Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『平清盛』 第21回「保元の乱」
JUGEMテーマ:大河ドラマ
保元元年7月11日、いよいよ双方は戦に突入。両陣営の判断が明暗をわけます。
上皇方では、鎮西八郎為朝が献策した夜襲案を、頼長はあっさり却下。
その理由が、そんな姑息な戦法は愚策という、いかにも彼らしいものです。

ところが帝方の義朝が同じ案を出すと、信西はただちに採用。
かくて、いさんだ義朝と平氏をたばねる清盛は出陣します。
ここに両派の武士は夜戦で激突。
ただし頼盛は迷っている姿勢のためか、清盛の命で戦列からはずされました。

義朝は賀茂川を越えて進軍すると、弟の頼賢と遭遇。
「弟殺しで父上には不孝な兄上か。よくも顔が出せたもの」と非難されました。
返答代わりに義朝の射た矢が、頼賢の郎党を倒して、両軍は交戦状態に。
伊藤兄弟は、為義の守備する門に到着。
ここを守る鎮西八郎の矢は、さすが恐ろしい破壊力。伊藤忠直は射殺されました。

いっぽう、清盛の前には叔父の忠正が立ちはだかります。
ついに一門同士の激しいたたかいが勃発。
まず矢を合わせ、つぎは太刀でつばぜり合いを。
清盛の宋剣が忠正の太刀を折っても、また代わりの太刀をとって再度たたかいます。
これに業を煮やした兎丸は、「いつまでやっとんじゃ」と、配下をつれて去りました。

鎮西八郎に、鎌田正清が挑みますが、やはり為朝が有利。
ここで、為朝の強弓を、正清の父の通清が身に受けます。
「急所をはずれておる」と剛毅に笑う通清は、為義に戦況報告をしたうえで息絶えました。
義朝は、攻めあぐねる味方の態勢をみて、火攻めを献策。
信西は、これさえ即座に実行させました。

ただちに火矢が雨のように降りそそぎ、上皇方の白河北殿は炎上します。
このころ、清盛らの攻める南門へ、兎丸らの大木をのせた荷車が突撃を敢行。
これを突破口に、平氏勢は門内へなだれ込みます。
頼長は、やはり公家の立場だけで武士らを見下していた限界が出たようす。
オウムを持って、悲鳴をあげながら逃げようとしますが・・・・・・。
近臣にうながされて避難する上皇から、「そなたを信じた朕がおろかだった」と言われました。

こうして戦況は一挙に攻撃側の有利へと向かいます。
若き清盛が、あの白河法皇と対面した北殿は、業火とともに焼け落ちました。
清盛は叔父忠正の名を呼びますが、答えはありません。
そして勝利のあと、源氏と平氏それぞれに待っていた運命は苛酷なものとなります。

今回は、さすがに迫力のある合戦シーンが連続しました。
五分五分の乱戦のとき、義朝勢に兵庫守頼政が援軍として来たのも面白かった。
この人物は、平治の乱、さらにはのちの源平合戦期に重要な役回りで再登場します。
次回の戦後処理も、さまざまな見せ場がありそうです。

 
posted by: ふるゆき | 平清盛 | 22:48 | comments(6) | trackbacks(18) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:48 | - | - |
なかなかに迫力ありましたよね〜^^
さすがの映像、やはりこの大河は美しいです。

しかし、肝心の演出の方では若干ぐだぐだ感が^^;
大事な家臣を殺されて、しかも劣勢の状態にやけになって
息子に斬りかかっていく父・為義とか源氏の方は面白いのに、
平氏の方は叔父と甥の一騎打ち…長すぎ^^;
やはり、ちょっと今週も影が薄い主人公なのでした。

| くう | 2012/05/28 1:22 AM |
今回は合戦シーンということで、
なかなか迫力ある映像でした。
外のロケがなかったのはちょっと残念な気も…。

ちょっとツッコミどころもありましたが、
次回は戦後処理…
いろいろなことが待っていそうですね。
| BROOK | 2012/05/28 6:27 AM |
くうさん、いつもありがとうございます。
今回は最近の大河に珍しく、サブタイトルどおりの直球内容でしたね。
源氏の面々が見せる激闘、朝廷の人々の思惑や行動など、見ごたえがありました。

それなのに、仰るとおり主役がダラダラ勝負で残念です。
あんな長い対決より、一瞬駆け違うような描写のほうが、ぜったい迫力でますよね。
せっかく先週みせた悲劇性が、薄れてしまった気がしますね。
| ふるゆき | 2012/05/28 7:27 PM |
BROOKさん、今回もありがとうございます。
のちの源平合戦や戦国時代の野戦と異なり、いわば市街戦なのでスタジオ的な映像になった面もあるかもしれませんね。

長すぎる一騎打ちなどツッコミどころもありましたが、久しぶりに大河で合戦を見たようです。
来週は、かなり辛辣な戦後処理となるようすが、予告でもわかりました。
それぞれの人物の運命に注目ですね。
| ふるゆき | 2012/05/28 7:32 PM |
この戦いぶりだと、清盛300騎、義朝200騎といえども、義朝軍の方が余程活躍した感じでしたね(汗)
平氏は清盛と忠正の無駄な一騎打ちで、余程時間を無駄にしたよう(汗)
恩賞もぜひ義朝に沢山あげてほしいです(^^)

頼長と信西の比較は良かったですね(^^)
| ショコラ | 2012/05/29 6:39 PM |
ショコラさん、今週もありがとうございます。
平氏のまとまった兵力が、清盛の長すぎる一騎打ちで、ほとんど無駄に待機状態でしたね。
一番活躍したのが兎丸一党にみえたのも皮肉ですよね。

