Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
映画『ワルキューレ』
JUGEMテーマ:映画
 日曜日にトム・クルーズ主演の映画『ワルキューレ』を観て来ました。
遅くなりましたが、以下はその感想です。

ワーグナーの曲名をタイトルにしたこの作品は、第2次世界大戦下の1944年7月20日に起きたヒトラー暗殺事件を描いたもので、内容はほぼ史実どおり。
トム・クルーズが演じるクラウス・フォン・シュタウフェンベルク大佐もまた実在の人物で、ナチス・ドイツの軍人でありながら、退勢にむかう戦争指導や他民族の虐殺などを押し進める独裁者ヒトラーとナチス党に反旗をひるがえして、軍や政界の同志とともにレジスタンス運動に参加。映画にあるとおり、7月のその日、総統大本営「狼の巣」に時限爆弾を仕掛けてヒトラー暗殺を企てた将校であり、戦後のドイツでは反ナチ抵抗の英雄とされています。

この映画はハリウッド作品ですが、現代史の知識がおありの方や数年前に公開されたドイツ映画『ヒトラー最後の12日間』をご覧になった方などは、かの独裁者の最後をご存知なので、『ワルキューレ』で展開する暗殺計画の結果は当然おわかりでしょう。
失敗すれば反逆者になるのはもちろん、自分だけでなく家族や同僚にも恐ろしい報復を覚悟しなければならない恐怖を覚悟しつつ本作戦に邁進する大佐やレジスタンスグループの人間ドラマは、さすがに見ごたえがあります。

シュタウフェンベルク大佐を演じるトム・クルーズの脇をかためるのは、トレシュコウ将軍にケネス・ブラナー、オルブリヒト将軍にビル・ナイ、ベック元参謀総長にテレンス・スタンプなど名優ぞろいで、大佐の妻ニーナには『ブラックブック』のカリス・ファン・ハウテン、ベルリン警備大隊長のレーマー少佐には『戦場のピアニスト』などのトーマス・クレッチマンといった注目すべき俳優も多く出ています。

この映画自体、サスペンス的魅力で息もつかせぬ緊迫のストーリーで見る者をひっぱっていきますが、なにぶん情報量が多いため、第2次大戦などにそれほど関心のない方には、事前に少しでも史実を歴史本やドキュメント作品で学ばれてからご覧になるのをお勧めしたいですね。
どうしても複雑な人間関係や錯綜する史実、時間を追って展開する物語といった点が難解になる面は否めません。

とはいえ、本作はそうしてでも見る価値のある作品に仕上がっていますね。
残念なのは、冒頭にドイツ語から英語へシフトチェンジしてしまい、結局はドイツ人たちが「イエス・サンキュー」と話すことですが。
ただ、アクションものなどが多いブライアン・シンガー監督ということで、ハリウッド的娯楽作そのものになるのではという危惧もあったといいますが、どちらかといえばヨーロッパ映画的といえるトーンのほうがまさっています。
私が良かったと感じたのは、7月20日だけでなく、前年の3月にあったトレシュコウ将軍による東部戦線視察中のヒトラーの専用機を爆破しようとした計画の顛末も描かれたこと。
史実の再現ドラマはもちろん、専用機や参集した将軍連にヒトラーと側近たちの雰囲気もまた、リアルによく出ていました。

そのあとにシュタウフェンベルク大佐の参加をえて、ついに最後の作戦を発動し、実行していく緊張の連続や、不安の増大にともなう各メンバーの動揺とか逡巡といった人間的側面の描き方もうなずけるものですし、ヒトラー自身の存在感や作戦実行後のベルリンにおける軍やナチス党の組織的混乱まで、かなり練られた脚本といえそうです。
やはり最後の見せ場における大佐や同志たち抵抗メンバーの悲壮な決意や覚悟は、いちばんの感動もあり、この史実の重さを痛感して見終えました。
トム・クルーズの主演映画としても、ひとつの記念碑的作品になったと感じます。

最後に管理人の悪い癖で登場メカのことなど書きますが、どうか関心のおありでない方は読み飛ばしてくださいね。

冒頭にチュニジア戦線で装甲師団の参謀だったシュタウフェンベルクが負傷するシーンがありますが、短いものだったにも関わらず、装甲ハーフトラックや長砲身の4号戦車など、末期のドイツ・アフリカ軍団をよく再現していました。連合軍機が突如飛来して、空爆により大佐が倒れるシーンも、臨場感あふれるもの。
そのアクションシーンとは異なり、つづいて描かれたヒトラーの東部戦線視察も、ユンカースJu52輸送機やメッサーシュミットMe109戦闘機が登場し、とくに専用機が着陸してからも上空を旋回する護衛戦闘機の爆音はリアルでした。
また、ベルリンでの混乱する様相に出てきたメルセデスやオペルのトラック類、その他に4輪偵察装甲車やホルヒ大型乗用車なども、よくこれだけ用意したと思えるもので、作品の時代背景やリアリティを確実に高めていたと思います。
posted by: ふるゆき | テレビ・映画感想 | 19:20 | comments(4) | trackbacks(10) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 19:20 | - | - |
こんばんは。
大河ドラマのTBでお世話になっています。

映画の方でTB&コメント、ありがとうございました。


冒頭から結末まで、一気に突っ走る感じでしたね。
サスペンスフルに描いていて、手に汗握る展開だったと思います。

トムクルのアイパッチ姿は凛々しく、演技もなかなかでした。
| BROOK | 2009/03/31 8:22 PM |
BROOKさん、TBとコメント、ありがとうございます。
こちらこそ、いつも大河ドラマでお世話になっております。

『ワルキューレ』は、じつのところ私自身も、ハリウッド的ムービーにならないかと危惧していましたが、ドキュメントとサスペンスのバランスが良い作品になっていて驚きました。
トム・クルーズも、おさえた演技で、実在の人物を演じる決意が感じられましたね。
おっしゃとおり一気に突っ走る展開だったので疲れましたがそれも満足感あるものでした。
| ふるゆき | 2009/03/31 8:43 PM |
こんにちは♪
TB&コメントありがとうございました!

