Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『軍師 官兵衛』 第35回「秀吉のたくらみ」

 いよいよ九州攻めが始まることになり、官兵衛は豊前などの調略を九郎右衛門に任せます。

その行動には又兵衛も同行して調略を学べ、と命じられました。

長政は意外そうな表情ですが、善助が「若には大将の役割がございます」と進言。

不承不承うなずいた長政は、大坂での情報を官兵衛に問われ、家康の器量を絶賛しました。

官兵衛は苦笑して、陣羽織の話は前もって秀吉様が打ち合わせた芝居だ、と説明。

まだまだ長政は若いというところでしょうか。


秀吉は、みずからの九州出陣にあたり、茶々の挨拶をのぞんでいました。

はじめは奥にこもっていた茶々も、ついに出陣する秀吉の前にあらわれます。

大喜びの秀吉は、凱旋勝利を約束しました。


豊前の豪族で名門といわれる宇都宮鎮房は、官兵衛の本陣にきて本領安堵を要求します。

官兵衛は、これを受け入れますが、鎮房はあまり感謝したようすもなく帰っていきました。

20万以上の大兵力を動員して各地に進攻する豊臣軍の前に、ついに島津氏も降伏。

いっぽうで、秀吉はキリシタンに危険を感じ、禁令を決意。

しかし、右近の身を案じる官兵衛は、秀吉に面会しました。


そこで秀吉に言われたのは、キリシタンの危険性を恐れたうえの措置。

バテレン追放令を発布しようという秀吉に、官兵衛は反対します。

が、すでに決まったこととする秀吉は、反論を聞き入れません。

「おぬしを罰したくはない。この話はしまいじゃ」と打ち切ります。

手柄のあった黒田家には、豊前のうち六郡があたえられることになりました。

しかし、これは宇都宮鎮房との約束をたがえることに。


いささか唐突にキリシタン禁圧の段階になったようです。

官兵衛のキリシタン弁護も、あまり内容がなく軍師らしく感じませんでした。

官兵衛の信仰心はもちろん、信長の時代から熱心なキリシタン大名である高山右近の生き方が、これからの注目点になるのでしょうか。

豊前での紛争も起こるのは必至で、どう官兵衛が対処するのか気になります。

posted by: ふるゆき | 軍師官兵衛 | 19:54 | comments(6) | trackbacks(10) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 19:54 | - | - |
あれだけコエリョが船のことを話したら、
秀吉も脅威に感じますよね。
事前に打ち合わせをしていれば…と。

官兵衛のキリシタン弁護ですが、
イマイチ説得力に欠けるような気がしました。

次回は宇都宮のことがどうなるのか、気になります。
| BROOK | 2014/08/31 8:07 PM |
BROOKさん、いうもありがとうございます。
軍師にしては純粋な信仰心だけでキリシタン弁護をしているようで、とても秀吉を説得できそうには思えませんでしたね。
豊前の領地も、間違いなく紛争になりそうで、主人公には不本意な展開としてえがくのでしょうか。
| ふるゆき | 2014/08/31 8:16 PM |
>官兵衛のキリシタン弁護も、あまり内容がなく軍師らしく感じませんでした。

もう、秀吉が言う事聞いてくれないショックでテンパってたようでしたね^^;
軍師らしくはありませんでした。
秀吉がもう独裁政治…のような描かれ方。
人たらしで人好きするキャラがもう消えちゃいましたね。
ちょっと早いかも。
| くう | 2014/08/31 11:00 PM |
くうさん、今回もありがとうございます。
軍師がテンパってちゃいけませんよね。

秀吉が独裁者となるのは事実としても、その過程が飛ばされていて、三成にそそのかされているような場面もあるけど、秀吉も三成も、そんな単純な人物じゃないですよね。
でも、竹中さんの表情ゆかたな演技はさすがなので、そこは見る意義がありますよね。
| ふるゆき | 2014/08/31 11:22 PM |
こんにちは。

秀吉、ただ三成にそそのかされているみたいで、ほんと薄っぺらに感じますね(汗)
悪いのは三成で、秀吉の死後も官兵衛と対立していくという伏線なのかもしれませんが・・・
それにしても、茶々の事とダブルで、秀吉があまりにバカっぽく描かれていて、なんだかなと思います(^^;)

