Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『平清盛』 第12回「宿命の再会」
JUGEMテーマ:大河ドラマ
比叡山延暦寺の明雲がひきいる強訴の列が、都にむかってきました。
鳥羽院の命で、平氏がこれを防ぐべく出陣します。
しかし、僧兵の列には神聖な御輿があり、攻撃はできません。
このため家貞が交渉で、荘園を寄進するという提案をして事をおさめました。 

こうして武力と財力で朝廷に貢献している平氏にも、高い官位はあたえられません。
武士を公卿にまで、できるものではないということでしょう。
清盛の屋敷に高階通憲がたずねて来ました。
いまは出家して、信西と名のっているとのこと。

忠盛の館では、家盛の弟が元服して、頼盛となりました。
しかし、清盛は怒りをかくさず発言。
「武士として働いても無駄じゃ」という意味のことも言います・
そのころ、時子は亡き明子の子らを世話していました。
時子の弟で公家の時忠は、清盛に話します。
姉の時子を後妻として迎えてほしい、と。

寺で暮らす待賢門院を、得子がたずねてきました。
いまは読経の日々をおくる門院と会話しても、やはり接点はないようす。
その後、待賢門院は病になりました。

鳥羽院は、必死で水仙の花をさがさせます。
やる気のない清盛に、家盛ははじめて胸のうちを発露しました。
それで花を探しにでた清盛の前に、関東から戻った義朝があらわれます。
義朝は、珍しい水仙の花を手に余裕の笑顔。
これを院の御所に届けて、喜ばれました。

鳥羽院は、やっと届いた水仙を門院にあたえました。
そして最期の言葉を聞きます。
この花を胸にだいた待賢門院は息をひきとりました。
御所内では、意外にも得子が手をあわせていました。

源氏の館では、為義が義朝の帰還に大喜び。
義朝は、鳥羽院にも言葉をたまわりました。
その後、ついに義朝は由良姫を妻にしました。
そして清盛も、時子を嫁にする決意をしたのでした。
その後、どちらにも子供が生まれました。
義朝の子は、のちの頼朝です。

どうやら次回は、名高い祇園乱闘事件のようです。
そろそろ、清盛にも主人公らしい活躍を見せてほしいです。

posted by: ふるゆき | 平清盛 | 22:07 | comments(8) | trackbacks(23) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:07 | - | - |
璋子さまの、ホントに不思議な最期と、
どこまでも身も言動も垢抜けしない清盛と、ワイルドになった義朝と・・・
いよいよ動き出すか、今度こそ何か起こるのかと思いながら3か月、
もうそろそろ「流石、大河」と思う展開になってくれたら面白いんですが。
| 悠雅 | 2012/03/25 10:59 PM |
悠雅さん、いつもありがとうございます。
本当に清盛が垢抜けないですよね。
平氏一門の栄まで、ずいぶん道が遠い感じです。

おととしの『龍馬伝』は、いまごろどの辺だったでしょう?
そろそろ時代を動かすシーンとか見たいですよね。
| ふるゆき | 2012/03/25 11:08 PM |
まぁ…ある意味ファンタジーに近いので仕方ない部分はありますね^^;
主人公が相変わらず好きになれない大河ですわ。
そういえば「さすが」とか思った事が1度もありません。

それでも、ストーリーとしては、今回は面白かったです。
璋子さまが亡くなってしまって私は少しさびしいです(;_:)
| くう | 2012/03/25 11:45 PM |
璋子は出家したと思ったら、もう死んでしまい…
かなり急ぎ足的な感じがしましたね。
スイセンの花をあげにいく鳥羽法皇のシーンが印象的でした。

次回は清盛が表舞台に立つ事件があるようなので、
期待しています。
| BROOK | 2012/03/26 6:01 AM |
くうさん、今週もありがとうございます。
どうも主人公らしい活躍が見れませんね。
ここ数年よくある大した理由もなく主役を持ち上げる演出はいやですが、きっちり見せる好場面は待望しています。

