Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『平清盛』 第48回「幻の都」
JUGEMテーマ:大河ドラマ
 命がけの諫言をした忠清は、盛国に介錯をたのみます。
しかし、盛国は忠清を叱り飛ばし、生きて平家の武勇の軸となれ、と命じました。

鎌倉に本拠をすえた頼朝は、反抗する佐竹氏を討つなど、順調に勢力を拡大しています。
自分に従う豪族には、領地の安堵と分配をはじめていました。
頼朝は、清盛の独裁ぶりを意外に感じ、あれが武士の世を作ることなのかと疑います。
その疑問に、なんと弁慶が答えます。
彼は鬼若といった若き日に、御輿に矢を放った清盛をじかに見ていて、その思い出を語りました。
この後で頼朝は、父の義朝と清盛がめざした武士の世は、自分が受け継ぐと決意したようです。

いっぽう西国では、公家だけでなく平家一門にも、福原から都を戻すとの考えが強くなっていました。
それでも福原に固執する清盛に、とうとう宗盛が献言します。
清盛は、それでも平家の棟梁か、と叱責しますが、これに宗盛は反論。
棟梁ゆえ、父上に申しますと涙で語り、これには清盛も言葉を失いました。

ついにその年の11月、都は京へもどされます。
清盛が父の忠盛、信西や多くの人々から受け継いだ事業は、斜陽のときを迎えました。
勢いづいた公家たちは平家を批判し、後白河院に朝廷の首座へもどっていただきくべき、と主張。
さらには、比叡山や南都の僧兵たちが、反平家の動きをあらわに。
これを鎮めるべく南都に出兵した重衡のひきいる平家軍は、激しい戦いに巻き込まれます。

しかも、その争いのうちに出火したため、東大寺をはじめとする多くの伽藍が焼けました。
これは決定的に平家への反感をまねき、一門も危惧しますが、清盛は判断しないまま。
南都から帰還した重衡は、「仏を焼いたのではなく平家に反抗する者を成敗したのみ」と断言。
清盛は、「ようやった」と褒めるしかありませんでした。
しかし、この事件の反響により、ますます平家は追いつめられます。 

とうとう落日の平家にすべてを決する日がきます。
あと2回で、どうまとめるのか、清盛に救いのようなものはあるのでしょうか。
posted by: ふるゆき | 平清盛 | 21:47 | comments(6) | trackbacks(16) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 21:47 | - | - |
清盛に救いは…ないでしょうねぇ…。
でも、いくらダークヒーローだと言っても、臨終には
何かしらの光が見えてほしいです。
実際には平家は海に沈むわけですが、清盛はそこまでは
見ないで死んでいくわけですから、義朝や忠盛が
迎えに来てくれるとか…。
そんな最期ではないかと勝手に想像しています。
史実の清盛は悪霊が迎えに来て地獄に落とされる気がしますが
大河ではそれはないでしょう…たぶん、と思いたい^^;
| くう | 2012/12/10 12:39 AM |
さすがに大仏まで焼いてしまっては、
天から見放されたと話す清盛に同情してしまいますね。
屈託のない笑顔で報告をする重衡に失礼ながらもちょっと笑ってしまいました。

残り2回…
大河ドラマの公式本で結末を知っているのですが、
ちょっと「義経」の最終回っぽいかもしれません。
| BROOK | 2012/12/10 6:20 AM |
くうさん、いつもありがとうございます。
清盛に救いがあればというシーン、くうさんが想像された演出は、かなりあたっているのではと思います。
いろいろ問題はあっても、先進的に時代をすすめた人物ではあるので、やるだけはやった、と目を閉じてほしい気がしますね。

あと2回、なにかさびしく感じるのは年の瀬の大河でお馴染みの気分です。
| ふるゆき | 2012/12/10 9:34 PM |
BROOKさん、今回もありがとうございます。
重衡がしたことは、いかにも若き日の清盛自身が行なった振る舞いと共通していて、もう怒ることもできなかったのではと思いました。

かつての大河『義経』のラストは、けっこうビックリした記憶があります。
今年は驚くより納得して終わりたいですが、さてどうなりますか、ですね。
| ふるゆき | 2012/12/10 9:37 PM |
こんばんは♪

>重衡がしたことは、いかにも若き日の清盛自身が行なった振る舞いと共通していて、もう怒ることもできなかったのではと思いました。

それもありそうでしたね(^^;)
自分もあの後、苦労したので、きっとこの後、どうなるか、今は想像できるでしょう(汗)
あと、あまりにも呆れ果てて、怒る気力も沸かないようにも見えました(汗)

でも、これでいろいろな角度からダメダメな平家の子供や孫たちが描かれたので、もういつ源氏に滅ぼされても納得の展開になりそうです。

回想シーン、さすがに今回はちょっと多すぎな気がしました(汗)

あと残り2回、どこまで描くのか、私も楽しみです(^^)
| ショコラ | 2012/12/11 12:25 AM |
ショコラさん、コメントもありがとうございます。
もう清盛も、次々におこる予想外の事態には、さすがの独裁ぶりも出来なくなったようすが少し哀れでした。

