Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『平清盛』 第13回「祇園闘乱事件」
JUGEMテーマ:大河ドラマ
久安三年、清盛は一門の繁栄を祈願する田楽を奉納するため、祇園社に詣でます。
そこには、かつて兎丸の盗賊仲間だった連中の顔が。
「いまは親の仇である平氏の清盛に仕えているとは」と、蔑まれた兎丸は、相手に頭づきを。
それから一挙に乱闘となりました。

比叡山の支配下でなる場所で騒ぎを起こしたことは、すぐ大事件に発展。
延暦寺の明雲は、鳥羽院に訴えをおこし、盛国らを検非違使に出してもおさまりません。
さらには扇動された僧兵たちが、御輿をおしたてて強訴におよびました。

賀茂川に防衛線をしいた源氏勢の為義や義朝は、御輿をさけて矢をはなちます。
しかし、その御輿に1本の矢がつきたち、みなは愕然。
それは清盛がはなった矢でした。
おののく一門に、清盛は平然として「狙ったのだ」言います。

鳥羽院の御所では、藤原忠実や頼長、信西らが詮議を始めました。
頼長は、鬼若をも証人として、平氏親子の処罰を要求しますが・・・・・。
信西は弁護の論陣をはり、これに対抗。
忠盛と清盛父子は、とりあえず検非違使庁に留置されました。

そこには、宗子から着替えが、時子から双六道具が差し入れられます。
ふたりは、のんびり双六勝負に興じました。
忠盛は、双六に勝った清盛に言います。
「舞子の生んだお前が、迷信に立ち向かうのを待っていた。
お前は、平氏にもこれからの世にもなくてはならぬ」と。
牢に現われた鳥羽法皇は、清盛の真意をただし、矢を射るまねをさせます。
そして架空の矢がささったごとくよろめき、「白河院の血が流れ出ておる!」と叫びました。

けっきょく忠盛と清盛は、銅の支払いという軽い罰ですみました。
しかし、家盛は母の宗子が悲しい顔をして語る姿を見ることに。
彼女が出したのは舞子の髪にあった鹿角の飾り。これこそ、忠盛の思い出の証拠です。

屋敷にもどった清盛は、時子が生んだ赤ん坊を見て微笑んでいました。
そこへ来た家盛は、きびしい表情で告げます。
もはや兄上には平氏の棟梁になる資格なし。自分がその地位につきます、と。

祇園事件の処断はかわしたものの、平氏一門に内部分裂の危機が起きたようです。
ついに世は二つの勢力に分かれるのでしょうか。
posted by: ふるゆき | 平清盛 | 22:39 | comments(8) | trackbacks(20) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:39 | - | - |
相変わらず、三上博史の怪演を楽しませてもらってますが、
大事な要素になるであろう、家盛の心変わり(?)の動機が弱い気がして、
何だか中途半端な気持ちで今回を見終えてしまいました。
未だに、このドラマについてゆきかねてます(涙)
| 悠雅 | 2012/04/01 11:37 PM |
悠雅さん、いつもありがとうございます。
たしかに三上さんの演技は引き込まれますよ。
そして、これも仰るとおり、家盛の変心の動機は、いささか弱いですね。
わからなくはない面もありますが。

せっかく若き弁慶も出たんだし、もっとワクワクする躍動感あふれるドラマがみたいですね。
| ふるゆき | 2012/04/01 11:43 PM |
最後の最後で家盛が一気にブラック化してしまいましたね。
母を想うあまりの言動だと思うのですが、
次回は頼長に吹き込まれてしまうようなので、かなり心配。
| BROOK | 2012/04/02 6:00 AM |
BROOKさん、今回もありがとうございます。
母の心を思うあまり、家盛がブラックになるとは。
従順すぎる弟の反逆は、清盛にもショックでしょう。

