Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『天地人』 愛を掲げよ
『天地人』も最終回です。
景明は亡くなり、お船も病になりましたが、こちらは何とか回復しました。

兼続は、死を前にした家康に呼ばれ、政宗とともに二代将軍秀忠の指南をせよと言われます。
その後、ついに家康も永眠。
米沢の上杉家は、豊作と灌漑の成功で、少しは豊かな暮らしぶりになったようです。

晩年の兼続は、その米沢に禅林文庫をつくったり、江戸で次代をになう若者たちに思い出話を聞かせたりします。
その回想では、かつて信長や秀吉のもとで経験した逸話や人物論などですが、関ヶ原で一番の人物はと聞かれて、「石田三成じゃ」と答えました。
そのようすを、別室から政宗に案内された秀忠が聞いています。
さらに米沢では越後と同じ毘沙門堂が作られ、長い年月を共にした景勝と兼続の主従は、幼い頃の出会いから今日までをふり返ります。

最晩年には、お船と旅をして故郷の越後に入り、位牌となった景明に故里を見せたり、夫婦で越し方を回顧したりしました。
最後に屋敷の縁側で目を閉じたところは、なにか昨年の主人公を思い出すやすらかな場面でした。

「天地人紀行」では、兼続の愛と義の精神が、その後の上杉家と米沢藩に受け継がれていったと語りました。
それから来年の大河『龍馬伝』と、スペシャルドラマ『坂の上の雲』の予告編がありました。
大河の最終回で二つもの予告映像が流れたのは、初めて見ました。
どちらも良い作品になるよう期待したいです。

最後になりましたが、最終回まで当ブログの拙い大河レビューにお付き合いくださった皆さま、1年間本当にありがとうございました。
posted by: ふるゆき | 天地人 | 22:51 | comments(6) | trackbacks(13) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:51 | - | - |
9時からのドラマの感想に思い入れが強くて、
大河の方が遅くなっちゃいました(^^;ゞ

最後までツッコミ所だらけでしたが、最後は
回想に頼らず夫婦の落ち着いたシーンで、
好感持てた。。。気がします^^;

一年間、お疲れさまでした^^
また来年お会いできたら嬉しいですわ♪
| くう | 2009/11/23 1:55 AM |
ついに最終回を迎えましたね。
12月いっぱいまでの大河ドラマとは違い、
短かったので、後半はかなり急ぎ足でしたが、
それなりに満足出来たようにも感じます。

それでは、またドラマ等のレビューでお世話になるかと思いますが、
その時は宜しくお願い致します。
TBとコメント、ありがとうございました。
| BROOK | 2009/11/23 6:58 AM |
こんばんわ。
<最後までツッコミ所だらけでしたが、最後は回想に頼らず夫婦の落ち着いたシーンで、
好感持てた>
私もくうさんと同じ感想でした。最終回にいろいろ言ってやろうと思ったのですが、兼続夫婦のまったりとした雰囲気に言う気が失せました。坂の上の雲と竜馬伝が楽しみです。
| haru | 2009/11/23 7:47 PM |
くうさん、お言葉ありがとうございます。
本当にツッコミどころ満点の大河でした。

何度もお世話になり、ありがたいかぎりでした。
こちらこそ、また機会がありましたら、どうぞよろしくお願いします。
| ふるゆき | 2009/11/23 7:48 PM |
BROOKさん、こちらこそTBもコメントもありがとうございました。
最終回に回想が多いのは当然ですが、それもまた良しという気分です。

当方こそ、またレビューなどでお世話になったら、どうぞヨロシクお願いします。
| ふるゆき | 2009/11/23 7:51 PM |
haruさん、今回もありがとうございます。
たしかに兼続夫婦の最後の姿は、なにか穏やかな幕引きでした。

私も、スペシャルドラマも来年の大河も、ともに楽しみです。
どうか上質な作品でワクワクさせてほしいですね。
| ふるゆき | 2009/11/23 7:54 PM |









