Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『平清盛』 第42回「鹿ケ谷の陰謀」
JUGEMテーマ:大河ドラマ 
ついに、この時がきました。
京の夜、鹿ヶ谷の山荘では、後白河法皇が成親や西光らとともに平家打倒の計画を討議します。
平家と清盛に対し、恨みつらみのある面々は、酒を飲んで憤懣を激白。
酔った勢いで、偶然たおれた瓶子を平氏にみたて、首をとるなどと浮かれ騒ぐ者もいました。

その数日後ある案件で、法皇は清盛と盟友関係にある比叡山の明雲を流罪と裁定。
これに憤った叡山の僧兵たちは、役目で明運を連行する源頼政から奪い返しました。
そこで、法皇は平家に「比叡山を攻めよ」と命じます。
が、重盛は突然の命令に困惑し、父に問い合わせますと返答。
突然はじまった法皇の横暴な振る舞いに、清盛は福原から上洛して法皇に面会することに。

そんな清盛を捕らえ、後白河法皇は一挙に平家を攻めて倒そうと画策。
しかし、意外にも清盛は、陰謀メンバーである摂津源氏の多田行綱から、この陰謀を密告されます。
行綱はクーデターの武力担当でしたが、強大な平家の力をおそれ、寝返ったのでした。
怒った清盛は、陰謀の主要メンバーを追捕。成親は法事の相談のため六波羅に来たところを包囲されておびえ、西光は踏み込んできた忠清ひきいる武者たちに昂然と引き立てられます。

そのころ伊豆では、時政の意志に従い、政子は山木家に輿入れすることを承諾。
ところが、嫁ぎ先に向かう途中で、頼朝との思い出を想起した政子は、降りしきる雨の中、頼朝のところへと向かうのでした。
そして、頼朝に思いのたけをぶつけます。
それは、鬚切の太刀をなぜ清盛が頼朝に持たせたかという真意を問うもの。
漠然としたことを言う頼朝に業を煮やした政子は、「これは武士の魂を失うなということのはず!」と、清盛の意志を雨のなかで代弁します。

ついに気持ちが動いた頼朝は、「わたしを明日に連れて行ってくれ」とぽつり。
政子は大笑いして、「連れて行ってくれとは情けない!ともに参ろうぞと仰せを」と、励ましました。
同じころ、六波羅に連行された西光は、清盛じきじきの尋問に、反抗的なまでの態度で返答を。
あまりの無礼な答え方に、居並ぶ平家一門の顔色が変わるのもかまわず、ついには「信西さまの事業を志でなくおのれの復讐心のため進める男」と決めつけ、清盛は配下の武者らに打ち据えさせますが、それでも屈しない西光は「無頼の高平太!」と吼えました。
この若き日の蔑称には清盛も憤激。みずから白州へ降りていき、西光を蹴り倒します。
さらに、さんざん殴る蹴るの仕打ちにでました。

今回は迫力ある展開でした。
六波羅と伊豆のシーンが交錯して連動するさまが、人間の歴史が動いている感を見せました。
posted by: ふるゆき | 平清盛 | 21:58 | comments(6) | trackbacks(15) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 21:58 | - | - |
>六波羅と伊豆のシーンが交錯して連動するさまが、人間の歴史が動いている感を見せました。

まさにそれですよね。
立ち直る東の源氏と落ちていく西の平氏。
西光に痛い所を突かれて激昂している姿を一門に見せた清盛には、
もう明日がないのだな、と感じさせられました。
西光は全部お見通しという所ですね…
最期に持って行ってくれました。
加藤虎ノ介さん、すごい演技でした。
| くう | 2012/10/29 2:09 AM |
今回は見応えあるエピソードでしたね。

平家サイドも源氏サイドも、どちらも良かったと思います。

清盛は明日が見えなく、頼朝が明日が見えるように…
対照的な描き方は見事でした♪

いよいよ源氏再興へ。
義経もついに動き出しますね。
| BROOK | 2012/10/29 5:28 AM |
くうさん、いつもありがとうございます。
今回の迫力あるシーンが交錯する展開は、なかなかの見ものでしたね。

激昂して殴る蹴るの清盛は、耳にいたい批判にくわえて、信西のことや若き日のあだ名をここで使われたことが支配者の余裕を吹き飛ばしたように見えました。

来週は政子と頼朝につづき、遮那王と弁慶も旅立ちのときみたいですから、源氏の挽回に注目したいです。
でも、サブタイトルがまた悲しい人物の最後を連想させて辛いかも。
| ふるゆき | 2012/10/29 8:27 PM |
BROOKさん、今回もありがとうございます。
たしかに、源氏サイドも平家サイドも、見ごたえのあるシーンの連続でした。

両者にことなる明日が来るであろう演出は面白いですよね。
政子が、意志も行動力も「男前」で見事でした。来週は、いよいよ遮那王が義経となる時がくるようで、こちらも期待です。
| ふるゆき | 2012/10/29 8:31 PM |
こんばんは♪
>行綱はクーデターの武力担当でしたが、強大な平家の力をおそれ、寝返ったのでした。

寝返るの当然ですよね(汗)
平家相手に武力担当があまりにもお粗末すぎ(汗)
これしか武力がなくて、本当に平家を倒せると思ったのでしょうか?(汗)
後白河法皇、最後の詰めが甘かったですね(^^;)

