Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『平清盛』 第28回「友の子、友の妻」
JUGEMテーマ:大河ドラマ
謀反のトップとして追われる信頼は、仁和寺に逃げ込んでいました。
彼には、ひいきしてくれた後白河上皇なら許してくれる、という期待があったのです。
しかし、意味ありげに「長恨歌」をうたった上皇は、平氏の武士団に信頼を捕らえさせました。
そして、すぐに処刑されたのです。重盛の義兄の成親は、特別に許されました。

いっぽう、義朝は息子たちや正清とともに、東国へ向かっていました。
しかし、頼朝ははぐれ、朝長は負傷で倒れ、義平は北国へ去ります。
その後、正清の縁者の長田忠致をたよって尾張に逗留した義朝に、最期がおとずれます。
長田の裏切りを察した義朝は、最後まで従ってくれた正清とともに自決したのでした。

平氏の館に義朝自決の報がもたらされたころ、頼朝も捕らえられ、連行されてきました。
清盛は、頼朝にきびしい目を向けますが、ここに意外な人物の横やりが。
それは、継母の池禅尼です。
一門の冥福を祈る頼朝の姿にうたれた池禅尼は、清盛に助命を嘆願します。
そして、頼朝は亡き家盛に似ている、と言い始めるのでした。

六波羅にたずねてきた藤原師光あらため西光は、信西の仇として頼朝の処断をせまります。
が、池禅尼だけでなく、重盛なども助命を提案。
清盛は複雑な立場に。

そんなとき、鬼若にかくまわれていた常盤は、牛若という赤子を産んでいました。
そして、今若と乙若もつれ、清盛さまの慈悲にすがる、と決めます。
平氏の館に入った常盤は、我が身にかえても、と息子たちの助命を懇願しました。

清盛は、義朝が残していった鬚切の太刀を頼朝にかざし、語ります。
そして殴りますが、驚いたことに頼朝は瞬時に義朝の残像(?)に変身しました。
そんな残像に、清盛は友として思いのたけをぶつけます。
お前は、愚かにも途中で道から降りたのだ。生きて武士の世を作るわが姿を見よ、と。
結局、頼朝は伊豆に流罪と決まり、藤九郎という若者だけがお供することになりました。

さらに清盛は、常盤の部屋にいき、語ります。
牛若の寝顔を見て、自分がこんな幼い日に死んだ母のことを。
常盤は、「わたしは一生、源義朝の妻です」と言いました。
その後、今若・乙若・牛若は仏門に入れる、と清盛は決定したのです。

この一見は温情のある措置が、将来どう平氏にはねかえってくるかは、さすがの清盛にも予測できないことでした。
かくて、平家の栄華が花ひらく時代の到来がそこまできたのです。
よく物語りにある、雪の中を三人の幼子をつれてさまよう常盤という構図は見れませんでした。
来週は、滋子が内裏にはいるようで、興味がわく展開になりそうです。
posted by: ふるゆき | 平清盛 | 21:53 | comments(6) | trackbacks(15) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 21:53 | - | - |
後白河上皇の信頼捕縛のやり方が、もうほんのちょっとのシーンなのに
インパクトありすぎて〜。
こわかったです。あのニヤニヤ。さすが〜。

義朝どのの最期にはウルっときました。
この大河、こういうシーンが本当にお見事。

次週からの新展開も楽しみです。
| くう | 2012/07/15 11:05 PM |
くうさん、いつもありがとうございます。
本当に、後白河上皇が信頼と最後に対面するシーンは、インパクト大でしたね。
まずは酒や料理でもてなし、安堵させてから皮肉を込めて『長恨歌』を聞かせるなど、遊び好き、今様好きの側面で冷徹な心情もある人物像を浮かび上がらせる名演技でした。

義朝が最期をとげ、頼朝も流罪となって、これからが『平家物語』でも有名な時期へつながっていきますね。
おっしゃるとおり、今後の新展開に期待がふくらみます。
| ふるゆき | 2012/07/15 11:38 PM |
義朝と正清の自決シーン…
大河ドラマは雪の演出とか好きですよね。
それでも、見事なまでの最期でした。
2人の演技が良かったと思います。

次回は滋子のエピソードで、
予告編を見る限りでは、ちょっと笑える展開になりそうです。
| BROOK | 2012/07/16 6:23 AM |
重盛の義兄の成親は、特別に許されたのだから、貴族の処分も清盛が勝手に決めた感じでしたね(汗)
清盛、偉くなったものです(^^)

>よく物語りにある、雪の中を三人の幼子をつれてさまよう常盤という構図は見れませんでした

私もこのシーンがなかったので、あれっという感じでした。
常盤の悲壮な逃避行が見れなくて、ちょっと物足りなかったです(汗)
これも平氏目線だからでしょうか?(^^;)

次回は、滋子中心に全然違う話になりそうですね♪
楽しみです(^^)


| ショコラ | 2012/07/16 2:26 PM |
BROOKさん、今週もありがとうございます。
雪月花とでもいいますか、大河や時代劇では、こういう雪や花吹雪とともに武士が散る、といったシーンが多いですね。

