Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『天地人』 第1回「五歳の家臣」

今年の大河ドラマ『天地人』。アバンは大坂城を舞台に、主人公の直江兼続が天下人となった秀吉に会うシーンから始まりました。
黄金の砂金袋を積み上げ、「わしの家臣となれ」と命じる秀吉に対し、「自分は上杉景勝さまに一生おつかえする決意です」と、断わっています。
結局、太刀を振りあげながらも、秀吉はあきらめたようす。景勝のあとを追って走る兼続を天守閣から見下ろしながら「惜しいの」と舌打ちしますが、かたわらの石田三成に、「だから無理と申しました」などと言われて苦笑しています。

この天正14年から一挙に時をさかのぼり、本編は永禄7年 (1564年)の越後からスタート。
2007年の大河『風林火山』でクライマックスとなった、あの川中島第4回戦から3年後です。
上田庄の坂戸では、まだ与六という名の幼い兼続が、父とどじょう取りをしています。その坂戸城の主である長尾政景が、上杉家の重臣・宇佐美定満と舟遊びの最中に、溺死してしまうという衝撃的な事件がおき、城下は騒然。
(この二人とも『風林火山』以来の懐かしい名前です)

坂戸城の家臣団は、上杉輝虎(のちの謙信)の策謀ではないかと疑う者が多く、いくさ支度をはじめたところ、当の輝虎が疾風のごとく駆けてきて、城の門前に立ちました。
柵をかまえて警戒する軍勢を一瞥すると、弔問にきた輝虎は太刀をふるって木柵の縄をたちきり、道を開きました。
この光景をみていた与六は、軍神といわれる上杉輝虎の英雄的風姿をまのあたりにして憧れます。

桃姫は夫の政景なきあと仙桃院と名のり、実の弟である輝虎に、息子の喜平次を託すことに。この少年が、のちの景勝ですね。
仙桃院は、喜平次が寡黙にすぎ、また輝虎を父の仇と考えていることを心配しています。
喜平次自身は、輝虎とともに狩りをしたりするうちに心を開きはじめたものの、雲洞庵という寺院で修行する彼のもとに、北極星に北斗の七星のごとくつきしたがう家臣がほしいと考え、偶然であった与六に目をとめ、その母に喜平次のもとで奉公してほしいと依頼しますが、母親としてはためらうのが当然。

まだまだ母に甘えたい幼い与六はいやがりますが、納屋に入れられたり父母に諭されたりして、ついにこれを承諾。後ろ髪をひかれながら家を出る姿があわれです。
雲洞庵では、北高全祝和尚からいわれて、輝虎や仙桃院の前で型どおりの挨拶をする与六ですが、一瞬つかえたとき和尚に「自分の言葉で申せ」と叱咤されたため、つい本音が出て「わしは、こんな所に来とうはなかった!」と言い切ります。
しかし、輝虎はかえって与六を気に入り、喜平次とともに学ぶ日々が始まったのでした。

第1回ということで、大坂城の対面シーンからはじまったり、1時間以上放映したり、今後の注目シ-ンをまとめて予告したりと、いろいろなサービスがありました。主役はまだ少年ですが、達者な子役でけっこう見せました。次回も面白くなるのではないでしょうか。
まずはこれからの展開に期待し、このブログでつたない感想などかいていきたいです。
それと、ここも第1回として、大晦日のスタジオパークにFAXして張ってもらった兼続・景勝・謙信のイラストを、文字を消し縮小してはりました。
また機会があれば、他の人物のイラストも描きたいです。

posted by: ふるゆき | 天地人 | 22:11 | comments(6) | trackbacks(12) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:11 | - | - |
こんばんは。
2009年大河ドラマ「天地人」、いよいよ始まりましたね。私も見ました。

一番に感じたのが、北極星&北斗七星と、雪の結晶の映像が綺麗だなあと(雪は、越後=新潟県が豪雪地帯である事と関係しているのでしょうか?)。どちらもキラキラ輝いていて、とても強く印象に残っています。

