Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『龍馬伝』 遥かなるヌーヨーカ
ひとまず江戸での修行を終え、土佐に帰った龍馬は、父をはじめ家族のみなに暖かく迎えられます。
しかし、父の身体は病にむしばまれていました。ただ、本人は「龍馬には言うな」と。

龍馬が武市道場に顔を出すと、好奇心のつよい青年たちは黒船の話を聞きたがります。
が、攘夷思想にこりかたまった武市は、門人たちから「先生」とあがめられ、さらに頑迷になったよう。
そして弥太郎は、案の定あの申し出を加尾に断わられていました。

そんな面々も関心を持っているのが、河田小龍という絵師の先生。
ジョン万次郎から聞いたという海外知識を、その家で語って聞かせます。
弥太郎からそのウワサを聞いた龍馬が、また持ち前の好奇心でついていくと、すでに大勢の聴衆が。
弟子として会場の整理をしていたのは、龍馬の幼なじみで饅頭屋の長次郎でした。

いきなり世界地図を壁に広げて、独特の調子で語りだしたリリー・フランキー小龍先生。
ニューヨークのことを「ヌーヨーカ」と発音して、欧米の文明や蒸気船を説明します。
また、アメリカは庶民から選ばれたプレジデントが治めている、とも。
日本は小さな島国だとか、文明が遅れてしまっているなどという話をすると、聴衆の若い武士たちは怒り出し、席をたっていきました。

残った3人のうち、武市は日本が小さいといった小龍の言説に強く反駁します。
いっぽう弥太郎は、「そんなことより金持ちになる話をしてくれ」と要求。
先生は奥へいき、言い争う武市と弥太郎を必死でとめる龍馬。
ここで黒船に乗りたいとか本音をもらす龍馬を、小龍先生は面白がっているようですが。

そんな小龍先生がぶらりと坂本家にやってきて、龍馬に黒船の目撃談をせがみます。
しかし、突然に父の八平が昏倒。先生が知り合いの医師を呼んでくれて、命はとりとめました。
涙する龍馬を、八平は逆にはげまし、江戸で剣の修行を続けるよう命じます。
精一杯に生きよ、おのれの命を使いきれ、と・・・・・・。
理解ある乙女姉さんや、こんな良き父を持って龍馬はしあわせ者ですね。

小龍先生は、八平に「龍馬はよき家族のなかで育ち、優しい。が、太い男じゃ」と話します。
数日後、龍馬は海浜に家族を連れ出し、黒船で世界を旅する夢を語りました。
父をはじめ皆を乗せて、清国、インド、エジプト、アフリカ、さらにユーロウパを経てアメリカのヌーヨーカに行くと。
龍馬の大きな夢を聞いた八平の目に、満足の涙が光ります。
家族の笑いと波の音がこだまし、雄大で泣ける良い場面でした。

しばらくのち八平は静かに息をひきとりますが、愉快な居候の小龍先生は絵を仕上げます。
それは、雲をえて天にのぼる龍の姿を描いたものでした。
いよいよ飛躍する主人公を暗示したのでしょうか。
そして、また江戸にもどるであろう龍馬は、いつジョン万次郎に会うのでしょうか。
これからの展開が、また楽しみです。


 
posted by: ふるゆき | 龍馬伝 | 22:08 | comments(4) | trackbacks(14) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:08 | - | - |
>それは、雲をえて天にのぼる龍の姿を描いたものでした。
いよいよ飛躍する主人公を暗示したのでしょうか。

そうですね。
あれはまさに天に昇る龍馬の姿でした^^
小龍先生は飄々とした面白いキャラでしたね〜。
リリー・フランキーさんが適役でしたわ。

良い父、良い家族に恵まれて龍馬は幸せ者です。
父もきっと幸せだったでしょうね。

先の話は楽しみですが、すっかり黒くなった武市と
土佐の行方が気がかりです。
| くう | 2010/02/14 10:59 PM |
くうさん、いつもありがとうございます。
本当にリリー・フランキーさんは良い味だしてましたね。
今回はこの小龍先生と、坂本家の面々に魅せられました。

武市はいっそう攘夷主義に固執するようになるし、弥太郎は意気揚々と江戸に旅立ったものの、どうにも気がかりですね。
来週は恐るべき存在感の吉田東洋がまた出るようなので、波乱の予感がします。
| ふるゆき | 2010/02/14 11:14 PM |
おはようございます。

小龍演じるリリー・フランキーさんの独特な演技が面白かったです。
最後に書き上げた龍の画・・・
やはり将来の龍馬を案じているんでしょうね。

龍馬と万次郎の出会いも楽しみです。
| BROOK | 2010/02/15 5:45 AM |
BROOKさん、今回もありがとうございます。
小龍役にリリー・フランキーさんを起用というのは、当たりでしたね。
ひょうひょうとした絵師の人柄と、龍馬にあたえる影響の要素が、とても自然に出ていました。

