Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『平清盛』 第11回「もののけの涙」
JUGEMテーマ:大河ドラマ
崇徳帝の内裏によばれた清盛は、義清が出家したわけを聞かれます。
清盛は、義清が残した歌をよみ、まつりごとの批判までしました。
帝は、「朕のせいと申すか」と不快になりますが、清盛は「それがしも白河院の血をうけた者。しかし、それにしばられず面白く生きまする」と断言したのでした。

その後、帝に待望の皇子が生まれました。
これが重仁親王です。
この皇子に天皇の地位をゆずりたいと考える帝は、院に申し入れをしました。
が、その申し出を利用せんと企む得子に、うまく言いくるめられることになります。

永治元年(1141年)、その言葉にしたがって帝位をゆずりました。
しかし、譲位の儀式で「皇太弟に位をゆずる」と宣旨が読み上げられ、帝は愕然とします。
弟にではなく、子にゆずったのでなければ上皇として院政はできないはず。
帝は計略にはまったことを知りました。

平氏一門では、あの得子に接近するかどうかで議論となります。
相変わらず好き勝手なことを言う清盛に、めずらしく家盛が反論したりもしました。
そのとき、宗子が明子や家盛の妻とともに現われ、琴と琵琶、笙で美しい音色を奏でました。
これに忠盛は、雅楽の演奏にたとえ、一門の結束こそが大事だと述べました。

その席で、盛国は明子の侍女に見とれているようす。
これに気づいた明子と清盛は、盛国に侍女との縁談をすすめますが、彼は承諾しません。
が、盛国の出自を気にする心を察した明子の優しい言葉に、とうとう婚儀を決意しました。

東国では、あらたに波多野一族をしたがえた義朝が酒宴をひらいていました。
義朝は波多野氏の館も譲り受け、その妹をも得ます。
この豪族の妹には、のちに義朝の次男も生まれました。
都では、さっぱり義朝に会えない由良姫が、為義に文句をいって怒らせる始末。

そのころ、鳥羽院の御所では、待賢門院と堀河局が呼びつけられて尋問されました。
得子を呪詛した疑いありと言われたのです。
呪詛の証拠という品は、かつて得子がたま子から祝いにもらった人形であり、あきらかに得子の嫌味な謀略でした。
怒る堀河局に、たま子はそれでも、「これは私を、救ってくださったのじゃ」とまで。
ひと月後、待賢門院と堀河局は、髪をおろして出家したのでした。

清盛は明子らと、神社に参拝して、一門の繁栄や明子の願いを祈願します。
その帰り道で乞食を手当てした明子は、なんと疫病をうつされてしまいました。
明子の病状に惑乱する清盛は「宋の薬を手にいれよ!」と薬師に命令しますが・・・・・・。
熱がひどくなった明子は、父親と清盛の前で、はかなく息をひきとりました。
この臨終のとき、時子が来て琵琶をひいていました。

清盛は狂乱状態となり、祈祷の僧侶たちに乱暴して、剣をふるい荒れます。
しかし、盛国が抱きとめてさとしました。
「恨むなら宋の薬を入手できぬ国の仕組みを恨みなされませ。この国を変えてくださいませ!」
(ちよっと唐突なメッセージでは?)
清盛の手から宋剣が落ちました。

来週は、いよいよ義朝が都にもどるようです。
そろそろ、動乱のきざしくらい、すこしは見たいですね。
今回は、ついていくのが大変なテンポでした。
posted by: ふるゆき | 平清盛 | 22:01 | comments(10) | trackbacks(23) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:01 | - | - |
上川さんの演技力が惜しいような唐突な台詞に、思わずツッコミ入れてしまいました^_^;
崇徳帝を巡る陰謀は、今後の重要なキーだと思うのですが、
あれほどのことを僅かな時間で台詞だけで片付けてしまわれると、
全く知らない者は結局何もわからず、結果だけ鵜呑みにするしかなく・・・
参考資料をいくら読んでもイマイチわからなかったので、ドラマではどう表現されるのかと思ってちょっと楽しみだったんですが。
どこに向かって走りたいのか、またわからない流れでありました。
| 悠雅 | 2012/03/18 11:42 PM |
>「恨むなら宋の薬を入手できぬ国の仕組みを恨みなされませ。この国を変えてくださいませ!」

