Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
映画「クィーン」見てきました。
本日、またも遠くの映画館にて「クィーン」を見てきました。
代休のおかげで普段行かないところまで遠征(?)できたものの、なぜ話題作なのにどこの劇場でも上映しているとはいかないのでしょうか。

それはともかく、たしかに遠征する価値ありの作品でした。
1997年8月末、ダイアナ妃の事故死が伝えられたときから1週間の、エリザベス女王とブレア首相を描くこの映画、淡々としていながら最後まで見逃せない場面の連続です。

アカデミー主演女優賞だからと言うわけではないですが、女王を演じるヘレン・ミレンの風格ある演技には、本当に圧倒されます。
(なんと英国のテレビシリーズで、近世のエリザベス1世も演じたそうで、こちらも見てみたいです)
ヘレン・ミレン自身が「単なるものまねではなく、女王の心の内面を演じ」と、インタビューで語っていたように、孤高の君主といった趣きが自然に感じられます。

しかしやや驚いたのはトニー・ブレア首相の扱いで、演じるマイケル・シーンの芝居もよかったですが、脚本も彼に好意的というか、故人となったダイアナに冷淡な態度だと民衆から責められる王室と女王に適切な助言をし、批判がましいことを言う奥さんや労働党の側近らにキッパリと女王の弁護をする様子などは意外でした。

さらに圧倒されたといえば、王室の別荘であるバルモラル城とその領地。
女王の夫のフィリップ殿下たちが鹿狩りに出かけたり、女王自身もランドローバーを自ら運転して山谷を走るのですが、その広大な風景といい壮観なカメラアングルといい、やはり王族の暮らしは一般市民のそれとまったく別物だと思い知らされます。

国民から高まる一方のダイアナ追悼の声に、ついに慣例を破って半旗をかかげざるをえなくなるくだりや、ブレアの助言もあっての女王からの追悼声明、そして領地から戻ったロンドンでバッキンガム宮殿の門前の市民の列に入り、花束の山をその目で見て……というクライマックスまで、派手なアクションや驚きのミステリーがある映画ではないけれど、静かな画面なのにくぎづけになりました。

現代史どころかつい先日の出来ごとのような事件と、まさに現役といえる人物たちを決して軽薄ではないながらかくもシビアにスクリーンに描くのには本当に驚きます。
よく歴史ものや戦争映画では当時の記録フィルムが流用されますが、この作品ではまさにあの1週間のニュース映像を大胆に巧妙に挿入して、俳優たちの演じるシーンとうまく整合性をたもっています。

揺れ動くチャールズ皇太子や逆にまったく動じない皇太后、女王を案じて苦悩する侍従やブレアに辛辣なまでのアドバイスを続けるブレーンのキャンベルなど、どれも目の前にいま現在きざまれている歴史を目撃させられるような迫力ある一篇でした。
posted by: ふるゆき | テレビ・映画感想 | 21:31 | comments(4) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 21:31 | - | - |
TBありがとうございました。どこへ行っても東京タワーばかりで、どうしてこうみんな同じものを見たがるのか・・・。

それはそれ、次の次の大河ドラマが「天地人」というタイトルで、直江兼継が主人公のもの、と発表がありました。またまたマニアックな・・・。
| 辻元よしふみ | 2007/04/26 10:40 PM |
こちらこそ、いつもありがとうございます。
本当によくここまで現在の君主と首相を描いたと驚く映画でしたね。

しかし大河に直江山城守の登場とは、こちらこそ驚きかも。私の知人にも喜ぶかたはいると思いますが、ともあれ今年の「風林火山」で、義に勇む上杉家の姿をきっちり描かねばなりませんよね。
| ふるゆき | 2007/04/26 11:00 PM |
おっと、すみません。兼続、ですね。誤植です。
来年のテーマは民放の「大奥」に便乗という感じですが、あれですかね、上杉家を出してくるのは地震お見舞い、とか?
戦国ものもいよいよ、かなりマニアックなものも出てくるようになりましたが、あと、残っているとすれば? 案外に関東では?
太田道灌とか、北条家とか。村上水軍なんてのもいいかしら。とにかく原作小説があるのがひとつの条件でしょうね。
| 辻元よしふみ | 2007/04/27 2:21 AM |
本日さらに少し情報を得ました。
原作は火野雅志氏の小説なんですね。

直江兼続の生涯となれば、晩年の上杉謙信に盟友・石田三成、さらに関ヶ原では大谷吉継、もちろん大敵の徳川家康に上杉家に馳せ参じる前田慶次郎など、多彩な登場人物が期待できそうで、いまから楽しみです。
| ふるゆき | 2007/04/28 9:48 PM |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
2007/04/26 10:37 PM
 ヘレン・ミレンがアカデミー賞主演女優賞を射止めた話題作「クィーン」・・・これが
ロック詩人・辻元よしふみのブログ
2007/04/26 11:58 PM
女王に選挙権は無いのよ。一度でいいから・・・             英題: THE QUEEN 監督:スティーヴン・フ
さくらの映画スイッチ
2007/04/29 2:09 AM
「クィーン」★★★★ ヘレン・ミレン、 マイケル・シーン主演 スティーヴン・フリアーズ監督、2006年フランス イギリス王室の真実! ダイアナ元王妃の死、そのとき女王は? 目を引く宣伝のコピーは 実際はこの映画にふさわしくない。 ここで目にする
soramove
2007/07/31 11:53 PM
YOMIURI ONLINEのG+英語館のポッドキャストをダウンロードして見ました。 パソコンで再生するにはこちら 今回のG+英語館の題材は、「クィーン」の予告編でした。 クィーン(原題:The Queen)の解説 クイーン(原題:The Queen) 英語にdrama queenという面白い
映画の予告編で英語を勉強しよう!