これを祇園事件の裁断では敗れた頼長が、家盛をとりこむことで利用しそうで、来週は意外な暗雲がわきおこりそうですね。
| ふるゆき | 2012/04/02 7:01 PM |
こんばんは♪
今回、三上さん、すごかったですね♪
松ケンと演技力の差を見せ付けてくれました(^^)
鳥羽院が主役みたいでした(^^;)

視聴率、更に危なくなってしまいました(汗)
| ショコラ | 2012/04/03 10:07 PM |
ショコラさん、コメントもありがとうございます。
三上さんの気迫ほとばしる演技は、素晴らしいものでした。
ただ、主役が霞んだような気もします。

法皇が検非違使の役所などに来るはずは…と考えていたら、『龍馬伝』を思い出しました。
あれは下士らの牢獄へ、殿様の容堂が来て語り合うという、信じがたい創作がありましたから。
それでもドラマとして面白ければですが、今回は主題がぼやけたようにも感じます。
| ふるゆき | 2012/04/04 6:40 PM |
三上@鳥羽院は坊主になってからますます凄味が増しましたね〜。
今回は、三上さんのおかげで面白かったですわ。
相変わらず平氏を掻き回しまくる主役の子供っぽさと、
それが意味なく持ち上げられていく様には置いてけぼり感でいっぱいですが^^;

私的には、まだまだ陰謀づくめのはずの得子さまが
何だかしおらしい雰囲気になってるのが一番納得いきません^^;
| くう | 2012/04/05 12:37 AM |
くうさん、今週もありがとうございます。
鳥羽院は、法皇の姿になってから、さらに存在感がましていますよね。
三上さんの全身全霊で見せる演技が迫力満点で、いつも画面にくぎづけです。

得子は、たま子の逝去で挑む目標を喪失したのか、たしかに今はパワーが感じられません。
しかし、保元の乱では美福門院として政変劇の中心となるはずなので、このまま終わる人じゃない感じ。
そのとき持ち前の策謀体質が復活して、都を動乱の嵐にみちびく姿を画面に見たいです。
その伏線も、ほしいですね。
| ふるゆき | 2012/04/05 6:28 PM |