滋子は、あの髪型といい、奔放な性格といい、後白河院に意外と気に入られそうで、これは楽しみな展開になるかもです。
| ふるゆき | 2012/07/16 10:52 PM |
ショコラさん、今回もありがとうございます。
忠盛のころからすると、武士の清盛が公家を裁いて処断するなんて、信じられないくらい偉くなりましたね。「驕る平家」へ一直線という感じです。

頼朝の助命も、常盤のことも、このドラマ独自の理由付けで決めましたね。
余裕綽々の清盛が宮中を闊歩して、滋子が注目される次回へつづくとは、面白い引きでした。
| ふるゆき | 2012/07/16 10:57 PM |









この記事のトラックバックURL
http://furuyuki.jugem.jp/trackback/1203
トラックバック
2012/07/15 10:31 PM
源氏の義朝(玉木宏)は敗れた。京で平氏の清盛(松山ケンイチ)は、尾張の地で義朝が 果てたことを知るが、嫡男・頼朝(中川大志)を何としても捜し出せと命ずる。 その頃、鬼若(青木崇高)にかくまわれ...
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/07/15 10:59 PM
大河ドラマ「平清盛」。第28回、友の子・友の妻。 平治の乱が終わり、戦後処理に入ります。 友の子・源頼朝と友の妻・常盤についての話。
センゴク雑記
2012/07/15 11:01 PM
友の子を助けて、友の妻をモノにして?いやああ、それはどうなんでしょう清盛様。後々を考えたら、その選択は命とりなのではないかしらあああっ??? とうとうここまで来ちゃいましたねええ。本日で左馬守様ご退場で、頼朝様は島流しで、常盤様が・・はあああああっ!
真田のよもやま話
2012/07/15 11:25 PM
大河ドラマ「平清盛」第28話は平治の乱に敗れた義朝は東国へ落ち延びるが途中で頼朝ははぐれてしまった。一方首謀者の藤原信頼らの処分は後白河上皇が処分を清盛に一任し、清盛 ...
オールマイティにコメンテート
2012/07/15 11:46 PM
第二十八回「友の子、友の妻」   
またり、すばるくん。
2012/07/16 6:04 AM
  第二十八回「友の子、友の妻」清盛は平治の乱の首謀者である藤原信頼を斬首にした。武士の判断により貴族が処分できるほどに、時代は変わっていた。東国へ源頼朝らと落ち延びよ...
日々“是”精進!
2012/07/16 11:51 AM
『平清盛』第28回「友の子、友の妻」 『友の子、友の妻』というサブタイトルからして、なんかイマイチ・・・。 −◆− 謀反人の藤原信頼(塚地武雅)と成親(吉沢悠)逮捕。 成親は清盛との地縁血縁のおかげで命拾い。 一方、命乞いする信頼(塚地)に対して
世事熟視〜コソダチP
2012/07/16 2:01 PM
保元の乱の直前辺りから、別のドラマのように面白くなっている。 しかし、1話ごとに区切って観ると評価は高いが、ドラマの繋がりを考えると、不満(疑問)点は多い。  先週から今週について言うと、清盛(松山ケンイチ)と義朝(玉木宏)の一騎打ち(前話単独で観て
英の放電日記
2012/07/16 2:18 PM
【第28回の視聴率は、7/17(火)追加予定】 源義経役、神木隆之介君が演じるそ
ショコラの日記帳・別館
2012/07/16 2:18 PM
【第28回の視聴率は、7/17(火)追加予定】源義経役、神木隆之介君が演じるそうです。神木君は、2005年の大河ドラマ『義経』でも滝沢秀明演じる義経の幼少時代を演じており、別作品で...
ショコラの日記帳
2012/07/16 7:39 PM
今週も『平清盛』のお時間です♪ あらすじ・・・・
みはいる・BのB
2012/07/16 8:04 PM
清盛 「お前がおらぬこの世で、武士が頂に成る世を築いていかねばならぬ」「乗り越えてこその武士じゃ!」「その時こそ思い知れ!指をくわえて眺めておれ!」 こういうの、クサイですか…? 私はここ、感...
青いblog
2012/07/16 9:29 PM
平治の乱も終わり、義朝たちは敗れ去ります。つい先日まで生き生きと生きてきた義朝が落ち武者のように山林を配送する姿を見ると、なんだか胸が痛くなるとともに1つの時代が終わったのだと改めて感じます。山林の中で頼朝がはぐれなければきっと後の時代が作り出されな
あしたまにあーな
2012/07/17 1:40 PM
「正清、木登りはお終いじゃ!!」、その一言で義朝が死を覚悟したと悟った 正清。 何とも美し過ぎる主従関係です 義朝は武士として潔く死のうとしたのでしょうが、清盛は違います。 美しく死ぬより生き続ける方が苦しいと&hellip; 義朝にとっては千載一遇のチャ
函館 Glass Life
2012/07/18 10:57 PM
「平清盛」第28話の感想です。今週はとうとうあの人が退場です。うう…カムバーック!正清ーっ!!(<そっちかよ)
Flour of Life