Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『平清盛』 第14回「家盛決起」
JUGEMテーマ:大河ドラマ
家盛は、幼いころ庭の木から落ちて、母の宗子が清盛を叱った日を思い出します。
兄が実の兄弟ではないと知った日のことを。
それから、宗子の言うとおり、清盛を兄として立ててきましたが、ついに限界に。

清盛は、舞の稽古をしますが、素質がないのと時子の調子がはずれているのとで悪戦苦闘。
そんなところへ、藤原家成が訪れます。
そして、祭の日に舞うのは、家盛に決まったと告げました。
御輿に矢を放った事件は、まだ尾を引いていたのです。

源氏の館では、為義が義朝にうれしい知らせを。
頼長から、賀茂の祭の警護を命じられた、というのです。
が、義朝は「自分は鳥羽院に使える身。摂関家では・・・」と浮かぬ顔に。
由良御前がとりなそうとしたものの、よけいこじれてしまいました。

賀茂神社の祭当日は、やはり家盛が舞いました。
それを見ていた頼長の眼が光り、清盛と母が違うと聞いて、うなずきます。
後日、家盛には内大臣から招きがあり、平氏一門は大いに喜びました。
清盛は、不機嫌になって街へ。
すると、義朝と出くわします。

このライバル同士は、なぜか愚痴仲間になって市のはしで酒を酌み交わすことに。
酒がきれたと立ちかけたとき、貧しい身なりの娘が「酒を買ってください」と、頭を下げました。
お前が買ってやれ、いやお前だ、と言い争いを始めた二人を見て、娘は笑います。
粗末な身なりながら、美しい少女でした。
これが、のちに義朝とのあいだに義経を生む常盤の若き日の姿です。

頼長の屋敷に招かれた家盛は、舞を褒められ、平氏の跡継ぎにふさわしい、とも言われます。
「そなたのような者が、きらめくべきじゃ」とまで、賞賛されました。
こうして、家盛は従四位下右馬頭の官位をもらうことに。
後日、また頼長に呼ばれた家盛は、おおいに酒をすすめられ、深く酔いました。
「あの兄さえいなければ、と思うであろう」と耳元でささやく頼長。
そして、もうろうとした家盛を抱き寄せます。

久安5年(1149年)、鳥羽院は、熊野詣の警護を平氏に命じました。
ただし、清盛は同行を許されません。
ついに家盛と清盛は言い合いになり、決裂というべき状態にまでいきました。
御輿に矢を射たことを悔やんでいない、と言い切る清盛に、一門は畏怖をいだいています。

しかし、時子は「あなたこそ、わが光る君。それは生涯かわりませぬ」と言いました。
清盛は、おもわず時子を抱きしめます。
もっとも、これを見ていた時忠は、やってられない、とでもいう表情に。

またも家盛を屋敷に招いた頼長は、冷徹な表情で言います。
そなたが平氏の跡継ぎになれば、その財と武力は我がもの同然。そのときこそ、藤原摂関家の栄華をとりもどすのだ、と。
蒼白になった家盛は、鳥羽院に忠義をつくすのでは、と驚きますが・・・・・・。
「いまさら何を言う。そなたは平氏一門を売ったのだ」と、いう意外な言葉が返ってきたのです。
そうして頼長は冷たく笑い、家盛を抱きました。

青ざめた顔の家盛は、宗子に見送られて熊野へ出立しました。
「帰った時は、あたりまえの母として迎えてください」と、言い残して。
参詣をすませた鳥羽院の一行は、山崎にさしかかります。
その道すがら、家盛は犬を可愛がる幼い兄弟を見つけました。
まるで自分と兄の過去の姿のごとき光景に、ふと微笑が。
そのとき、家盛の体が揺れて、そのまま落馬しました。

静かに、しかし深く事態の変転をえがいた回でした。
いよいよ来週は、跡継ぎ問題に、清盛の心理に、ひとつの決着がつくのでしょうか。
posted by: ふるゆき | 平清盛 | 21:38 | comments(8) | trackbacks(22) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 21:38 | - | - |
こんばんは。
本当に今夜は頼長の独壇場。鳥羽院といい頼長といい、ここぞと言うところでちゃんと仕事できる人が、面白い位置でキャラを作ってくれて、脚本を助けている気がします。

ただ、もうそろそろ、時子さんは光るの光らないのと言わせるのはやめればいいのに・・・
| 悠雅 | 2012/04/08 10:34 PM |
悠雅さん、いつもありがとうございます。
先週も今週も、きっちりキャラを立てる芝居の方々が、それぞれの見せ場でストーリーを進めていますよね。

時子は、もうああいうキャラ立てしかできない脚本なのでしょうか?
でも、弟の時忠が清盛と抱き合う姉をみて、「なんだかなぁ」みたいに顔をしかめていたのは面白かったです。
| ふるゆき | 2012/04/08 11:04 PM |
清盛と家盛の幼い日の木登りの記憶と落馬がリンクするシーンは
なかなか演出的に面白かったです。

