Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『平清盛』 第25回「見果てぬ夢」
JUGEMテーマ:大河ドラマ
保元四年、二条天皇が即位したあと、朝廷内部はまたも分裂。
こんどは帝による親政派と、後白河上皇の院政派が争いはじめます。
そんな状況のなか、信西はさらに強大な権力をふるうことに。

後白河派の筆頭たる信西を、解任されたりした多くの者が憎んでいました。
そのころ、上皇の寵臣で中納言だった信頼を、もっと位階を進め近衛大将に、と上皇から要請が。
信西は、にべもなくこれを却下しました。
当然、信頼は不愉快となり、義朝に接近をはじめます。

義朝は蔵人になっていましたが、躍進いちじるしい清盛とは差がひらくばかり。
そのうえ、由良の病気がひどく悪化していました。
清盛が宋の薬をどうか、と親切に言ったものの、義朝は意地で拒みます。
そんなころ、上西門院となった統子の儀式で、頼朝は清盛と初対面しました。

大物である清盛の杯に酒をつぐ役割をつとめる頼朝は、緊張のあまり酒杯からこぼします。
清盛は、「やはりもっとも強き武士は平氏じゃ。そなたのように弱き者は、平氏におらぬ!」と発言。
憤る頼朝が清盛の顔をみると、なぜか笑っていました。
後日、頼朝は父の義朝に「平清盛とは、どんな人物ですか」と尋ねました。
義朝は、遠い昔に若き清盛とくらべ馬をした日の話をします。
そのことで、頼朝は清盛が自分にかけた言葉の意味を知りました。
(こちらも同時に、あのときの義朝の笑顔は、生涯のライバルを得たうれしさの表情だったと知りました。ずいぶん長い伏線だったような・・・・・・?)

由良のようすはひどく悪化したため、ついに義朝も清盛に宋の薬をもらおうと言い出します。
しかし、これを止めたのは由良そのひとでした。
「平氏に頭をさげるなど、なりませぬ。源氏の誇りを持って生きてこられた殿が」と。
そして、義朝と頼朝にみとられて亡くなりました。
常盤は、亡き由良に手をあわせ、その子の今若と乙若もまねをします。
傷心の義朝は、また常盤のもとを訪れますが、常盤は「こちらへ来られませんよう」と言います。

信西への憎悪がつのる信頼は、とうとう義朝に彼の首をとれ、と命じました。
ことの重大さに、さすがの義朝も驚いて「そのような大それたことは・・・」と、辞去。
しかし、すでに事態は動きはじめていました。
清盛は、熊野参詣に行くことになります。
これは、遣唐使を復活する計画の祈願を信西から言われてのことでした。
留守をあずかる盛国は準備をすすめ、平氏の主力は都を出ます。

義朝は、鬚切の太刀をつけ、動員した軍勢の先頭に立ちました。
算木を並べている信西は、時ならぬ地響きに驚きます。
それは、源氏の軍勢が屋敷に乱入する音でした。
ついに、平治の乱が幕を開けます。
信西の運命は、どうなるのか。
清盛は、この急転する状況をどう乗り切るのか。
中盤のクライマックスに大きく期待です。
 
posted by: ふるゆき | 平清盛 | 21:12 | comments(8) | trackbacks(19) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 21:12 | - | - |
今回もすごい回でしたね〜。

妻が意識を無くすほど容態が悪くてもなすすべもない義朝。
頭を下げて宋の薬を手に入れようとしても、それを止める妻。
落ちぶれた一家でも誇りの中で死んでいった妻。
妻を死なせてしまった義朝の苦しみが伝わりました。
切なすぎる臨終シーンでした。

平治の乱がいよいよ見えてきましたね〜。
| くう | 2012/06/24 11:15 PM |
くうさん、いつもありがとうございます。
今回も盛り上げましたね!
病にたおれても、誇りを失わない由良が、気高くも悲しすぎる最期でした。

とりつかれたように算木をならべる信西が、その政治理念を破壊するかのような地響きに驚いて次回につづくという引きもよかったです。
これは平治の乱が相当ドラマチックに展開しそうで、まさに期待がふくらみますね。
| ふるゆき | 2012/06/24 11:43 PM |
ここで競べ馬のシーンを流し、
義朝のあのような顔を見せられては…
もう、上手い!としか言いようがありませんね。
こういった演出、好きです。