頼朝と政子の方は良かったです♪(^^)

次回の義経、楽しみです♪(^^)
| ショコラ | 2012/10/30 6:57 PM |
ショコラさん、コメントもありがとうございます。
いまの強大な平家に、源氏の生き残り地方武士くらいで勝てるかどうか、陰謀メンバーの誰も真剣に考えてないように思えますね。

頼朝を雨のなかで叱咤激励する政子は、男まさりの行動力であっても、自分の気持ちに正直になって微笑む女性らしい心もみせてよかったですよね。
いよいよ遮那王のほうも、義経と名乗って新たなステージへ旅立つ日がくるようで、やっぱり楽しみになります。
| ふるゆき | 2012/10/30 8:08 PM |









この記事のトラックバックURL
http://furuyuki.jugem.jp/trackback/1247
トラックバック
2012/10/28 10:33 PM
第四十二回「鹿ヶ谷の陰謀」   
またり、すばるくん。
2012/10/28 10:35 PM
復讐……だったのかぁ?  (いや、違う!)わしは武士じゃ 武士の世を創るのじゃ! 西光に自分の志を否定され、激昂する清盛  平治の乱の時、義朝・頼朝親子に、「武士の世を創る!」と宣言し、そのためには醜き事にまみれようとも必ずこの世の頂に立つと誓ったのだ
英の放電日記
2012/10/28 10:54 PM
大河ドラマ「平清盛」第42話は鹿ヶ谷の山荘で後白河法皇は成親・西光と共に平家打倒に動き出す。後白河法皇はまず比叡山を標的と比叡山の明雲を捕獲するが、流罪にされる直前に ...
オールマイティにコメンテート
2012/10/28 10:57 PM
鹿ヶ谷の陰謀・後編!後白河院(松田翔太)が着々と進める企てに、清盛(松山ケンイチ)は 陥れられそうになるが、間一髪のところで多田行綱(野仲イサオ)から密告を受ける。 成親(吉沢悠)と西光(加藤...
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/10/28 11:01 PM
上の子供もとうとう5歳を迎え、七五三の祝いを迎えることができました。どうせならという事で、鎌倉にある鶴岡八幡宮で七五三のお参りをしようということで、ちょうど晴れた土曜日に参拝することにしました。 そもそも七五三とは、1681年に始まったとされる行事で、11月
あしたまにあーな
2012/10/28 11:13 PM
大河ドラマ「平清盛」。第42回、鹿ヶ谷の陰謀。 後白河法皇は、清盛と平家の排除を画策する。 それに対して清盛は・・・・・・
センゴク雑記
2012/10/29 12:08 AM
鹿ヶ谷事件、面白かった〜〜 意味のあるバイオレンスシーンは迫力に満ちて、 ざわざわとさせてくれますなぁ。 ゴッシーと西光、成親の平氏を討つっていう計画に、 摂津源氏の多田行綱は巻き込まれちゃい...
よくばりアンテナ
2012/10/29 12:24 AM
清盛ピンチ!!…でしたが、多田行綱からの密告で、事前に察知。 先手を打つのでした。 悪い奴ですなぁ〜〜 おまけに暴力… これ、もう少し清盛の内面がどうなってるのか、わかるようにして欲し...
青いblog
2012/10/29 5:19 AM
  第四十二回「鹿ヶ谷の陰謀」京・鹿ヶ谷の山荘では、後白河法皇が成親、西光たちとともに平家打倒の計画を進めていた。数日後、法皇は清盛と盟友関係にある比叡山の明雲を流罪、...
日々“是”精進!
2012/10/29 7:20 AM
 清盛様の福原の館にて、もうここへは来ないと後白河院様。宿命のライバルが決別。そして比叡山とタッグの清盛様は西光様のお子様を流罪にしちゃってさあ大変、怒った法皇様が一体どう出るか!歴史的には大事件ですからみんな知ってますけど、やっぱりワクワクしますね
真田のよもやま話
2012/10/29 11:29 AM
『平清盛』 第42回「鹿ヶ谷の陰謀」 後白河法皇(松田翔太)藤原成親(吉沢悠)西光(加藤虎ノ介)などによる《鹿ヶ谷の陰謀》がスタート。 比叡山の明雲(腹筋善之介)に言いがかりを付けて拷問のうえ流罪決定で事を荒立たせ、あれやこれやで平清盛(松山ケンイチ
世事熟視〜コソダチP
2012/10/29 8:22 PM
今週も『平清盛』のお時間です。 あらすじ(ロングバージョン)
みはいる・BのB
2012/10/29 11:25 PM
日本シリーズ第2戦が気になるなか、「平清盛」第42話を見ました。今週も視聴率悪いだろうな…
Flour of Life
2012/10/30 6:49 PM
「鹿ヶ谷の陰謀」 第42回の視聴率は、前回の7.9%より上がって8.9%でした。
ショコラの日記帳・別館
2012/10/30 6:49 PM
「鹿ヶ谷の陰謀」第42回の視聴率は、前回の7.9%より上がって8.9%でした。裏に、日本シリーズ中継がありましたが、上がって良かったです♪今回は、遂に、政子と頼朝がラブラブになり...
ショコラの日記帳