あとは、もう今回は悪内府に持って行かれる形に〜^^;
常盤御前なんてスッカリ記憶の彼方に行っちゃってました( ̄∇ ̄;)

私も、時子様にはいい加減「光る光らない」は止めていただきたいですが…
清盛の臨終までやり続けるのかしら、これ。
| くう | 2012/04/09 12:42 AM |
家盛はまんまと頼長に騙されてしまいましたね…。
家盛もこんなにも簡単に騙されるようでは、嫡男としての自覚がないような気もしました。

次回は平氏一門に“嵐”が起こるようで、
清盛がどう収めるのか、期待したいです。
| BROOK | 2012/04/09 6:39 AM |
こんにちは♪
今回、清盛が弟に嫡男を譲ったので、良かったです(^^)
ようやく主人公に嫌気がしないで見れました(笑)

今回は頼長が光ってましたね。
BL効果か視聴率が上がって良かったです(^^)
| ショコラ | 2012/04/09 12:20 PM |
くうさん、今週もありがとうございます。
幼い日の思い出に、山崎街道で犬をかわいがる兄弟、屋敷でわが子の木登りを見守る清盛と、三段重ねのシーンできましたね。

しかし悪左府の謀略は強烈でした。
おっしゃるとおり、前回の鳥羽院につづき、ほとんど持っていってしまいましたから。

時子はワンパターンですが、ああいう感性の持ち主なんでしょうがないんでしょうか。
前回の若き弁慶につづいて登場した常盤は、いわば義経の登場に期待を持たせるキャラなんでしょうか?
このドラマだと、そのヒーローが出ても、汚い姿でうろつきそうで怖いです。
| ふるゆき | 2012/04/09 7:15 PM |
BROOKさん、今回もありがとうございます。
家盛はいかにも純粋な人柄だけに、頼長の手練手管には簡単なくらいワナに引っかかりましたね。

あの忠盛でさえ心が揺れるような危機が一門に起きたのですから、いいかげん主人公にしっかりしてほしいです。
でないと、保元の乱に進むこともできませんよね。
| ふるゆき | 2012/04/09 7:19 PM |
ショコラさん、コメントもありがとうございます。
たしかに家盛は、嫡男をめざすわりに考えが足りませんでした。
でも、もともと兄と仲が良く、それ以上に母親思いの子なので、視野狭窄におちいったんでしょうね。

清盛は、やっぱり幼い日からともに育った家盛の離反がショックだったのと、それでも実の弟のようにかわいい気持ちは失せてないので、嫡男の座はゆずる、と言ったんでしょうね。

あのシーンや、山本さんの演技で少し回復した視聴率ですが、かんじんの主役とドラマの魅力が積み重ならないと、一時的なことで終わるようで不安です。
| ふるゆき | 2012/04/09 7:24 PM |









