Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『平清盛』 第47回「運命の敗北」
JUGEMテーマ:大河ドラマ
 治承四年(1180年)の九月、清盛は頼朝の挙兵を受け、出陣を命じました。
大将は、重盛の長男の維盛です。

そのころ頼朝は、石橋山の合戦に敗北しましたが、洞窟に隠れたりして落ち延び、再起します。
(洞窟の頼朝を、梶原景時が見のがすエピソードが、一応ありました)
このとき、多数の兵をひきいて来た上総広常の参陣で、ますます勢力をのばしました。
政子も合流し、大きな勢力となった源氏軍は、鎌倉に入ります。

奥州の義経も、藤原秀衡に懇願して出発し、頼朝のもとへ向かいました。
(なんだか喜劇めいたウィリアム・テルみたいな逸話がありましたが、主従の信頼話かな?)

清盛は、いまも福原遷都をあきらめず、平家一門にも不満が満ちています。
関東へむかう維盛の軍勢は、無理な行軍が兵糧不足などの事態をまねいていました。
そして富士川の夜営陣地で、平家は油断したまま休息します。
そして、源氏方の奇襲で飛び立った水鳥の羽音により、その軍勢はパニックに。

維盛の大敗をせ責める清盛でしたが、忠清は、おのれの命をかけて清盛に問いかけます。
忠清は、維盛さまは間違いなく平家のおのこ、むしろ清盛様こそ武士の魂が、なくなっておられぬか、と言い放ったのでした。
激怒した清盛は、宋剣で忠清を斬ろうとしますが、その重さで転んでしまいます。
あきらかに以前の武勇はない姿でした。
(ダメ押し?で、宋剣にはサビが点々とありました)

いっぽう、頼朝は京へ進撃を命じますが、したがう武将たちは反対しました。
やむなく頼朝も、この関東で反抗する者を討ち、根拠をかためると決意します。
そこへ、奥州から馳せ参じた義経が、面会をもとめてきました。
見知らぬ弟とはじめて会った頼朝は、笑顔で言葉をかけ、義経も感激します。

歴史の名場面とともに、平家の没落は、すぐそこに迫ってきました。
posted by: ふるゆき | 平清盛 | 22:02 | comments(6) | trackbacks(15) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:02 | - | - |
もう宋剣を振るう事も出来ない清盛の姿は、そのまま
武士として役立たずな平家の姿でしたね。
こういう小道具の使い方も素晴らしい大河でした。
残りは勢いづく源氏に押されていく平家の没落を描くのみ。
どういう最期になるのか、今から楽しみです。
| くう | 2012/12/03 1:28 AM |
梶原景時のエピソードを入れてくれたのは嬉しかったですね。
たしか有名エピソードだったはず。

そして、維盛の敗北…
総大将としてはどうだったのでしょう?
ちょっと若過ぎたのかもしれません。

源氏サイドは義経が頼朝と対面を果たし、
いよいよ平家との全面戦争に突入ですね。
楽しみです。
| BROOK | 2012/12/03 6:22 AM |
くうさん、いつもありがとうございます。
忠清の諫言に怒り、父のくれた宋剣をふりおろそうとする清盛は、別人のようになりましたね。
その剣もサビが出ていて、武士の魂を失っていることがわかりました。

頼朝は石橋山の敗北にもかかわらず、多くの味方が参陣したのは、それだけ平家への不満が高まっていることも感じられましたね。

| ふるゆき | 2012/12/03 7:01 PM |
BROOKさん、今回もありがとうございます。
梶原景時のエピソードは省略されるかもと思っていたので、ちゃんと出てきたのは私もうれしかったです。

維盛は、意欲はありましたが、若くして大将になったため、経験不足から失敗したようでしたね。

いっぽうの源氏は、頼朝が鎌倉に拠点をかまえ、義経も駆けつけるなど勢いにのっていて、どうやら時の流れが変わってしまったことを印象づけられた気がしました。
来週は都の周辺でも混乱が深まりそうです。
| ふるゆき | 2012/12/03 7:07 PM |
>ウィリアム・テルみたいな逸話がありましたが、主従の信頼話かな?