この記事のトラックバックURL
http://furuyuki.jugem.jp/trackback/1160
トラックバック
2012/04/01 11:18 PM
祇園闘乱事件
悠雅的生活
2012/04/01 11:22 PM
平清盛ですが、清盛(松山ケンイチ)たち平家一党は僧兵ともめごとを起こします。兎丸(加藤浩次)が金閣、銀閣の挑発にのって頭突きしますが、「平家のウサギとなって、おまえの父親は涙で朧月だ」などギャグが面白くないのでブチ切れます。 清盛は最近はつまらないギ
一言居士!スペードのAの放埓手記
2012/04/01 11:26 PM
っていうかアレでしょう、弁慶登場!一体今作でどんな弁慶さんなんでしょうねえええ〜。って、いつぞやの後藤象二郎様の青木様?ほほ〜う、なかなか面白い配役ですねえこれは〜。
真田のよもやま話
2012/04/01 11:33 PM
清盛がついに強い子になりました! みこしに矢を射るのはとんでもないことなのに、迷いもなくそれをやってしまったのです。 妻は呆れ、父忠盛は失態に苛立ち、信西は清盛を次の時代を担うリーダーだと直...
青いblog
2012/04/01 11:34 PM
ようやく、事件勃発〜〜〜! 祇園社で僧兵たちともめて、 盛国や兎丸たちが投獄されることに。 ま、それだけじゃおさまらない。 比叡山延暦寺は相当な権力を持ってたんですね。 白河院をして不如意だと...
よくばりアンテナ
2012/04/01 11:59 PM
大河ドラマ「平清盛」第13話は清盛が祇園社を訪れた時に僧兵と揉めた事で延暦寺の怒りを買ってしまい朝廷の意向もあり忠盛と清盛は蟄居する事になった。その処遇を巡り連日会議 ...
オールマイティにコメンテート
2012/04/02 12:02 AM
平清盛 第13回「祇園闘乱事件」レビュー ◎『平清盛』登場人物/キャスト 神輿を射たときの如く、朕を射てみよ。 (鳥羽法皇) 【あらすじ】 1147(久安3)年6月15日。 清盛は田楽奉納の警護のため、盛国、兎丸らとともに祗園社を訪れていた。
(自称)大河ドラマ批評家「一大河」の批評レポート
2012/04/02 12:23 AM
第十三回「祇園闘乱事件」   
またり、すばるくん。
2012/04/02 5:45 AM
  第十三回「祇園闘乱事件」1147年、一門の繁栄祈願のため祇園社を訪れていた清盛たちは、僧兵と揉め、それがきっかけで延暦寺の怒りを買ってしまう。武装した僧兵たちは神輿...
日々“是”精進!
2012/04/02 5:46 AM
流罪は、免れました… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201204010004/ 平 清盛 二 藤本 有紀 NHK出版 2012-03-27 売り上げランキング : 297 Amazonで詳しく見る by G-Tools 平
日々“是”精進! ver.A
2012/04/02 8:52 PM
大河ドラマ「平清盛」。第13回、祇園闘乱事件。 武士の時代への転機となる事件。 細かい所で残念な点はありましたが、大筋面白い内容でした。 現状の朝廷内の勢力図がわかる展開でした。
センゴク雑記
2012/04/02 10:09 PM
栄華を極めた白河法皇が、思いにならない物として、 ・加茂川の水 ・双六の賽 ・山法師 の3つをあげていたが、当時の仏教勢力はそれだけの力を持っていた。 比叡山と高野山は桓武天皇の頃から天皇家...
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
2012/04/02 11:39 PM
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/三上博史/山本耕史/阿部サダヲ/加藤浩次/小日向文世/和久井映見/松雪泰子/上川隆也/中村梅雀/中井貴一 第13回 「祇園乱闘事件」 11.3% 1147年、
to Heart
2012/04/02 11:43 PM
体調がすぐれないので、今週は短めにしました。いえ、別に内容に不満があるとかではなくて…
Flour of Life
2012/04/03 12:42 AM
祇園社で僧兵ともめたことをきっかけに、比叡山は平氏の横暴だと強訴を起こす。 院の命令で止めに入った源氏兵を横目に、清盛(松山ケンイチ)が放った一本の矢は 神聖として誰も手が出なかった神輿(しん...
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/04/03 1:29 PM
清盛、いや平家にとっての大事件 順調に出世街道を歩んできた清盛が初めて体験する挫折、 祇園社事件ですね 史実では&hellip; 田楽を奉納すべく、郎党を率いて祇園社を訪れていた清盛。 武装していた郎党を祇園社側に咎められた事から小競り合 いが発生し、
函館 Glass Life
2012/04/03 1:44 PM
『平清盛』第13回「祇園闘乱事件」 あらま、早くも時子(深田恭子)のお腹が大きい。 最近、物忘れが激しい小生は、1回見逃したのかと驚いちゃうじゃないの・・・。 −◆− 清盛と忠盛を流罪にせよと僧兵たちが神輿を担いで強訴。 神が宿るという神輿を傷つける
世事熟視〜コソダチP
2012/04/03 10:08 PM
今日は、春の嵐のようです。 第13回の視聴率は、また最低を更新してしまって、11
ショコラの日記帳・別館
2012/04/03 10:08 PM
今日は、春の嵐のようです。第13回の視聴率は、また最低を更新してしまって、11.3%(関東)でした。裏の「世界フィギュアスケート選手権2012女子フリー」(14.8%)と、「女子サッカー...
ショコラの日記帳
2012/04/03 10:21 PM
今回のテーマは「決断」  今回、清盛(松山ケンイチ)、鳥羽院(三上博史)、家盛(大東駿介)それぞれ決断を下している。清盛は主人公であり、平氏の存亡に係わる決断であったはずだが、鳥羽院のほうに目が行ってしまうのは、気のせいだろうか…… ★鳥羽院の決断  
英の放電日記