この記事のトラックバックURL
http://furuyuki.jugem.jp/trackback/1162
トラックバック
2012/04/08 9:44 PM
第十四回「家盛決起」   
またり、すばるくん。
2012/04/08 10:00 PM
検非違使庁から戻った清盛(松山ケンイチ)を待っていたのは、弟・家盛 (大東駿介)の反逆ののろしだった。 “祇園事件で世を騒がせた清盛を嫡男とは認めない”と家盛は決起する。 そのことに目をつけた...
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/04/08 10:13 PM
決起!ですか・・・。いえ、あのおとなしそうな人がと思えばまああれですけど、兄弟で戦をしたり殺しあったりするわけではないんでしょう?いつぞやの武田家のように父を追放してお館の座に就こうというわけでもないんでしょう?いまいちこう・・・ねえ。まあそこら辺を
真田のよもやま話
2012/04/08 10:36 PM
大河ドラマ「平清盛」。第14回、家盛決起。 いい弟で居続けた家盛が初めて清盛に反発。 清盛ではなく、自分が平氏を継ぐことを目指します。
センゴク雑記
2012/04/08 10:39 PM
前回、弟から決別と共に今後は兄とは思わず家督を継ぐとまで言われてしまった清盛は、今回そのショックから立ち直ることができずに、最後まで落ち込んだ様子でした。家を継ぐことを宣言されたことよりも、小さい頃からずっと仲良しで、自分のことを兄上と慕ってもらった
あしたまにあーな
2012/04/08 10:50 PM
わー、さすが日本ホモ協会(笑)ガチでやりやがった!!別にする必要はなかったが面白いからまぁいいや。今回は最初から最後までBL同人誌。あっぱれ。
Curse priest
2012/04/08 11:01 PM
大河ドラマでガチなBLやるとは…。 さすが藤本有紀さん入魂のキャラ・藤原頼長。 NHK開き直りましたね。 今回はドラマというか、完全に別物になっていたと思います。 ツイッターの実況が...
青いblog
2012/04/08 11:57 PM
【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...価格:1,100円(税込、送料別) 【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...価格:980円(税込、送料別) 【送料無料】 西行と清盛価格:1,575円(税込、送料別) 平 清盛 公式HP 平清盛 公式HP(広島放
Refreshing-wind-blows※別館※
2012/04/09 12:03 AM
平清盛ですが、神輿を射るという非常識な行動は清盛(松山ケンイチ)の立場を思った以上に悪くさせます。平忠盛(中井貴一)が宗子(和久井映見)を蔑ろにしたこともあり、家盛(大東駿介)が平家の跡目を意識するようになります。 清盛の処分が甘いので比叡山や藤原摂
一言居士!スペードのAの放埓手記
2012/04/09 12:46 AM
平清盛 第14回「家盛決起」レビュー ◎『平清盛』登場人物/キャスト 「せめて一度だけでも… 当たり前の母として笑いかけてくださりませ。」 (平家盛) 【あらすじ】 祇園闘乱事件をきっかけに、家盛は、自分が平氏の棟梁になると清盛に
(自称)大河ドラマ批評家「一大河」の批評レポート
2012/04/09 6:18 AM
  第十四回「家盛決起」釈放された清盛を待っていたのは、厳しい表情の弟・家盛だった。清盛について悩む母・宗子を見かねた家盛は、祇園事件での兄の行動は嫡男にふさわしくない...
日々“是”精進!
2012/04/09 6:18 AM
家盛と頼長… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201204080004/ NHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラック 吉松隆 V.A. NHK交響楽団 舘野泉 日本コロムビア 2012-02-01 売り上げランキング : 1066
日々“是”精進! ver.A
2012/04/09 10:59 AM
『平清盛』第14回 「家盛決起」 今回も、内向きの物語で面白くありませんでした。 のちの「常盤御膳=武井咲」がチラリと登場して興味を惹かれたくらいで、全体として鬱々とした物語に徒労感ばかりが募り、見る気が失せてきそうです。 ”平安美少女コンテスト
世事熟視〜コソダチP
2012/04/09 12:12 PM
【第14回の視聴率は4/9(月)追加予定】あの落ち方ってどういう事?何でもないのに、子供の頃を回想していて落ちたので、変な感じでした(^^;)それに、馬が歩いていて落ちただけ...
ショコラの日記帳
2012/04/09 12:13 PM
【第14回の視聴率は4/9(月)追加予定】 あの落ち方ってどういう事? 何でもな
ショコラの日記帳・別館
2012/04/09 5:06 PM
どうやら祇園社事件を境に朝廷でも清盛に替り家盛が重用されて いるようです ドラマでは清盛に反旗を翻し、平家の棟梁になるべく宣言していま したが、平家の期待が家盛に集まるのは仕方の無い事ですね。 微罪で済んだとはいえ事件後の清盛は謹慎状態だったのかも知
函館 Glass Life
2012/04/09 8:25 PM
この一週間ほど、大河ドラマを見るのを楽しみにしていたことがあっただろうか…
Flour of Life
2012/04/09 8:38 PM
悪左府頼長〜〜〜〜! 悪い人だわっホントに! 仲良くしていた平穏な平氏一門に波風を立たせて 藤原摂関家に利をもたらすような策を考えつくとは。 清盛が神輿に矢を射た事件で、 鳥羽院の温情でも...
よくばりアンテナ
2012/04/09 9:53 PM
 今回のテーマ(と言って良いのだろうか?)は「それぞれの複雑な心情」  人の心は背反性があり、複雑である。  今回は、家盛(大東駿介)を中心に、清盛(松山ケンイチ)、宗子(和久井映見)、忠盛(中井貴一)、時子(深田恭子)の心情が絡み合い、そこに頼長(山
英の放電日記
2012/04/09 10:00 PM
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/三上博史/山本耕史/大東駿介/森田剛/田中麗奈/武井咲/國村隼/小日向文世/和久井映見/松雪泰子/上川隆也/中村梅雀/中井貴一 第14回 「家盛決起」 1
to Heart
2012/04/09 11:36 PM
---これより先は私が一門を背負っていく所存--- 清盛を跡取りにすると決めていたのに・・ 跡を継ぎたいという家盛の言葉に心揺らしてしまったという史盛。 ソレを察し自から跡取りを降りると宣言した清盛...
shaberiba
2012/04/10 3:49 PM
平清盛 日曜 20:00 NHK総合 日曜 18:00 NHK BS-プレミアム (再)土曜 13:05 NHK総合 2012年1月8日〜 [キャスト] 松山ケンイチ 中井貴一 中村敦夫 豊原功補 大東俊介 中村梅雀 上川隆也 藤本隆宏 佐戸...
新ドラマQ