また、ふるゆき様が感想の中でご指摘されていたように、「天地人」には「風林火山」で出てきた人達が何人も出てきて、2007年「風林火山」を見ていた自分にとっては、その二つの間の繋がりを感じることができます。
(それにしても、「風林火山」後半で強い存在感のあった宇佐美定満が、「天地人」第1回でいきなりあんな形で亡くなるとは……。「風林火山」で緒形拳さんが演じられた宇佐美定満が個人的に好きで今でも印象に残っているだけに、「天地人」での死は衝撃的でした)

上のイラスト、雰囲気がよく出ていて、見るとドラマの情景が頭の中で再現されていきます。またイラストを描かれる機会があれば、是非見たいものです。


では、長くなりましたが、これからもふるゆき様の感想日記を楽しみにしています。
| 華御前 | 2009/01/04 11:33 PM |
元旦の記事につづいて丁寧なコメントをくださり、ありがとうございます。
華御前様のおっしゃるように、私も北斗七星と雪の結晶の映像が美しいと感じました。これも書かれたとおり、越後の雪や景勝・兼続主従の輝きや絆の強さを表しているのかもしれませんね。
新大河は本当に『風林火山』と共通する人物が登場して興味をひかれますね。
政虎から輝虎となった謙信や、仙桃院となった桃姫も久しぶりの登場ながら存在感をおぼえました。
イラストも見てくださって嬉しいです。
自分流ばかりですが、また描きましたら見てくださいませ。
| ふるゆき | 2009/01/04 11:43 PM |
ふるゆきさん、こんばんは。
ついに始まりましたね〜いや〜♪
やっぱりこういう荒々しい大河のほうがシックリきますね(笑)
きっとこれから「篤姫」ファンには眉をしかめたくなる様なシーンも沢山出てくるんでしょうねぇ・・・。
でも多分「風林火山」より「エグイ」展開になることはなさそうですけどね☆

>この二人とも『風林火山』以来の懐かしい名前です

ホントに懐かしいですね。「風林火山」のお蔭で大分「人間関係」も分りますよね。

>大晦日のスタジオパークにFAXして張ってもらった兼続・景勝・謙信のイラストを、文字を消し縮小してはりました。

ええ〜っつ!そうだったんですか!?凄いじゃないですか!そっかー、ではこれからも楽しみに拝見させて頂きますね。ヨロシクお願いいたします◎
| なおみ | 2009/01/05 6:37 PM |
いらっしゃいませ! 「ブルー・カフェ」さんにTBさせていただくのも久しぶりですが、やはり『風林火山』を思い出しますね。
なおみさんの書かれるレビューは、いつも本当に楽しく拝読しております。