視聴率、関西では最低でしたが、秀吉が死ぬまで、当面、視聴率、低空飛行しそうな気がします(^^;)
| ショコラ | 2014/09/04 12:06 PM |
ショコラさん、コメントもありがとうございます。
いくら権力の頂点で人が変わるといっても、あまりに単純で秀吉らしくないですよね。

視聴率が低下したのは、そういう描き方しかできないドラマだと視聴者が判断したケースも多いのではと感じます。
これから起こる事件の場面も、深く掘り下げることなく表面をなぞるだけでは悲しいです。
| ふるゆき | 2014/09/04 6:56 PM |









この記事のトラックバックURL
http://furuyuki.jugem.jp/trackback/1454
トラックバック
2014/08/31 8:04 PM
バテレン追放… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201408310001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】軍師官兵衛 完全版 第壱集【Blu-ray】 [ 岡田准一 ]価格:10,449円(税込、送料込)
日々“是”精進! ver.F
2014/08/31 8:09 PM
大河ドラマ「軍師官兵衛」第35話は官兵衛が九州平定へ向けて着実に調略を仕掛けていた頃秀吉は家康を囲い込み東の脅威がなくなった。九州へ向かった秀吉は早速25万という大軍 ...
オールマイティにコメンテート
2014/08/31 8:47 PM
晩年の狂気じみた秀吉の人格が現れたのは、息子の鶴松を病で失ったときとも、弟の秀長が病死したときとも、淀殿妊娠を大仏の功徳と嘲笑されたときとも言われているが、今回は関白となって天下人になったとき、ということになっているようだ。 僕自身は秀長を失った時と
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
2014/08/31 8:51 PM
遂に家康(寺尾聰)が秀吉(竹中直人)に帰順、東の脅威がなくなった秀吉の 九州出陣が決定した。 九州に先乗りしていた官兵衛(岡田准一)は、豊前の領主・宇都宮鎮房(村田雄浩) に本領安堵を約束し、味方につける。 出陣した秀吉は九州でキリシタンが大きな力
ドラマ@見取り八段・実0段
2014/08/31 9:03 PM
先週の放送で、家康が初めて秀吉に拝謁するシーンがなくて残念、 と思ってたら今週、長政からの伝聞って形で紹介された。 家康は狸おやじだけど、 実はこの時点ですっかり秀吉の「ひとたらし」にやられてた、 と推察している。 勿論、先の先まで読む腹黒おやじだから計
しっとう?岩田亜矢那
2014/08/31 9:20 PM
むううう・・む、なああんとなくチープだにゃああ・・いえほら、今回のタイトルが!たくらみとかって言っちゃったら天下人の方がまるで三下の三悪みたいに聞こえてしまって、にゃんにゃんにゃにゃ〜ん・・みたいな〜。ここはやっぱり予告編にもありました「暴走」こそが
真田のよもやま話
2014/08/31 10:18 PM
【母の日に】『軍師官兵衛 オリジナル湯のみ』【10P15Apr14】【null】価格:1,200円(税込、送料別)【メール便対応】バッグに1枚。旬なプレゼントにも♪官兵衛の妻 光姫の出身地加古川志方町で製…価格:400円(税込、送料別)信長・秀吉・家康の時代を生き抜い
あしたまにあーな
2014/09/01 12:55 AM
大河ドラマ「軍師官兵衛」。第35回、秀吉のたくらみ。 豊臣秀吉による対島津、九州平定。 その後の九州における仕置き。 秀吉と官兵衛の関係に亀裂が!
センゴク雑記
2014/09/01 11:21 AM
『軍師官兵衛』第35回「秀吉のたくらみ」 陣羽織を巡る秀吉と家康の「芝居」を見抜けず、「さすがは徳川様…」云々と、思いっ切りリスペクトしちゃってる長政(松坂桃李)。 賢くなさそうなニヤケ顔が印象的。 ガッチャマン! −◆− 官兵衛(岡田准一)が宇都宮鎮
世事熟視〜コソダチP
2014/09/04 12:07 PM
「秀吉のたくらみ」 第35回の関東の視聴率は、前回の13.0%より上がって、14
ショコラの日記帳・別館