龍馬はともかく、弥太郎だとジョン万次郎に会っても、「金持ちになる」話をしそうですね。
| ふるゆき | 2010/02/15 7:18 PM |









この記事のトラックバックURL
http://furuyuki.jugem.jp/trackback/785
トラックバック
2010/02/14 10:19 PM
ヌーヨーカよりもバンクーバが気になってたけど オリムピックは初日からずっこけてしまったしぃ 下手うつとメダル1個でおしまいかな。 龍馬伝OP曲が何故か うらみま〜すぅ♪ と聞こえたりしてぇ〜。 とまあ 何か落ち込みそーな雰囲気だったけど 何とか踏み
ぱるぷんて海の家
2010/02/14 10:22 PM
龍馬伝ですが、坂本龍馬(福山雅治)は江戸剣術修行を終え土佐に戻ります。父親八平(児玉清)はじめ坂本家の大家族は末っ子龍馬を温かく迎え入れます。しかし、龍馬は直ぐにまた江戸に行きたいと言い出し、八平も藩に申請を出してくれます。 文武両道の武市道場ですが
一言居士!スペードのAの放埓手記
2010/02/14 10:27 PM
無事に、長旅を終えて高知に戻ってきた龍馬。なにか、たくましくなった気がする。「江戸に行けて本当に良かった」千葉道場での思い出…そして、剣術の才能があるがゆえにもう1度戻ってきてほしいとは憎い男よ。このような誘いを断る手はない。しかし、高知では江戸より
政の狼 〜TheWolfwantshisownDandism.〜
2010/02/14 10:30 PM
以前にも書いたが この時点でのアメリカは 世界の中では二流国も二流国、 決して世界の最先端の強国ではなかった。 そのアメリカ如きの脅しに屈して 日本は開国し、一方的に不利な条約を結ばされた。 そして、龍馬もこの二流国のアメリカの 「ふりー」の精神に
こちら、きっどさん行政書士事務所です!
2010/02/14 10:53 PM
龍馬は15ヶ月振りに土佐へ帰ってきた。龍馬くんは剣術の才あり。いずれまた江戸へ戻って剣術を磨かれたし。と書かれた千葉定吉からの手紙を龍馬は父・八平に渡す。すぐにでも、また旅立たせなくては、と言う八平は実はかなり悪い病を抱えていた。武市の道場に顔を出し
見取り八段・実0段
2010/02/14 10:57 PM
あらすじ 剣術修行を終え江戸から龍馬(福山雅治)が帰ってくる。龍馬は弥太郎(香川照之)に誘われて河田小龍(リリー・フランキー)を訪ね、そこで
青いblog
2010/02/15 12:59 AM
ラストの余韻が心地よい回でしたね。【今回のまとめ】・土佐に戻ってきて、家族から温かく迎えられる龍馬 武市道場に顔を出すと、攘夷を叫ぶ半平太や皆の変わりぶりに困惑 加尾が縁談を断ったと知りビックリ 弥太郎に学問を習っていたと聞いて二度ビックリ!・結婚を
山南飛龍の徒然日記
2010/02/15 5:25 AM
   第7回「遥かなるヌーヨーカ」江戸での剣術修行を終えた龍馬は土佐に帰る。土佐では、半平太がかつての仲間たちから“先生”と呼ばれるようになっていた。一方、弥太郎は加尾に結婚を申し込むが断られてしまう。龍馬が弥太郎と共に絵師の小龍を訪ねると、彼の話を
日々“是”精進!
2010/02/15 7:22 AM
ヌーヨーカ?って、ニューヨークの事でしたか。私てっきり、本日初登場のヌー泉ヨーさんの事かと〜〜。{%顔文字喜びhdeco%}
真田のよもやま話
2010/02/15 7:28 AM
第7回「遙かなるヌーヨーカ」
またり、すばるくん。
2010/02/15 3:26 PM
第7話、素敵なエピソードが満載でした。ひとつの風景のような家族に今回も出会いました。 龍馬、江戸から帰る、 龍馬、土佐に帰る、 家族の待つ、父の待つ、坂本家。 (バレンタインデイの今日、 福山さんはチョコお好きなのかしら。 今年は間に合いませんでし
よかったねノート 感謝の言葉にかえて
2010/02/15 5:31 PM
剣術修行を終えた龍馬が〜土佐に戻って来ました〜坂本龍馬(福山雅治) 岩崎弥太郎(香川照之) 武市半平太(大森南朋)桂小五郎(谷原章介) 乙女(寺島しのぶ) 加尾(広末涼子)佐那(貫地谷しほり) 饅頭屋長次郎(大泉洋) 河田小龍(リリー・フランキー)大
・*:・ふわゆら生活・:*・
2010/02/16 1:13 AM
「父上!答えが見つかりました。もし黒船を作ったらわしはこの一家みんなを乗せるがじゃ。そして世界を見て回る!!」「ヌーヨーカゆう町はどこにあるがかのお。ぷれじでんとちゅう人にも会うてみたいぜよ」「そうか、龍馬はそんなことを考えちょったか。」「楽しそうな
パピーの本棚
2010/02/17 8:26 PM
土佐 坂本家では、15ヶ月ぶりに帰ってきた龍馬を皆で歓迎。定吉先生からと父に文が。また剣術修行されたしと。「江戸での更なる剣術修行をお許しくださいませ」父・八平は病を得ていたが。。龍馬のヤル気を削がないために。久々に顔を出した武市道場は、攘夷熱で空気が
strの気になるドラマ 気になるコト