Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『龍馬伝』 命の値段
ふたたび千葉道場にやって来た龍馬は、定吉先生と重太郎に挨拶。
そこへ、佐那がお茶をはこんで来ます。ただしごく無愛想に。
その場をとりつくろった重太郎でしたが、あとで佐那をつよく責めました。
佐那とて、嫌われるためにするはずもなし。この善良な兄はデリカシーとかとは無縁ですね。

そんなこともあったけど、稽古に励む龍馬を酒の席に呼んだ重太郎は、「ぼくは君が好きだ」と宣言。
呑んだ酒をふきだす龍馬の呼吸がお見事。虹がでそうな霧吹きっぷりです。
「いや、君の人柄が好きだという意味だ」と、いまさらフォローの重太郎に続き、佐那が部屋に。
肴として煮物をもってきたそうですが、もちろん意図は別にあり。
白々しく突然に腹痛だとか言って、重太郎は席を立ち、佐那と龍馬を二人にします。
酒を飲んでいきなり想いのうちを切り出す佐那。これには龍馬も大困惑で。
焦って夜の街に逃げ出す龍馬が笑えました。佐那が可愛そうだし、重太郎は軍師にはなれませんね。

一方、桃井道場で修業する武市半平太は、はや塾頭に。
しきりに感心する龍馬を、その夜は酒席にさそいます。それは、各藩の攘夷派が集う会合でした。
水戸の住谷、薩摩の樺山らそうそうたる論客がそろうなか、少し遅れて現われたのは・・・。
長州代表の桂小五郎でした。やあやあ、と龍馬に声をかけ、黒船の思い出話に花を咲かせます。
せっかちな武市は、攘夷論をぶち始めますが、「一杯呑んでからに」という桂が楽しい。
この人物も生真面目タイプですが、どこか巧まざるユーモアがあって憎めません。

会合のあと、武市は龍馬に本音をあかしました。
各藩で縦横に活躍する他のメンバーとちがい、土佐に帰ればとうていお殿様に拝謁などかなわぬ身。
江戸で飛躍したようにみえても、武市なりのあせりやコンプレックスがあるようです。
そんなおり、おなじ土佐藩士の山本琢磨という若者が、事件を起こしました。
飲み仲間の田那倉という男が脅した商人が時計を落とし、それを言われるままに売ってしまったと。

上士から問責された武市は、下士の責任者として山本に切腹を命じます。
驚いた龍馬がとめると、平井をはじめ他の下士たちは、猛反発しました。
岡田以蔵だけは、山本の命を武市に救ってほしいようですが。
もとは優しい人物だった武市ですが、いまは土佐における攘夷派の確立に頭がいっぱい。
上士に対し恥となるものを排除しようという思考になっています。

それでも龍馬は、山本のため飛躍した行動に。
なんと時計の訴えをおこした商人の店にいき、土下座してあやまるのでした。
商人も武士にこう出られては驚愕し、訴えをとりさげます。
それでも許さない武市にたいし、とうとう龍馬は深夜に山本を逃がすことまで。
「龍馬伝紀行」によると、この山本琢磨は函館まで流浪し、明治にはニコライ聖堂の神父になったと解説したので驚きました。
龍馬の親切が、ひとり山本だけでなく、彼を介して多くの人を救ったかもしれません。

山本が脱走した監督責任をとわれた武市は、祖母の病状もあり土佐に帰ることに。
龍馬のしたことと見抜いているようですが、それは不問にしました。
ただ、龍馬が攘夷などの目的で他者に死を強いるのは「鬼ぜよ」と言ったのには怒り、
「わかったふうなことを言うな!」と刀を一閃、花を切りました。
この武市が帰郷したとき大変なことが・・・と、ナレーションする弥太郎。
その本人は、牢である老人から商売の話を聞き、なにか覚醒するものがあったようです。