おっしゃるとおり、戦国乱世らしく荒々しい大河が復活しましたね。これもたしかに、あの勘助(笑)とはだいぶ異なるタイプの兼続が主人公ですが。そのなかで「愛」や「義」がどう描かれるか注目していきたいです。つたない感想や絵やらのブログですが、どうぞまたヨロシクお願いいたします。
| ふるゆき | 2009/01/05 10:04 PM |
はじめまして。
tokuといいます。いきなりのコメント失礼します。
素敵なイラストに思わず目を奪われてしまいました!
天地人、今後の展開が楽しみですね。風林火山で大河にはまったので、かなり期待です。
| toku | 2009/01/07 5:00 PM |
tokuさん、いらっしゃいませ。記事やイラストをご覧くださり、ありがとうございます。
『風林火山』も見ていらっしゃったんですね。
たしかに『天地人』は、あの大河に続くドラマという感じがあり、ほんとに今後の直江兼続の活躍が楽しみです。
ドラマの展開に合わせ、少しづつ感想もかいていきますので、よろしければまたご覧くださいね。
| ふるゆき | 2009/01/07 10:21 PM |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
2009/01/04 10:34 PM
毎回そうなのですが、初回からしばらくは登場人物の関係がわからないので、人物相関図を見ながらになってしまいます。しかも今回の初めてのシーンから妻夫木聡が出てきて、豊臣秀吉...
あしたまにあーな
2009/01/04 11:52 PM
大河ファンの皆様新年明けましておめでとうございます。 ワタクシ大河ドラマ丸4年もの間延々とレビューを書き続けて参りました。 今年で5年目って・・・この不景気の最中によほどの閑人みたいで、チョット恥ずかしい思いを断ち切れず、それに毎週続けると云うのも結構
ぱるぷんて海の家
2009/01/05 6:47 AM
戦国の世、謀略と裏切りが繰り返され、誰もが利を重んじた時代にあって、兜に愛の一文字を掲げ、義と仁愛の精神を貫いた武将がいた。その男の名は、直江兼続。彼の精錬な生きざまは豊臣秀吉を魅了し、知勇兼ね備えた実力は徳川家康をも恐れさせた。2009年大河ドラマ
日々“是”精進!
2009/01/05 8:50 AM
天地人 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ストーリー)火坂 雅志,小松 江里子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る いよいよ始まりました→天地人!4日スタートって早いですよね?昨年の「篤姫」が6日で「風林火山」が確か8日だったかと。 【風林火山の後日談?】 いや、
ブルー・カフェ
2009/01/05 9:34 AM
いよいよ天地人の始まりです{/fuki_oshirase/} 親・兄弟・親戚同士が血で血を洗う世の中で、愛を掲げ 戦国の世を生き抜いた直江兼続、戦国武将としては全く 稀有な存在ですね{/hearts_pink/}{/heartss_pink/} 上杉謙信とその継嗣景勝の影響が強すぎたのかも知れま せ
函館 Glass Life
2009/01/05 9:43 AM
大河ドラマ『天地人』第1回〜五歳の家臣  『篤姫』は初回からグイグイと惹き付けられるものがありましたが、『天地人』の初回はいかにも導入部って感じで、強い印象は残りませんでした。 【サルと三成に違和感】  若き日の秀吉=さる(笹野高史)に引い
子育ちP's 航生L(気分は冥王星)SQ
2009/01/05 11:12 AM
天地人「五歳の家臣」 『うるさい、誰でもかまわん!。』 主人公、直江兼続はまだ五歳。 名前は与六。 父と母、弟の与七、それに妹?のおきた、五人家族。 与六の父は、もとは百姓侍だったが、長尾政景が治める越後の上田庄で勘定奉行のお仕事に。 白米を食べるぐらい
ありがとう!、あてつけじゃないよ。
2009/01/05 3:48 PM
今年の大河ドラマ・天地人はじまりましたが、直江兼続(妻夫木聡)というよく知らない人物が主役です。愛の字の兜はどこかで見た記憶が微かにありますが、上杉景勝(北村一輝)の股肱の臣のようです。(以下に続きます)
一言居士!スペードのAの放埓手記
2009/01/05 9:25 PM
いよいよ大河ドラマ「天地人」の放送が始まりましたね。今回はどうしようかと迷いましたが、天地人も出来る限り感想を書いていこうと思いますので、宜しくお付き合いの程をお願いします。というわけで、さっそく初回の感想を書いていきましょう。まずは全体の流れから。
山南飛龍の徒然日記
2009/01/05 10:20 PM
与六カワイイイイイイーーーー! 加藤くん、可愛すぎます。っていうか、達者だわぁ・・・[E:lovely] その健気さ泣けます! そして、阿部ちゃんの謙信がかっこ良すぎるぅーーー。(Gacktの謙信は見てないので) いい男ぞろいで、もう1年間視聴決定ですw 好きな戦国時代
たっくんママのひとりごと
2009/01/05 10:52 PM
天地人 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ストーリー)/火坂 雅志 ¥1,050 Amazon.co.jp どもっす。 昨日は正月休み最終日ということで、あのガンダム特番を見た後、TBをバシバシ飛ばしながら、「天地人」を見てました。 まあ、一言で言えば、主人公
優しい世界〜我が心に迷いあり(β)
2009/01/06 12:30 AM
◆直江兼続 役の妻夫木聡さん(のつもり)昨日のよる8時、75分拡大版でNHK大河ドラマ『天地人』の放送がスタートしました。今回の主人公は、上杉景勝(北村一輝さん)に仕えた上杉家の家老・直江兼続(妻夫木聡さん)です。●あらすじと感想
yanajunのイラスト・まんが道