ほんと、そんな感じでしたね(汗)

義経は兄との対面を純粋に喜んでいて、一方、頼朝は最初に聞いた時、一瞬、戸惑ったのが印象的でした(汗)

そして、清盛の宋剣、錆びついて、重さに負けてしまったところ、ドラマ的にとても良かったと思います♪

もはや清盛自身が武士ではなくなってしまっていることのとても分かりやすいシーンでした(^^)

あと残り、3回ですね。
楽しみです♪(^^)
| ショコラ | 2012/12/06 11:25 PM |
ショコラさん、コメントもありがとうございます。
純粋に対面を喜ぶ義経と、一瞬でも戸惑いのあった頼朝は、どこか今後の運命を予感させるように思えてしまいましたね。

父との思い出がある宋剣をサビが出たままにしていちゃいけませんね。
清盛の心が若き日のようではなくなっている象徴にみえて、たしかにうまい演出でした。


| ふるゆき | 2012/12/07 7:37 PM |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
2012/12/02 10:31 PM
残りもわずかになり、来年の主人公である綾?はるかさんが様々な番宣で登場し始める昨今、物語の主体は平氏から源氏に明確に移動するようになってきました。平氏の面々は意図的に弱そうな感じの演出になり、中でも今回総大将に命じられた維盛は、戦になれていないばかり
あしたまにあーな
2012/12/02 10:38 PM
大河ドラマ「平清盛」第47話は頼朝は挙兵し各地を転戦したものの石橋山の合戦で敗走したが九死に一生を得た。その頃清盛は頼朝の挙兵に激怒し維盛を総大将として追討軍を派遣す ...
オールマイティにコメンテート
2012/12/02 10:40 PM
頼朝(岡田将生)の挙兵を知った清盛(松山ケンイチ)は、孫の維盛(井之脇海)を 総大将として追討軍を派遣。 一方、数万に膨れ上がる源氏軍は西へ兵を進め、両軍は富士川を挟んで対じする。 しかし敵軍...
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/12/02 10:46 PM
大河ドラマ「平清盛」。第47回、宿命の敗北。 石橋山の戦い〜富士川の戦い。 源氏側の方が見所満載になってきた第47回。
センゴク雑記
2012/12/02 11:23 PM
いよいよオーラスの最終月!あと何回ですか?今宵も含めてたったの4回?いやあ〜、なんでしたらこれだけでワンクール使っていただきたいくらいの源平合戦を果たしてここに盛り込んでいただけるのかとおおお〜!・・・それをするためには清盛様にはさっさとご退場願わな
真田のよもやま話
2012/12/02 11:27 PM
「平家はもはや、武門ではござりませぬ。  殿御自身、もはや武士ではございませぬ。  殿が目指した武士の世は、武士のままでは掴めぬものにござりました」 忠清の命懸けの言葉が清盛の言葉に突き刺さる  今回、清盛も頼朝も「武士の世を創る」という言葉を口にしてい
英の放電日記
2012/12/02 11:56 PM
いやぁ〜〜〜面白かった〜〜〜 平家と源氏がいよいよ武力では逆転してるってことを 清盛が思い知らされる回でした。 挙兵した頼朝の元へは続々と東国武士たちが集まってくる。 しかし、石橋山では追...
よくばりアンテナ
2012/12/03 6:00 AM
  第四十七回「宿命の敗北」1180年、頼朝の挙兵を知った清盛は、高倉上皇の名のもとに孫の維盛を総大将として追討軍を派遣。一方、頼朝は石橋山の合戦で苦渋を味わうものの、各地...
日々“是”精進!
2012/12/03 8:21 PM
「平清盛」第47話の感想です。最終回まであともうちょっと…寂しいのう。
Flour of Life
2012/12/03 9:40 PM
今週も大河ドラマ『平清盛』のお時間です。 あらすじ・・・・・
みはいる・BのB
2012/12/03 10:17 PM
「平家はもはや武門ではござりませぬ。 殿ご自身、もはや武士ではありませぬ--(涙)」 命をかけて清盛に苦言を伝える忠清---。 このお姿。確かにもはや、武士とは思えないもんな〜〜。 心の軸が体を支え...
shaberiba
2012/12/03 11:18 PM
武士とは勝つことじゃ! 勝ち続けることじゃ!! そう言って暴走し続ける主人公を、擁護皆無に描くという凄い事態なんですが これは何を描いてるのかなぁ。 大河ドラマや時代劇というのは、世相...
青いblog
2012/12/04 6:53 AM
第四十七回「宿命の敗北」 視聴率10.8%  
またり、すばるくん。
2012/12/04 8:32 AM
#「宿命の敗北」
義風捫虱堂
2012/12/06 11:09 PM
第47回の視聴率は、前回の10.3%より少し上がって、10.8%でした♪1180年、源頼朝が打倒平家を掲げて挙兵。清盛は、すぐに孫の維盛(井之脇海)を総大将、忠清(藤本隆宏)を軍師に任命...
ショコラの日記帳