たま子様の死とともに朝廷のシーンもさまがわりしそう。
保元の乱までは長いですが。
| ふるゆき | 2012/03/26 7:21 PM |
BROOKさん、今回もありがとうございます。
院の思いも、複雑すぎたのか難解な面が多かったですね。

来週は、名高い乱闘事件で、ここは清盛らしい見せ場にしてほしいです。
| ふるゆき | 2012/03/26 7:23 PM |
>そろそろ、清盛にも主人公らしい活躍を見せてほしいです。

同感です!
清盛、相変わらず汚くて、幼稚な考え方にうんざりしてきてしまいました(汗)
この主役のせいで、視聴率が下がり続けているのではないかと思います(汗)
そろそろ平家の嫡男らしく活躍するところが見たいです。

次回こそ、少し活躍してくれますように☆(^^)
| ショコラ | 2012/03/26 8:38 PM |
ショコラさん、コメントもありがとうございます。
本当に主人公の考えが進歩しませんよね。
明子の死を成長のきっかけとしないのは残念です。

次回は名高い事件のシーンが予告でもあったので、ぜひとも存在感を高めてほしいです。
| ふるゆき | 2012/03/27 7:15 PM |









この記事のトラックバックURL
http://furuyuki.jugem.jp/trackback/1157
トラックバック
2012/03/25 10:20 PM
1145年、出家した待賢門院(檀れい)は、ついに重い病の床につく。 鳥羽法皇(三上博史)は、武士たちに季節外れの水仙を探させ、待賢門院に届けようとする。 水仙探しの途中で、清盛(松山ケンイチ)は10...
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/03/25 10:33 PM
藤原通憲が出家して信西になった時期は1144年、7月11日。 重職につけない無力感からと言われていたが、一方で政敵・頼長は 『その才を以って顕官に居らず、すでに以って遁世せんとす。才、世に余り、世、之...
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
2012/03/25 10:35 PM
平清盛ですが、比叡山延暦寺の明雲僧正が悪僧たちを大勢引きつれて、神輿をかついで強訴をします。荘園がどうのこうのという領土的なことですが、鳥羽法皇(三上博史)も寺社勢力の強訴には手こずり、平家一門に鎮圧を命じます。 王家・公家、寺社勢力・武家など権力争
一言居士!スペードのAの放埓手記
2012/03/25 10:48 PM
明子を失って悲しんでばかりの清盛。 清盛の子ども達を慰めるために琵琶を持って通う時子。 その時子の弟登場〜〜平時忠(森田剛) 「平家にあらずんば人にあらず」って言った人らしい。 けど、今のところ...
よくばりアンテナ
2012/03/25 10:54 PM
時子と清盛が劇的に結ばれるお話でございました。 うむ。。。 考証家の先生がこの番組の視聴率低いことを愚痴られて波紋を呼んでおりましたが、このドラマ、おもしろく無いですか? 私はなんとなくぼーっ...
青いblog
2012/03/25 10:55 PM
〜宿命の再会〜
悠雅的生活
2012/03/25 11:10 PM
第十二回「宿命の再会」   
またり、すばるくん。
2012/03/25 11:11 PM
25日大河ドラマ「平清盛」第12話を視聴した。 今回は鳥羽法皇への不信で次第に僧侶たちが武装し京を混乱させていた。 それを抑えるのは平氏の力によるところが大きく次第 ...
オールマイティにコメンテート
2012/03/25 11:28 PM
 それぞれの恋 明子に先立たれ、意気消沈する清盛  明子(加藤あい)の死で腑抜け状態、しかも朝廷の番犬状態に嫌気がさしていた清盛。鳥羽法皇(三上博史)の時期外れの水仙の要求を拒絶しようとするが、弟・家盛(大東駿介)に悲恋の過去を打ち明けられ、気を取り直
英の放電日記
2012/03/25 11:35 PM