この記事のトラックバックURL
http://furuyuki.jugem.jp/trackback/738
トラックバック
2009/11/22 11:30 PM
天地人ですが徳川の天下となり世も平和となります。直江兼続(妻夫木聡)たちも京都で流行している紅花を作って大儲けしようなど平和そのものですが、突然直江景明(太賀)が若くして亡くなります。兼続は娘二人に続いて大切な嫡男を失ったわけですが、お船(常盤貴子)
一言居士!スペードのAの放埓手記
2009/11/22 11:40 PM
天地人視聴者の皆様! いよいよ今年の大河も最終回! お疲れ様でした! 苦行の一年よく耐えて我慢してくれました! ホントにお疲れ様でした! 1年間苦行のお礼と云っては何ですが 本日は 75分拡大版! と云わんばかりの 大サービスの総集編拡大版だった
ぱるぷんて海の家
2009/11/22 11:49 PM
いよいよ最終回を迎えました。これまでの流れも比較的速いものでしたが、今回も怒濤のごとく時代が過ぎていったような気がします。歴史にタラレバは禁物ではありますが、兼続の息子である景明がもう少しだけ長生きしていてくれたら、米沢藩もきっとまた違った状況にな
あしたまにあーな
2009/11/23 12:56 AM
第47回 愛を掲げよ 最後に残った景明も、とうとう兼続とお船二人の元から旅立ってしまいました。 三人もの子に先立たれてしまうなんて… 老獪な家康の最期も老いを感じさせるものでしたね。 この後は秀忠の指南役として徳川に尽くせまではまぁよいとして、父の役目を
本家らう゛ろくた逃避中
2009/11/23 1:49 AM
何も残せなかったとは思わぬぞ。全ては、心の中にある。上杉が米沢に暮らしが根付き、ようやく豊かになった頃、兼続の嫡男、景明が亡くなった。嘆き悲しむお船、と呆然とする兼続。お船は、景勝の子を養育するために、以降は江戸で暮らしたいと言う。ここにいては、悲し
見取り八段・実0段
2009/11/23 1:50 AM
最終回はレビューを書こうと決めていたんですけど、 なんだかんだでほぼ一年間、一回も見逃さなかった唯一のドラマでした。 今期は特にアニメに恵まれなかったので、その分 日曜日の食事タイムは助けられました。 ただ、まあ色々なところでも指摘されていることで
空想野郎の孤独語り
2009/11/23 6:10 AM
 最終回「愛を掲げよ」景勝と兼続は米沢へ戻った。米沢は兼続の改革が功を奏し、次第に活気づいてきていた。竹松から名を改めた景明ら若い家臣たちは藩の財力を高めようと改革案を練る。ところが、景明が病に倒れ、兼続とお船の看病のかいもなく息を引き取る。翌年、年
日々“是”精進!
2009/11/23 8:16 AM
最終回!泣いても笑っても最終回、悩んでも怒っても最終回、憂いても駄々を捏ねてもやって来る来る最終回、始まりある物はいつかは終わるよ最終回。愛の戦士直江兼たんの行く末やいかに〜〜〜。{%顔文字ファイトhdeco%}
真田のよもやま話
2009/11/23 12:32 PM
徳川秀忠の父親は直江兼続だったようです。【最終回の流れ】・米沢は兼続の政策が実を結び潤ってきた 兼続の嫡男・景明は若い家臣のまとめ役に成長するも、病に倒れ早世 兼続に慰めの言葉をかける景勝にニヤリと返す兼続・年老いた家康、正宗と兼続を秘蔵の書物を餌に
山南飛龍の徒然日記
2009/11/23 4:06 PM
兼続が逝去したことで、上杉氏の重臣団の一家として…また宗家当主の御側に置かれて重用されてきた名家・直江家はその家系を断つことになる。直江景明<なおえ・かげあき>の名は不覚にも存じあげなかったが、実子逝去の哀しみの果ての決断とかそういった美談では済まさ
政の狼 〜TheWolfwantshisownDandism.〜
2009/11/23 9:48 PM
「天地人」最終回です〜大河ドラマ「天地人」公式ページいきなり直江家の長男景明・・・没。。体が弱い〜弱い〜とは言っていたけど〜最終的になんの病気で亡くなったんでしょう??さっきまであんなに元気だったやん〜〜??やりたいことがたくさんあったのに・・って。
・*:・ふわゆら生活・:*・
2009/11/23 9:49 PM
あらすじ 大坂の陣を終えた景勝(北村一輝)と兼続(妻夫木聡)は、米沢へ戻る。兼続の息子の景明(太賀)が倒れ、看病もむなしく息をひきとる。悲しみに沈む
青いblog
2009/11/30 2:39 PM
大河ドラマ 天地人 最終回 「愛を掲げよ」 謙信公、織田信長公、豊臣秀吉、徳川家康、石田三成、伊達政宗など、多くの戦国武将...
息吹きの響き