今回は、アメリカ領事ハリスの傍若無人なシーンもあり、武市の攘夷思想はますます強固に。
来週は、さらに龍馬との亀裂が深まるのでしょうか。
posted by: ふるゆき | 龍馬伝 | 22:02 | comments(4) | trackbacks(15) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:02 | - | - |
千葉兄妹のエピソードは、なんか微笑ましいですね〜(*^^*)
お佐那さんがとっても可愛くて、兄がまた
妹想いで、良い兄妹だなぁ。。。と思いますわ〜。
龍馬には、早く加尾は忘れて、お佐那さんに
傾いて欲しいものです。
(ってそれは来週の話ですが^^;)

武市の焦りが目に見えて痛々しいほどでした。
こんな事が無ければ、山本琢磨の事も切腹など
強いずに庇っていた人だったはず。。。
桃井道場の面々が鬼になっていく様が時代を感じさせて悲しいですね。
| くう | 2010/02/28 10:40 PM |
くうさん、いつもありがとうございます。
本当に千葉兄妹のシーンは愉快ですね。
貫地谷しほりさんの演技に、ミツ役で『風林火山』に出ていた時のことを思い出しましたが、あのおりの「軍師」勘助も、後半ではリツと春日を結びつけようと奇妙な策をねっていましたから、この面では重太郎だけでなく本職の勘助もダメ軍師かも(笑)。

武市はすべての人格が変わったのではなく、焦りや状況がそうさせている面も描かれていて悲しいけどわかる気もしました。
おっしゃるとおり、おそらく事情が違えば山本をかばう度量はあったでしょうね。
次回がはやく見たいけど、つらくもあります。
| ふるゆき | 2010/02/28 11:08 PM |
今回の重太郎と佐那、面白かったですね。
特に重太郎はどうしても佐那と龍馬をくっつけたいようで。
上手く行きませんが・・・。

それにしても、問題なのが武市さん。
龍馬との間には深い溝が出来てしまいました。
これはもう修復どころの話ではなく。
彼はこのまま突っ走るしかないのかもしれません。
| BROOK | 2010/03/01 5:44 AM |
BROOKさん、今週もありがとうございます。
重太郎と佐那は、ほんとに見ていてあきません。セリフも行動も、とことん面白かったですね

