Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『平清盛』 第26回「平治の乱」
JUGEMテーマ:大河ドラマ
平治元年12月、ついに 争乱が勃発しました。
後白河上皇は、信西におくられた「長恨歌」絵巻をみていて、ちょうど安禄山の反乱のところ。
そこへやって来た信頼は、上皇に避難をすすめます。
同時に、上西門院のもとへも正清が。

信西の妻の朝子は、ただならぬ気配を感じ、ひとり抜け出しました。
こうして上皇や門院は、反乱軍に幽閉されます。
しかし、後白河上皇は悠然と絵巻物を読み続けました。

平氏の館に駆け込んだ朝子は、夫を助けてくれるよう懇願。
ただちに伊藤忠清が、熊野の清盛一行に注進します。
が、参詣目的の平氏一門は武装しておらず、困惑するのみ。
そのとき、家貞が万一に備え鎧や弓矢を用意しておきました、と申し出ます。

これに元気づいた清盛たちは、京へ向けて進発。
盛国らの留守衆は、ひとまず情勢を見ると決めますが・・・・・・。
かろうじて屋敷を脱出した信西に、はやくも追っ手がせまっていました。
信西は、山中で穴を掘らせ、従者たちを去らせます。
が、師光だけは去ろうとしません。
信西は、主君の無事を祈るため髪を切った師光に、西光という名をあたえました。

仮陣営で、重盛は清盛に疑問を投げかけます。
信西が滅んでから、慎重に準備して源氏と雌雄を決するほうがよいのでは、と。
しかし、清盛は初めて信西と会った日以来、何度となく彼に叱咤され、教えられてきたことを回想。
「信西は我が友、助けにまいるのだ!」と叫びました。
そのころ、穴に潜んだ信西に危機が・・・・・・。

長く穴にひそんでいた信西は、衰弱がひどくなり、とうとう夢をみます。
それは、京にもどった清盛が駆けつけて、穴の上から笑顔で手をさしのべてくれるというもの。
しかし、夢うつつで喜びながら握った相手の顔は清盛でなく、追っ手の武者でした。
瞬時に覚悟を決めた信西は、「いま、自分が何者かわかった。われは信西入道ぞ!」と叫び、引き抜いた小刀で自決したのでした。
そのありさまを、西光は一部始終、近くでみていました。

ようやく清盛は、京に入ったものの、驚愕する光景を見ました。
それは、館の木の上にさらされた信西の首を、かつて米をもらった民衆がおがむ姿でした。
清盛は号泣し、復讐を誓います。
「平氏は、源氏をほろぼす!」と。
同じころ、義朝もその陣営で「源氏は、平氏をほろぼす!」と叫んでいました。

ついに両雄の対決です。
この中盤のクライマックスは、見のがせませんね。

posted by: ふるゆき | 平清盛 | 22:04 | comments(6) | trackbacks(18) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:04 | - | - |
ついにクライマックスですねぇ…
クライマックスと言う事は、それなりにキャストが去っていくと言う
ことでもあり…当たり前だけど、これが大河の寂しい所でもあります。

本日はついに、ずっと清盛と未来を夢見てきた信西が…。
坊主が自ら首を斬るとはありえないほどの勇気がいる事だったでしょう。
阿部サダヲさんの演技、素晴らしかったです。
| くう | 2012/07/02 1:45 AM |
清盛が信西との出会いを語り、
信西もまた清盛との出会いを思い出す…
こういった演出、嫌いではないです♪
信西の最期は切なかったですね。

次回はいよいよ清盛と義朝の対峙…
期待したいです!
| BROOK | 2012/07/02 6:17 AM |
くうさん、いつもありがとうございます。
ほんとうに大河のクライマックスは、それまで親しんだキャストさんが何人も去っていくことが多いですね。
さびしいけど、これもまた醍醐味と思いたいです。

信西は、脚本的にすこしキャラがぶれた気がしますが、阿部サダヲさんの演技にブレはまったくなく、最後まで見ごたえありました。
何年かしたら、また大河に出てもらいたい俳優さんのひとりになりました。
| ふるゆき | 2012/07/02 6:40 PM |
BROOKさん、今回もありがとうございます。
今回も回想シーンが効果ありましたね。
若き日の出会いから、清盛が信西に教えられてきたことを思い出して駆け、信西もまた穴の中で、昔のように清盛が手をさしのべてくれると信じる演出は、わかっていても感動がありました。

義朝は、とうとういくところまでいった感じですが、来週は清盛との全面対決。
おそらく、これまでの回想から源平両軍の激闘まで、かなり盛り上げてくれると期待して待ちたいですね。
| ふるゆき | 2012/07/02 6:46 PM |
ご訪問、遅くなってしまって、すみません。
昨日は、田舎の義母が介護施設に入ってしまったので、お見舞いに行き、帰りが遅くなってしまいました(汗)

穴にひそんでいた信西が昔、清盛と出会った時の事を思い出しているシーンは良かったです。

坊主が自ら首を斬ったのは、ドラマの創作ではないかと思うんですが、潔さが出て、カッコいい最期でした。

穴に隠れていたのは本当のようなので、それに合わせて、出会いのシーンを作ったのではないかと思いました(^^)

阿部サダヲさんの演技は、私も素晴らしかったと思います。
また、名役者さんが一人去ってしまいました。
もうすぐ玉木さんも去ってしまいそうなので、悲しいです(^^;)

| ショコラ | 2012/07/04 7:13 PM |
ショコラさん、コメントもありがとうございます。
お見舞いに行かれたりお忙しいのに、遅いなんてことのない返信を下さり恐縮です。