いよいよ、物語は平治の乱へ…。
次回は盛り上がること必至ですね。
| BROOK | 2012/06/25 6:32 AM |
こんにちは☆どもです。

競べ馬のシーンの回想。第三回のものを
引っ張ってきてるんだけど、
あのシーン。義朝と頼朝父子の会話を絡め
たことでいいシーンになってたなーと・・。

頼朝役の中川君、いいですよね!
束帯姿もお似合いで・・。
時々チラッと見える仕種が、この後演じる
岡田君の雰囲気に近かったりもしてて・・。

平治の乱か・・。清盛と義朝。戦わねば
ならぬのですね・・。
| bluestar | 2012/06/25 5:27 PM |
BROOKさん、今回もありがとうございます。
若き日のくらべ馬と、二人のやりとりが、ここまで伏線としてつながるとは驚きました。
こういう脚本と演出は、見事ですね。

そんなライバル同士が、いよいよ全面対決となってしまう平治の乱は、かなりの見せ場として期待できそうですよね。
| ふるゆき | 2012/06/25 6:41 PM |
bluestarさん、コメントありがとうございます。
義朝が清盛と馬を走らせた日の回想と笑顔が、まさか頼朝にまでつながるとは思いませんでした。
このドラマは、いろんな伏線がありますね。

頼朝役の中川くん、たしかに良い演技でした。
清盛の前で緊張し、そのため粗相をしてしまい、しかも傲慢とも聞こえる言葉に驚き…。
この連続シーンはもちろん、父の義朝に清盛との思い出を聞き、意外な表情の裏になっとくする頼朝少年の心理を、よく表現していたと感じます。

いま貴ブログの記事を拝見しましたが、くわしい史実や新たなキャスト情報など、とても参考になり、楽しみが増しました。
| ふるゆき | 2012/06/25 6:50 PM |
>病にたおれても、誇りを失わない由良が、気高くも悲しすぎる最期でした。

本当に、由良、気高くて、切ない最期でしたね。
悲しみながらも何もできない義朝や、清盛の前でビビる頼朝など、負け組み源氏の悲哀、うまく描けていたと思います。

なのに、なぜか視聴率は最低視聴率だったんですよね(汗)
「梅ちゃん先生」の半分以下の視聴率なんて、ほんと視聴率、不思議です(^^;)
| ショコラ | 2012/06/30 11:56 AM |
ショコラさん、TBにコメント、ありがとうございます。
順風な平氏より、凋落気味の源氏のほうがドラマ的には注目してしまいますね。

こんなに面白くなっているのに、視聴率がふるわないのは残念です。
やはり最初のほうで離れた視聴者を呼び戻すのは難しいのでしょうか。
| ふるゆき | 2012/06/30 2:46 PM |