武市は、まだ龍馬への友情も残っているはずですが、そんなおのれの迷いを断つような様子で花を斬る姿は、悲しいものでした。
土佐に帰れば、また別の事情で尊王攘夷思想にのめり込んでいくのでしょうか。
つらい展開ですが、両者の行く先を見とどけねばとも思っています。
| ふるゆき | 2010/03/01 7:01 PM |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
2010/02/28 10:12 PM
あらすじ 龍馬(福山雅治)は、再び江戸に剣術修行に来る。龍馬との再会を楽しみにしていた佐那(貫地谷しほり)だが、思わずつれない態度をとってし
青いblog
2010/02/28 10:13 PM
江戸に再びやってきました〜龍馬。。つんけんする佐那さまかわい〜〜ぃ2年と4ヶ月も経ったのですね〜〜坂本龍馬(福山雅治) 岩崎弥太郎(香川照之) 吉田東洋(田中泯) 桂小五郎(谷原章介)乙女(寺島しのぶ)岩崎弥次郎(蟹江敬三) 武市半平太(大森南朋) 
・*:・ふわゆら生活・:*・
2010/02/28 10:23 PM
今日はどこのテレビ観ても津波情報の日本地図一色。 せっかくの圓楽襲名も右下の地図の方が勝ってるしぃ。 さすがに龍馬伝の頃は消えるとタカをくくってたけど・・・。 今日ばっかりは地図出てもしょうがないきにぃ。 でも もうちょい画面右に地図寄せてもらえ
ぱるぷんて海の家
2010/02/28 10:31 PM
〜命の値段〜
悠雅的生活
2010/02/28 10:38 PM
龍馬伝ですが、坂本龍馬(福山雅治)は第二次江戸剣術修行を始めます。父親の訃報を聞いた千葉定吉先生(里見浩太朗)は「人の命には限りがあるが、だからこそ死に甲斐のある生き方をすべき」などと言います。これは父親が言っていた「命を使い切る」と似ています。 千
一言居士!スペードのAの放埓手記
2010/02/28 10:41 PM
人は必ずいつか死ぬ。だからこそ、死に甲斐のある生き方をせねばならぬ。安政三年。龍馬は再び江戸へ戻った。千葉道場に挨拶に行き、父・八平の死を報告する。千葉定吉が言った言葉は父の言葉を彷彿とさせた。江戸へ来て一年になる武市は、早くも桃井道場の塾頭になって
見取り八段・実0段
2010/02/28 10:47 PM
本日はもうビックリ!時ならぬ津波警報!対岸の火事ならぬ大地震、チリ地震の影響で・・・。やっぱり世界はつながっているんですねえ。うわっ!龍馬伝でも日本地図?警報注意報の日本全図を出したままの放送ですかあああっ!{%顔文字驚きhdeco%}
真田のよもやま話
2010/02/28 11:18 PM
『龍馬伝』のお時間です。 あらすじ・・・・・・
みはいる・BのB
2010/02/28 11:28 PM
【第9回の視聴率は3/1(月)夕方迄に追加予定】津波情報の日本列島、邪魔!どこの局も出していますが、上部のテロップだけでいいと思うんですが・・・ 龍馬は、2年4ケ月ぶりに江戸に戻って来ました。佐那さんは、料理やお茶や生け花など習って、龍馬を今か今かと待っ
ショコラの日記帳
2010/02/28 11:50 PM
「攘夷のためじゃ」と仲間の命を奪おうとする半平太 しかし、こやつの本当の目的は攘夷なのではない。 いや、こんな近視眼的な男に 「尊王攘夷」の本来の意味など判ってなど居ない。 「攘夷」を唱える事によって山内容堂に気に入られ 土佐藩の中で成り上がろうとい
こちら、きっどさん行政書士事務所です!
2010/03/01 1:51 AM
今回の山本琢磨事件は龍馬と武市さんの考え方の違いが浮き彫りにするだけでなく、人間
くまっこの部屋
2010/03/01 5:09 AM
   第9回「命の値段」剣術修行のため再び江戸にやって来た龍馬は、重太郎や佐那と再会。龍馬との再会を楽しみにしていた佐那だったが、思わずつれない態度を取ってしまう。一方、一足先に江戸に出ていた半平太は、桃井道場で塾頭になるほど腕を上げていた。ある日、
日々“是”精進!
2010/03/01 8:14 AM
いよいよ二月末に待ちの涙は一説には老化現象、 来月も同じ曜日の推移、今年はうるう年でなくうるうのは、 潤うのは、両まぶたに両ほお、いざ見ん、龍馬伝、再度「龍馬江戸篇」。 いざ江戸。 弥太郎はかごん中、もとい入牢中。運命の出会いぜよ。 「商売」とは。
よかったねノート 感謝の言葉にかえて
2010/03/01 8:59 PM
半平太の焦りや苛立ち、苦悩が表現された回でしたね。【今回のまとめ】・2年4カ月ぶりに江戸へ戻ってきた龍馬。 待たせ過ぎた佐那からは、つれない態度をとられてしまう。 佐那の想いを知る重太郎の計らいで、ふたりきりになる龍馬と佐那。 龍馬は佐那の想いに応えら
山南飛龍の徒然日記
2010/03/02 9:15 PM
日本地図邪魔やな「ご修行頑張って下さい」江戸に戻ってきた龍馬に対し直ぐに戻るように言っておきながら2年と4ヶ月も待たせた事に怒りツンケンした態度の佐那嫌われるような事して、どうすると言う重太郎を佐那は、おたまで殴りつける「僕は君が大好きだ」重太郎の愛
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