Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『平清盛』 第20回「前夜の決断」
JUGEMテーマ:大河ドラマ
鳥羽院の亡き後、都の情勢はいちだんと険悪に。
ついに考えを決めた清盛は、平氏一門の結束を強化しますが・・・・・・。
ところで、西行が偶然この場にあらわれ、もと北面の武士として仕えた方に歌を詠みました。

崇徳上皇に頼長が急速接近。
手をたずさえ、天下の権をとりもどすべく行動を起こします。
これを知った信西は、もはや何の遠慮もなく、「上皇様と頼長殿に謀反の疑いあり!」と断言。
諸勢力は、このアピールを受け、それぞれの活動を開始しました。

平氏は、清盛の意志でどちらにも組せぬまま、両派をじらします。
この争乱で勝つのはもちろん、今度こそ公卿に列せられるための布石でした。
そんな清盛のもとに、ついに信西が来訪して、後白河帝のもとに案内します。
後白河帝は、清盛が恩賞をつりあげていると見抜き、そなたの思い通りにはならん、と発言。

しかし、このあと清盛は帝と信西のがわにつく、と宣言しました。
反発する頼盛にたいし、あのお方は今の武士の価値をわかっている、と説きます。
なぜか忠正は沈黙したままでしたが、家貞はその真意を理解しているようでした。
ただ、若い頼盛は、ほんとうに分派活動を開始。

いっぽうの源氏は、とうとう為義のもとに集う主流と、義朝のひきいる一派とに分裂しました。
義朝は、洛中の屋敷にいる常盤と子供たちを、由良御前のいる館に避難させます。
由良そのひとは、これを寛大に受け入れますが、息子の頼朝は複雑そう。

平氏のなかでも、叔父の分派が、はっきりします。
彼の伝言として頼盛は、「お前とわしに絆など、はなからありはせぬ!」と言い放ちました。
かくて朝廷の争いにくわえ、摂関家と源氏と平氏、それも同族が両派にわかれ戦う図式となります。
為義のもとには、強弓の鎮西八郎為朝も参陣。
しかし、鎌田正清は、為義と父の示唆もあり、義朝のもとに馳せ参じるのでした。

いよいよ保元の乱が幕を開けます。
今回は清盛も棟梁らしい貫禄と駆け引きを見せました。
壮絶な戦いとなるようで、来週に注目です。

 
posted by: ふるゆき | 平清盛 | 22:08 | comments(6) | trackbacks(18) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:08 | - | - |
も〜ほんっと今回は面白かったです〜。
前年の大河は、いくさって何?みたいな状態だったので、
こういう盛り上がりは久々ですね。

しかも、それぞれのシーンに複雑な人間模様があります。
素晴らしいですね。

忠正おじの言葉にも、最後の笑顔にも泣けました。
源氏側にも父子の別れがありました。

みんなみんな無事でまた会えると良いね…と史実が無ければ
言いたい所ですが…(;_:)

さて、いよいよ来週は戦です。
| くう | 2012/05/21 1:00 AM |
嵐の前の静けさではなく…
最高に盛り上がってきましたね♪

今回の忠正の裏切り…
そして、清盛と平氏一門を思う彼の考え…
最後、空を見上げての笑顔が最高でした。

次回の保元の乱、楽しみにしています。
| BROOK | 2012/05/21 6:26 AM |
くうさん、いつもありがとうございます。
本当に今回は良かったですよね。

源氏も平氏も、それぞれの立場や心情をかかえた人間模様は、じつに見ごたえがありました。

そうそう、忠正おじうえの表情、「絆など、はなからないわ!」と頼盛に言わせたセリフを内心でかみしめながら、覚悟した笑顔になるシーンは泣けましたね。
ようやく棟梁らしくなってきた清盛のようすとあわせ、次回の期待度がぐっとアップです。

| ふるゆき | 2012/05/21 7:03 PM |
BROOKさん、今回もありがとうございます。
たしかに嵐の前の静けさでなく、すでに強風が吹き荒れる回で、みて驚きました。
この調子でいってもらいたいです。

平忠正といい、鎌田正清といい、それぞれの思いをキャスト陣が熱演して、盛り上がりがうれしいです。

こういう前夜の様相や伏線がそろうと、いよいよ保元の乱というドラマ前半のクライマックスが楽しみになってきました。
| ふるゆき | 2012/05/21 7:08 PM |
忠正、素敵でした♪(^^)

いよいよ次回は保元の乱ですね。
今回は視聴率、イマイチでしたが、次回はきっと盛り上がると思います♪(^^)
| ショコラ | 2012/05/23 12:46 PM |
ショコラさん、今週もありがとうございます。
忠正のラストで見せた笑顔、まさに覚悟を決めた男のものでしたね。

源氏も平氏も、そして朝廷の面々も、それぞれの立場や主張をいだいて行動する…。歴史劇として当然なんですが、それのお留守な作品が何年も続いたので、これこそ大河だと次週を待つワクワク感が高まります。
| ふるゆき | 2012/05/23 6:47 PM |