この記事のトラックバックURL
http://furuyuki.jugem.jp/trackback/1194
トラックバック
2012/06/24 9:29 PM
出世を果たしていく清盛(松山ケンイチ)と、父・為義(小日向文世)を犠牲にしても 身分が上がらない義朝(玉木宏)。信西(阿部サダヲ)の策略の犠牲になった義朝の心に 無念が渦巻き始める。 一方、...
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/06/24 9:29 PM
おおお!今日の平清盛は面白かったよ!! 軸になるものは何なのか、清盛の物語を初心に帰ったように描けていたから。 清盛が汚い頃に、これをやらなさすぎたと思うんですよ。 忠盛が多く映ってる頃は、平...
青いblog
2012/06/24 9:39 PM
平清盛ですが、驕る信西入道(阿部サダヲ)の栄耀栄華も槿花一朝の夢とあいなります。後白河院(松田翔太)の後ろ盾で国家予算も割り箸のように自在に扱いますが、遣唐使を復活させたいと夢も語ります。 信西入道は50歳くらいだそうですが、とんち小坊主にしか見えませ
一言居士!スペードのAの放埓手記
2012/06/24 9:42 PM
今回は少しばかり見所が多かったように感じます。というのも生きるのに必死であり、何とか自分の一族の誇りを取り戻し、自分たち中心の世の中にしようとする源氏の思いが強烈に全面に出たからでしょう。そのくらい今回の玉木宏さんの演技は迫真に迫っていたような気がし
あしたまにあーな
2012/06/24 9:55 PM
第二十五回「見果てぬ夢」   
またり、すばるくん。
2012/06/24 10:01 PM
中途半端な引き眉を叱ったドランクドラゴン塚地武雅。 端役かと思ったら毎回登場の上に、えらい重要な役割。 よう考えたら藤原信頼って平治の乱を起こした張本人だからね。 その藤原信頼が狙った「近衛大将」の唐名こそが 「幕府」 なんですな。 まあこれが、最近の教
しっとう?岩田亜矢那
2012/06/24 10:29 PM
まだ、保元の乱が終わって間もないのに、 もう来週は平治の乱ですよ! 急速な展開なのですが、 いたって穏やかに、争いの火種が大きくなっていくのですねぇ。 信西の勢力は日増しに大きくなり、 良...
よくばりアンテナ
2012/06/24 11:19 PM
大河ドラマ「平清盛」第25話は信西の後ろ盾を持つ清盛は出世を続けていくが、義朝は身分の上がらないままの状況にありますます平氏と源氏の差が広がり続けていた。そんな中義朝 ...
オールマイティにコメンテート
2012/06/25 12:22 AM
USJ旅行から帰ってすぐに、「平清盛」の25話を見ました。そしてもちろん、その前に…むふふ
Flour of Life
2012/06/25 12:59 AM
大河ドラマ「平清盛」。第25回、見果てぬ夢。 見果てぬ夢ってのは誰のものなのか。 視聴前はそういう感じですが、視聴した後の感想・・・ 平治の乱の主要人物全員だね、これw
センゴク雑記
2012/06/25 2:15 AM
オレは賭けるぞ、信西の国作りに!! そしてソコで あいつ(義朝)を、待つ----------!! 平氏は強い!そなたのような弱き者を抱えた源氏とは違う---! その言葉に 悔し涙を見せた頼朝。(きれいな子...
shaberiba
2012/06/25 6:11 AM
  第二十五回「見果てぬ夢」出世を果たしていく清盛と、父を犠牲にしたにもかかわらず、身分の上がらない義朝。いつしか義朝は自らを軽んじる信西に不満を抱くようになる。後白河...
日々“是”精進!
2012/06/25 6:54 AM
ここ何回か本当にめっさ面白いんですけど!伏線も回収されてきましたし、清盛様もそれなりの人物に描かれてまいりましたし、いろいろ得心が行きまして腑に落ちること腑に落ちること。いろいろありましたけどやっぱり見続けてよかったなああって〜。
真田のよもやま話
2012/06/25 5:43 PM
清盛と義朝  清盛(松山ケンイチ)と義朝(玉木宏)、平氏と源氏を対比させることで、義朝の苦悩、決意を描き、義朝の心が平治の乱の動きに傾いていくのが主題であった。 ?殿上の闇討ち(第4話)での誓い 武士(平氏と源氏)の悲願は両者の父、忠盛(中井貴一)と為
英の放電日記
2012/06/25 5:50 PM
平治の乱へのプロローグとしてドラマはかなり面白くなってきましたが、 どうも清盛と義朝の対立がメインに描かれている気がしてなりません 清盛が主人公なので仕方の無い事なのかも知れませんが&hellip; それにしても宋の使いと中国語で話す信西役の阿部サダヲ
函館 Glass Life
2012/06/25 8:58 PM
今週も『平清盛』のお時間です♪ あらすじ・・・・・・
みはいる・BのB
2012/06/26 10:52 AM
『平清盛』第25回「見果てぬ夢」 最初の方で、信西(阿部サダヲ)が淡海(たんかい)という宋の僧侶と会ったとき、宋の言葉を堪能に操り、知識にも長けている様子が描かれ、信西が”遣唐使再開”に備えていることが明らかに・・・。 この場面、信西の妻・朝子(浅
世事熟視〜コソダチP
2012/06/30 11:57 AM
「見果てぬ夢」第25回の視聴率は、前回の12.1%より下がって、10.1%でした(関東地区)。ここのところ、連続して、少しずつ上がってきていたのに、今回、一気に下がってし...
ショコラの日記帳
2012/06/30 11:57 AM
「見果てぬ夢」 第25回の視聴率は、前回の12.1%より下がって、10.1%でし
ショコラの日記帳・別館