信西と出合った夜の回想シーンは、いま見ると懐かしいですね。
都のはぐれ者だった二人が、いまや強権政治家と武門の棟梁。時の流れは早く不思議ですね。

阿部サダヲさんにつづいて玉木宏さんがキャストからいなくなったら、このドラマの魅力が減っていきそうで、いまから心配です。
| ふるゆき | 2012/07/05 6:34 PM |









この記事のトラックバックURL
http://furuyuki.jugem.jp/trackback/1197
トラックバック
2012/07/01 10:41 PM
大河ドラマ「平清盛」。第26回、平治の乱。 藤原信頼・源義朝が信西を急襲。 平治の乱、始まる。
センゴク雑記
2012/07/01 10:56 PM
まだ信西死んでないのに回想入れない方がいいのでは… 先週も回想回だったから、今日は時系列のみで勢いで押した方がいいのでは… …なんて思いましたが、残酷な結末の前フリとしては、親切だったかな。 可...
青いblog
2012/07/01 11:02 PM
第二十六回「平治の乱」   
またり、すばるくん。
2012/07/01 11:02 PM
7月!もう今年が半分過ぎちゃって政権与党様分裂が確実なものになってレバ刺しも規制されちゃってもう大変な第3クールに突入!・・・脈絡もなく支離滅裂でしたか?こりゃ失敬!いやあ、何だかでもアタフタしちゃって、おほほほほ。とにかくさんかく四角い仁鶴、いよいよ
真田のよもやま話
2012/07/01 11:03 PM
義朝(玉木宏)は信頼(塚地武雅)と手を組み、ついに決起した。後白河上皇(松田翔太)と 二条天皇(冨浦智嗣)を幽閉した義朝は、逃げた信西(阿部サダヲ)を追撃しながら、熊野詣で 中の清盛(松山ケン...
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/07/01 11:05 PM
平清盛ですが、清盛(松山ケンイチ)が熊野詣に行っている間に大変なことが起こってしまいます。源義朝(玉木宏)が信西(阿部サダヲ)の首を狙って謀反を起こしますが、重盛は別に不思議でもないと思います。信西は義朝に父親を殺させた挙句、冷遇していたわけで、義朝
一言居士!スペードのAの放埓手記
2012/07/01 11:44 PM
うむむ・・・ 清盛が熊野詣へ行った隙に兵を挙げるとは!! やっぱ、信西は悪左府並みの賢さで、 ビシバシ役立たずを罷免してたから恨みをかっちゃいましたね。 義朝は武士の世にするためには坊主の政...
よくばりアンテナ
2012/07/02 12:34 AM
低視聴率で話題の「平清盛」第26話を見ました。いろいろ言われてるけど、ケンイチさん主演のドラマが視聴率獲れないのはいつものことだから、もう気にしないことにしたの…
Flour of Life
2012/07/02 6:05 AM
  第二十六回「平治の乱」1159年、信西のもとで不遇にあった義朝は藤原信頼と結託、ついに決起する。義朝は後白河上皇と二条天皇を奪い幽閉した後、三条殿に火を放つ。義朝の...
日々“是”精進!
2012/07/02 6:06 AM
大河ドラマ「平清盛」第26話は義朝が信西の強引な政治で冷遇された事で藤原信頼らと結託し後白河上皇並びに二条天皇を幽閉し謀反を起こした。信西はこの謀反を察知して逃げるが ...
オールマイティにコメンテート
2012/07/02 7:40 AM
平治元年、ついに平治の乱勃発。 信西は敵を作りすぎたか。 朝廷の反信西勢力と、信西から冷遇されていた義朝が結びついて起こったクーデター。 清盛が朝廷を後にした後に起こったことから、それなりに計算...
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
2012/07/02 1:04 PM
『平清盛』第26回「平治の乱」 「平治の乱」「信西自刀」、それなりに盛り上がるはずなのに、どうしてこうもメリハリの無い展開になるのかなぁ?? 平清盛(松山ケンイチ)vs 源義朝(玉木宏)の”一騎打ち”に至る次週『宿命の対決』への、”つなぎエピソード”
世事熟視〜コソダチP
2012/07/02 9:14 PM
今週も大河ドラマ『平清盛』のお時間です。 あらすじ・・・・・
みはいる・BのB
2012/07/03 10:42 AM
鬼のいぬ間に一方的に始まった平治の乱、最大の武士集団・平家が いないのですから義朝が勝つのは当たり前 ドラマでは重盛も清盛に同行していた様に描かれていましたが、実際 は六波羅に重盛は居たのです。 そもそも熊野へ行くのに大軍を擁する必要がありません。
函館 Glass Life
2012/07/03 10:39 PM
今回は平治の乱の前半部分だが、私が日本史に疎いせいかその背景がわかりにくかったが、それはさておき、今回の主題は信西の最期。 1信西と清盛の友情……「おれは誰なんだ?」「誰でもよ〜い」  信西(阿部サダヲ)の窮地に、「平清盛は断じて友を見捨てぬ!」と駆
英の放電日記
2012/07/03 11:42 PM
熊野詣に出立した清盛の不在を狙って 遂に信西へ牙をむく義朝---- 義朝に信西殿を殺させてはならぬ--!! 信西のせいで重い十字架を背負った清盛。でも彼を走らせたのは--- 「国を変える----!」信西の...
shaberiba
2012/07/04 7:00 PM
「平治の乱」第26回の視聴率は、前回の10.1%より大幅に上がって、13.2%(関東)でした♪最低視聴率だった前回より3%以上も上がって、すごいです(^^)第19回(5月13日...
ショコラの日記帳
2012/07/04 7:00 PM
「平治の乱」 第26回の視聴率は、前回の10.1%より大幅に上がって、13.2%
ショコラの日記帳・別館