に毒を
山南飛龍の徒然日記
2010/03/30 12:02 AM
史実の上では、上士の後藤象二郎が 郷士の坂本龍馬如きを暗殺 しかも毒殺するなんて記録は残っていないし どう考えても、そんな必要がない。 だいたい、龍馬があんなに吉田東洋に買われていた という話も聞いた事がない。 確かに龍馬にとって象二郎は、幼馴染の
こちら、きっどさん行政書士事務所です!
2010/03/30 11:37 PM
 竜馬伝13話(さらば土佐よ)を見ました。土佐が竜馬にとってどんどん居づらい地になってきましたね。  武市は、反目する吉田を人に命...
本とTVとDVDの感想日記