頼長と信西を、おなじ孫子の解釈でキャラ違いの演出があったのは良かったです。
このいくさが政治の延長である面も、はっきり出ていたと思います。

| ふるゆき | 2012/05/30 6:43 PM |









この記事のトラックバックURL
http://furuyuki.jugem.jp/trackback/1182
トラックバック
2012/05/27 10:52 PM
平清盛ですが、崇徳上皇(井浦新)と後白河天皇(松田翔太)の日本を二分する戦いが始まります。清盛(松山ケンイチ)や源義朝(玉木宏)は後白河側、為義(小日向文世)と忠正(豊原功補)は新院側と、まさしく親子、叔父甥など関係なく争います。 藤原頼長(山本耕史
一言居士!スペードのAの放埓手記
2012/05/27 11:19 PM
そうか〜 「もののふ(武士)」vs「もののけ(物の怪」 ってかけてたんやな〜 今頃気づいたわ。 視聴率は悪いけど、 きっどさん的にはこのところの「平清盛」大満足、 そしていよいよ前半戦のクライマックス 「保元の乱」 これまた結構リアルな平安合戦面白かった。
しっとう?岩田亜矢那
2012/05/27 11:30 PM
始まったよ〜〜〜戦だよ〜!! いよいよ保元の乱 上皇方と天皇方に分かれ、 それぞれ、戦の前のミーティング。 上皇方では為朝が、 天皇方では義朝が、夜討ちを提案しますが、 どちらも孫子の兵法...
よくばりアンテナ
2012/05/27 11:43 PM
大河ドラマ「平清盛」第21話は後白河天皇側と崇徳上皇側に分れて始まった保元の乱が幕を開けた。軍議で義朝、為朝の両軍はそれぞれ夜討ちを進言するが、崇徳上皇側の頼長は採用 ...
オールマイティにコメンテート
2012/05/27 11:49 PM
第二十一回「保元の乱」   
またり、すばるくん。
2012/05/28 12:43 AM
そなたたち武者どもの力をもって白河の北殿を落とす(それこそが) 新しき世の始まりだ----!!  その一言は武士たちの士気を上げたようですね〜〜!! うつけなんて言われてるけどなかなかどうして凄腕じ...
shaberiba
2012/05/28 1:06 AM
大河ドラマ「平清盛」。第21回、保元の乱。 公家の争いが、ついに武力衝突へ。 武士が表舞台へと出てきた「保元の乱」です。
センゴク雑記
2012/05/28 1:12 AM
ついに保元の乱開戦!後白河帝(松田翔太)対崇徳上皇(井浦新)に分かれた朝廷内争いは、 平氏・源氏の武士集団を巻き込んで京の都を二分する争いに! 清盛(松山ケンイチ)は叔父・忠正(豊原功補)と...
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/05/28 6:13 AM
戦の、始まり… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201205270003/ 平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-05-29売り上げランキング ...
日々“是”精進! ver.F
2012/05/28 6:13 AM
  第二十一回「保元の乱」1156年(保元元年)7月10日深夜、のちに保元の乱と呼ばれる一戦が始まった。後白河天皇側では軍議が行われ、源義朝の夜討ちの策が採用される。ライバルに...
日々“是”精進!
2012/05/28 6:14 AM
いよいよ来ました変革の風!っていうか戦の段!後白河帝VS崇徳院上皇の兄弟権力争いの大決戦!そもそも、院政政治で世を意のままにし、あまつさえ孫の妃に通じて内裏を乱した根本原因は今は亡き白河院様!白河院様から見たら子と曾孫の戦いでもございます。ニャンとも
真田のよもやま話
2012/05/28 10:50 AM
 肩透し、拍子抜け………  開戦直前のそれぞれの想い、軍議における信西(阿部サダヲ)と頼長(山本耕史)、清盛(松山ケンイチ)と義朝(玉木宏)、武士と貴族の対比が上手く描けていた。(本来なら、もっと詳細に書こうと思っていましたが、途中から急速に書く棋
英の放電日記
2012/05/28 12:50 PM
今週の日曜日は日帰りで大阪に行ってたので、高速バスの中からワンセグで見ました。いや、一応録画もしてあるんだけど、家に着くまで待ちきれなくて…。
Flour of Life
2012/05/28 9:38 PM
はい今週も『平清盛』のお時間です。 あらすじ・・・・・・
みはいる・BのB
2012/05/29 6:31 PM
「保元の乱」視聴率、裏の『ロンドンオリンピックバレーボール世界最終予選』(23.3%)に食われてしまったのかもしれません。第21回の視聴率は、前回の11.8%より下がってしまい...
ショコラの日記帳
2012/05/29 6:31 PM
「保元の乱」 視聴率、裏の『ロンドンオリンピックバレーボール世界最終予選』(23
ショコラの日記帳・別館
2012/05/30 6:27 PM
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/松田翔太/山本耕史/西島隆弘/田中麗奈/武井咲/小日向文世/和久井映見/阿部サダヲ/中村梅雀/井浦新/上川隆也 第21回 「保元の乱」 % ついに保元の
to Heart
2012/06/01 11:58 AM
うん。なかなかカッコ良かったと思います。 でもなー せっかく怪物が矢を引いて、二人貫通して「うぉっ」ってなるのに、バトルの最中に、長々とした解説や、家で待つ女性陣にカメラに移動して、ちょっと気...
青いblog