私はナチスの軍服フェチで図書館で図鑑など見て悦に入っているのですが、ふるゆきさんのメカの解説も大変面白く拝読いたしました。
いろいろと時代考証がされた作品だったようですね!
惜しいのはやっぱり言語だけかぁ・・・。
| ミチ | 2009/03/31 10:55 PM |
ミチさん、こちらこそTBにコメントもいただき、ありがとうございます。
大河ドラマでもお世話になっていますし、またよろしくお願いします。

映画評にくわえて、メカ解説まで読んでくださってうれしいです。
脚本や演出の良い映画は、たいがい背景や考証も優れていますよね。
図鑑などで軍服も調べられるとは驚きです。

この映画は、その点もよく考証されていて、ドイツ陸軍の参謀将校であるシュタウフェンベルク大佐の肩章や襟のふちどりも、兵科色であるワインカラーとなっているし、レーマー少佐も出身部隊で精鋭のグロス・ドイッチュラント(大ドイツ)師団の袖章をつけていて(どの映画だったか見られないものもあったと記憶しています)衣装担当も一流のスタッフだなと感じました。
そのスタッフメモをパンフレットで読みましたが、「ドイツの軍服というと画一的に感じるが、テーラーメイドで細かい個性がある」というような記述もあって興味深く読みました。
それだけに、本当にドイツ語でなかったのが悔やまれますね。
| ふるゆき | 2009/04/01 8:27 PM |









この記事のトラックバックURL
http://furuyuki.jugem.jp/trackback/586
トラックバック
2009/03/31 8:16 PM
「ワルキューレ」を鑑賞してきましたトム・クルーズと「ユージュアル・サスペクツ」のブライアン・シンガー監督が初タッグを組んだサスペンス・アクション。実話を基に、非人道的なナチス政権の暴挙に疑問を抱き反乱分子となったドイツ将校が同志と手を組み、ヒトラー暗
日々“是”精進!
2009/03/31 10:50 PM
映画館にて「ワルキューレ」 第二次世界大戦時に実際にあったヒトラー暗殺計画を題材にした実録サスペンス。 おはなし: 第二次世界大戦末期のドイツ。名門貴族出身の将校・シュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ)は、悪行を重ねるヒトラー独裁政権に絶望し、そ
ミチの雑記帳
2009/04/01 4:17 PM
ワルキューレ (2008)今回の映画は、「ワルキューレ」です。本作「ワルキューレ」は、第二次世界大戦の実話を元にヒトラー暗殺計画を描いた戦争サスペンスです。監督は『ユージュアル・サスペクツ』『スーパーマン リターンズ』のブライアン・シンガー。第二次世界大戦.
映画DVD・映画ブルーレイ「やわらか映画」
2009/04/01 5:04 PM
あらすじ。 第二次世界大戦下のドイツ。アフリカ戦線で左目を負傷したシュタウフェンベルク大佐は、“良心”と“忠誠心”の葛藤に悩んだ末、祖国の平
青いblog
2009/04/01 5:18 PM
□作品オフィシャルサイト 「ワルキューレ」 □監督 ブライアン・シンガー □脚本 クリストファー・マッカリー、ネイサン・アレクサンダー □キャスト トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、トム・ウィルキンソン、カリス・ファン・ハウテン、トーマス・
京の昼寝〜♪
2009/04/12 12:20 PM
 最近忙しく、ブログを書く暇がない・・・。今回のワルキューレでも観てきてから記事にするまで2週間も経ってしまった。う〜ん、だから感想も薄味です。。
よしなしごと
2009/04/12 11:07 PM
『ワルキューレ』を観ました第二次世界大戦時に実際にあったヒトラー暗殺計画を題材に、トム・クルーズが主演を務める戦争サスペンスです>>『ワルキューレ』関連原題: VALKYRIEジャンル: サスペンス/ドラマ製作年・製作国: 2007年・アメリカ/ドイツ上映時間: 
おきらく楽天 映画生活
2009/04/19 5:21 PM
▼動機 この頃流行の実話物 ▼感想 「へぇ〜」 ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 第二次世界大戦下のドイツ。戦地で左目を負傷した将校・シュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ)は、祖国の平和のためにヒトラー暗殺計画を思いつく。過去に40
新!やさぐれ日記
2009/06/07 9:57 PM
2008 アメリカ 洋画 アクション ミステリー・サスペンス 作品のイメージ:ドキドキ・ハラハラ、スゴイ、ためになる 出演:トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、トム・ウィルキンソン 「トム・クルーズ主演の歴史劇」ということで期待と不安(?
あず沙の映画レビュー・ノート
2010/02/23 11:59 AM
トム君のサスペンス? 予告編を観た時はそんな印象。 第二次世界大戦下のドイツ。 アフリカ戦線で左目を負傷したシュタウフェンベルク大佐は、 “良心”と“忠誠心”の葛藤に悩んだ末、 祖国の平和のためにヒトラー暗殺を考えるようになる。 彼は暗殺計画≪ワル
映画、言いたい放題!