回想もいいですが、おっしゃるとおり今回はすこし多すぎでしたね。
まあ、最終回も近いので、伏線もすべて回収という路線でしょうか。
| ふるゆき | 2012/12/11 9:21 PM |









この記事のトラックバックURL
http://furuyuki.jugem.jp/trackback/1267
トラックバック
2012/12/09 10:04 PM
我々幼少の砌には 「いいくに作ろう鎌倉幕府」 なんて語呂で 「1192年に源頼朝が鎌倉幕府を開いた」 なんて教えられたけど、今の教科書では違うらしい。 1192年とは頼朝が征夷大将軍になった年であって 決してそれはイコール「鎌倉幕府を開いた」って事にはなら
しっとう?岩田亜矢那
2012/12/09 10:04 PM
富士川の戦いで大敗した清盛(松山ケンイチ)。 平家はすでに武士ではないという忠清(藤本隆宏)の言葉が、清盛の心に強く刻まれる。 頼朝(岡田将生)は東国を平定、鎌倉で新たな国づくりを始めていた。...
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/12/09 10:09 PM
錆び付いた宋剣でもう自身が武士では無いことを諭された清盛は どんどん老いぼれて、平家の栄華も落日といった様子。 勢い込んで福原に遷都したものの、 武士ばかりか寺社にも反感を買い、 朝廷からも京に...
よくばりアンテナ
2012/12/09 10:29 PM
第四十八回「幻の都」   
またり、すばるくん。
2012/12/09 10:35 PM
ここんとこめっきり老境無残な清盛様、メイクもそうですけど、こう、口角を下げてお口をちょっと明けた様がなかなかの老人振りですよ、マツケン様〜。先週の最後がああでしたし、今週もまた一層老け込んだ演技が見られるのでしょうねええ〜。
真田のよもやま話
2012/12/09 11:00 PM
大河ドラマ「平清盛」第48話は富士川の戦いで敗れた清盛は忠清のもう武士ではないという言葉に動揺していた。そんな中高倉上皇が危篤となり棟梁の宗盛は公家から不満を抑えるた ...
オールマイティにコメンテート
2012/12/09 11:06 PM
清盛が周囲から孤立して、みんなから否定され始めてからずいぶん経ちます。 今日も、追い詰められてました。 これは、スタッフとキャストの心境なんでしょうか^^; 爽快感がない。 救いがあるのは頼朝...
青いblog
2012/12/09 11:29 PM
大河ドラマ「平清盛」。第48回、幻の都。 反平家の流れは止まらず。 清盛は還都を決める。
センゴク雑記
2012/12/10 12:34 AM
「平清盛」第48話を見ました。今年もあと残りわずか、今年の大河もまた同じ…寂しいのぅ
Flour of Life
2012/12/10 5:52 AM
  第四十八回「幻の都」富士川の戦いで大敗した平清盛。平家はすでに武門ではないという忠清の言葉は、清盛の心に強く刻まれる。さらに高倉上皇が危篤となり、棟梁の宗盛は劣勢を...
日々“是”精進!
2012/12/10 12:49 PM
宗盛の視た清盛  −清盛の偉大さを感じ過ぎてしまった−  「出来の悪い男(おのこ)、拙い棟梁だ」と吐露し、  それでも自分は棟梁で、清盛の息子なのだ。  父を諌めるのが自分の務めだと「都還り」を訴える 還都を決意する清盛  −幻となった都と自分の人生を重
英の放電日記
2012/12/10 2:18 PM
『平清盛』 第47回「宿命の敗北」 前回はダイナミズムが感じられたけど、今回はまた内面追求型のジットリしたストーリーでしたかねぇ。 −◆− 富士川の戦いの恥ずかしい負けっぷりもあって、すっかり風向きが悪くなった平家政権。 ストレス性の病で伏している
世事熟視〜コソダチP
2012/12/10 3:46 PM
平清盛 日曜 20:00 NHK総合 日曜 18:00 NHK BS-プレミアム (再)土曜 13:05 NHK総合 2012年1月8日〜 [キャスト] 松山ケンイチ 中井貴一 中村敦夫 豊原功補 大東俊介 中村梅雀 上川隆也 藤本隆宏 佐戸...
新ドラマQ
2012/12/10 7:48 PM
#「幻の都」 清盛は福原を武士の都とすべきだったのか、それとも日の下の都とすべきだったのか?
義風捫虱堂
2012/12/11 12:26 AM
「幻の都」次回、NHK総合での放送は、選挙の開票速報のため、夜7:10〜7:55の前倒しになります。(公式HPより)お見逃しなく♪第48回の視聴率は、前回の10.8%より少し下がって、10.4%で...
ショコラの日記帳
2012/12/11 6:12 PM
このドラマも残すところあと3回となりました。平家のその後も表現するということだったので、3回を残して清盛の時代から頼朝・義朝と知盛の戦の場面なのではないか見ていたのですが、清盛はまだまだ元気で第一線で指示出しまでしています。こうなってしまうと棟梁とは
あしたまにあーな