この記事のトラックバックURL
http://furuyuki.jugem.jp/trackback/1179
トラックバック
2012/05/20 10:49 PM
平清盛ですが、保元の乱の前夜ということで日本は真っ二つに分かれて、親兄弟も関係なく争います。血で血を洗う凄まじい惨状となっていきますが、清盛(松山ケンイチ)も能天気さが消えてしまい計算高くなられます。時忠(森田剛)大喜びです。 主流派から追われた悪左
一言居士!スペードのAの放埓手記
2012/05/20 11:00 PM
第二十回「前夜の決断」   
またり、すばるくん。
2012/05/20 11:33 PM
視聴率に悩むといわれる本作品も、前回までのようなドロドロした王家の争いから一転して戦を通じてその主導権を明らかにしようという非常にわかりやすい展開に移行していることから、見やすくなったのではないでしょうか。細かい部分を指摘し始めるときりがないので、割
あしたまにあーな
2012/05/21 12:53 AM
ついに物語は前半最大の山場・保元の乱へ!崇徳上皇(井浦新)と頼長(山本耕史)は共闘し、 後白河帝(松田翔太)と信西(阿部サダヲ)方との決戦は避けられないものになっていた。 清盛(松山ケンイチ)...
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/05/21 6:09 AM
  第二十回「前夜の決断」1156年(保元元年)、崇徳上皇たちに謀反の疑いをかけた信西は、武士たちに後白河天皇につくように命じ、決戦に備える。だが、平清盛はどちらにもつかな...
日々“是”精進!
2012/05/21 6:59 AM
男だったら!一釣り掛ける!掛けても釣れたな象を解く!ここは一丁出前一丁コクと香りのゴマラー油!決めちゃいましょう!どっちにつくのかさっさと決めちゃって海鮮!じゃなかった!開戦開戦!・・・ってなわけにはいかないの?今夜一晩が合戦前夜?ありゃ、まあ・・・
真田のよもやま話
2012/05/21 11:27 AM
大河ドラマ「平清盛」。第20回、前夜の決断。 保元の乱 前夜まで。 一族一丸となって戦いに向かおうとする清盛だが・・・
センゴク雑記
2012/05/21 2:47 PM
『平清盛』第20回「前夜の決断」 前回、HPの人物相関図の更新が滞っていることも、『平清盛』がダメ大河であることを示す一つの事象である旨を書きました。 いつまでたっても無頼の清盛(松山ケンイチ)の写真のままでしたし、新登場の人物が加筆されませんし、ひ
世事熟視〜コソダチP
2012/05/21 3:36 PM
やっと清盛がかっこよく見えてきました〜〜〜!! 保元の乱の直前、 崇徳上皇と後白河帝の間には戦をせずにはいられないような 2つに陣営が次々と分かれて、殺伐とした空気が流れてきました。 崇徳上...
よくばりアンテナ
2012/05/21 7:05 PM
視聴率低迷であれこれ言われておりますが、今週も「平清盛」見ました。もう20話、もうすぐ折り返し地点だと思うとさびしいです。
Flour of Life
2012/05/21 9:26 PM
 今回が一番面白かった。実は、ある事情で、『平清盛』の記事はやめようと思っていたのですが、それを踏み止まらせるくらいの出来でした。  清盛(松山ケンイチ)、忠正(豊原功補)、池禅尼(和久井映見)、頼盛(西島隆弘)、後白河天皇(松田翔太)、信西(阿部サ
英の放電日記
2012/05/22 10:31 AM
公式サイト 1156年(保元元年)。 上皇に近づき、治天の君の座を奪うことを説く
昼寝の時間
2012/05/22 8:36 PM
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/藤木直人/松田翔太/山本耕史/森田剛/西島隆弘/小日向文世/和久井映見/阿部サダヲ/中村梅雀/井浦新/上川隆也 第20回 「前夜の決断」 11.8% 1156年
to Heart
2012/05/22 8:42 PM
一日遅れになりましたが、『平清盛』のお時間です。 あらすじ・・・・
みはいる・BのB
2012/05/23 12:40 PM
「前夜の決断」 第20回の視聴率は、前回の14.7%より急落してしまって、11.
ショコラの日記帳・別館
2012/05/23 12:40 PM
「前夜の決断」第20回の視聴率は、前回の14.7%より急落してしまって、11.8%でした。最低視聴率の11.3%に次ぐ低い視聴率です。視聴率、最近、持ち直しかけていたのに、残念...
ショコラの日記帳
2012/05/23 7:45 PM
いよいよ保元の乱へ…! でもその前に、それぞれの家族達の亀裂。 身内どうしで争うことになる運命の皮肉であった…!! うん。 清盛の黒い角張った鎧がかっこよかったなー 身内に愛されてなくて打ち...
青いblog
2012/05/24 5:56 PM
後白河VS崇徳、いよいよ保元の乱が始まりそうです 後白河ではなく崇徳上皇の息子・重仁親王を即位させていれば 保元の乱は起きなかったかも知れません。 重仁親王は美福門院得子の養子となっており養母にあたる美福 門院得子も我が子同然に可愛がっていたと言われて
函館 Glass Life