少しずつではありますが、源氏の勢いが出てきて何となく嬉しくなりました。やはり物語を白熱したものにするためにはライバルという存在が必要であり、お互いに切磋琢磨することで人間的にも魅力的になって行き、世の中も良くなっていけばいいんではないかと思っています
あしたまにあーな
2012/03/26 5:41 AM
  第十二回「宿命の再会」1145年、出家した待賢門院は重い病にかかる。鳥羽院は取り乱し、待賢門院を慰めるには水仙の花しかない、と季節外れの水仙を探すことを配下の武士に...
日々“是”精進!
2012/03/26 5:43 AM
清盛、再婚… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203250004/ 平 清盛 一 藤本 有紀 NHK出版 2011-11-25 売り上げランキング : 15418 Amazonで詳しく見る by G-Tools 平 清盛
日々“是”精進! ver.A
2012/03/26 9:49 AM
東国でひと暴れしてきた源氏の義朝様、迎え撃つ清盛様の平家は朝廷のために着々と実績を積み上げてきて、どういう再開とライバル対決に繋がって行くんでしょうかねええ。 にしても「犬」、平氏は武士は王家の犬だって言い方、登場人物のだれもがマイナスのイメージで語
真田のよもやま話
2012/03/26 12:42 PM
もうすぐ3月も終わりというのに、いつまでたっても寒いですね。今年の大河は別の意味で寒いけど…
Flour of Life
2012/03/26 3:29 PM
『平清盛』第12回「宿命の再会」 重苦しくて暗いけど、人の心は軽々しく変化する・・・。 こりゃ、『江〜姫たちの戦国』とは別の意味でしんどい出来栄え・・。 主人公・清盛は、若いころは白河の落胤であったことを悩んで「自分探し」にかかりきり・・。 いか
世事熟視〜コソダチP
2012/03/26 8:03 PM
大河ドラマ「平清盛」。第12回、宿命の再会。 源義朝との再会ってのも内容の1つだったけど、 全体的に色々詰め込んだ回って感じ。 メインストーリーってどこだったん?w
センゴク雑記
2012/03/26 8:39 PM
第12回の視聴率は、前回の13.2%より更に下がってしまい、12.6%でした。最低視聴率を更新してしまいました。裏の「スーパーがんばった大賞!4時間SP」(15.2%)、「シルシルミシルさん...
ショコラの日記帳
2012/03/26 9:32 PM
今週も大河ドラマ『平清盛』のお時間です。 あらすじ・・・・
みはいる・BのB
2012/03/26 9:40 PM
重い病に倒れた待賢門院の為に 清盛らに水仙を探すよう命じる鳥羽上皇 この花を見事手に入れたのは義朝(玉木宏)だった----。 ああ我が君 璋子は愛しさに包まれております---- 水仙は見事 待賢門院に...
shaberiba
2012/03/26 9:45 PM
三上博史顔ちっちゃ!佐藤二朗顔でけー!鳥羽院に続き、高階通憲も出家しハゲ率が、右肩上がりのドラマ平清盛第12回宿命の再会帰ってきた義朝が取ってきた水仙を手に鳥羽院は、死...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2012/03/26 9:46 PM
三上博史 顔ちっちゃ! 佐藤二朗 顔でけー!鳥羽院に続き、高階通憲も出家し ハゲ
虎団Jr. 虎ックバック専用機
2012/03/26 11:37 PM
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/森田剛/三上博史/檀れい/りょう/山本耕史/阿部サダヲ/田中麗奈/加藤浩次/小日向文世/和久井映見/松雪泰子/上川隆也/中村梅雀/中井貴一 第12回 「
to Heart
2012/03/28 11:18 AM
日本一の大天狗と言われた後白河法皇ですら手を焼いたのが 御坊さん、特に僧兵による強訴には打つ手なしですね 自分達に逆らうと天罰が下るとでも言いたげな僧兵達ですが、 呪詛が信じられていた時代、王家も武士も手が出せなかったよ うです そう言えば批判のあっ
函館 Glass Life