あの時代ですからね〜・・・
疫病はお上がしっかりしていようとも治まらない気がしますが、
これを切っ掛けに、面白おかしく生きるだけではない
清盛になってくれるのではないかと・・・ちょっとだけ
期待しておきます。

朝廷のドロドロの方が、どうも比重が多くなってしまって^^;
| くう | 2012/03/18 11:49 PM |
悠雅さん、いつもありがとうございます。
そうですね、盛国としての演技が、唐突なセリフのため空しいものになっているような。

今回えがかれた朝廷内の陰謀劇も、かなりわかりにくく、時間も不足していたと思います。
この調子で保元の乱にいったら、ますます理解がむつかしくなりそうで気になりますね。
| ふるゆき | 2012/03/18 11:50 PM |
くうさん、今回もありがとうございます。
たしかに、仮に宋の薬が輸入できても、それで疫病がなおるという単純なものではないでしょうし。
清盛も、面白おかしいとかより、世の矛盾などを見つめなおして生きる姿勢に転換してほしいですね。
ドロドロの多い回だったせいか、頼長も親王もお休みでしたね。
| ふるゆき | 2012/03/19 12:04 AM |
相変わらず朝廷内はドロドロの極みですね。
今回は得子の策略により、璋子たちが出家ということに…。
松雪さんの凄味のある演技がちょっと怖かったです。

次回は義朝が帰ってくるとのことなので、
清盛との再会に期待したいです。
| BROOK | 2012/03/19 6:36 AM |
盛国の相手、波子は、明子の所に、琵琶の稽古にきた貴族の娘の侍女だと思います。
明子の心遣い、こまやかで良かったですね(^^)
| ショコラ | 2012/03/19 11:04 AM |
BROOKさん、今週もありがとうございます。
得子の策謀は、それ自体だけでなく呪詛の証拠に以前たま子が祝いにあげた人形を利用したりして、二重にこわかったですね。

やっと関東から京に凱旋する義朝と清盛の再対決は、注目したいです。
| ふるゆき | 2012/03/19 7:01 PM |
ショコラさん、コメントもありがとうございます。
そうか、盛国のお相手は琵琶の稽古に来た娘の侍女なんですね。
内容の濃さに(?)、集中力を欠いてみていたようです。
ご指摘ありがとうございました。

それにしても良くできた妻として支えてくれた明子を失ったのは、清盛にとって打撃ですね。
義朝と再度対決するにも、気力が落ちていそうです
| ふるゆき | 2012/03/19 7:06 PM |
ふるゆきさま、こんにちは。
こちらの諸先輩方,はじめまして。

盛国のセリフに妄想の嵐だった私…。
きっとあの唐突な「宋の薬」発言は、清盛の日宋貿易の目的のひとつとなり、出世した清盛が薬を手にしたというのに、明子の息子の重盛が死ぬ間際に宋の医者を拒むという『平家物語』のエピソードにつながるのではないかと思いました。泣き叫ぶ父・清盛「わしは何のためにぃぃぃ、重盛〜ッ明子ぉぉ」

すみません、もっと冷静に視聴します。
| 加賀 | 2012/03/20 9:57 AM |
加賀さん、コメントありがとうございます。
なるほど!明子の死はその子であるのちの重盛の最期とかさなるんですね。
宋の薬を入手できても、それが空しい経緯となる『平家物語』らしい場面が今後に見れるとうれしいです。

そのときの清盛は、押しも押されもせぬ大権力者のはずだから、もうそろそろ「面白う生きる」とかじゃなく、政治や交渉も達者となってほしいです。
なにより、いつまでも御所内でも汚い格好なのがいけません。
この点こそ、早急にあらためてもらいたいですね。
| ふるゆき | 2012/03/21 8:02 PM |









この記事のトラックバックURL
http://furuyuki.jugem.jp/trackback/1154
トラックバック
2012/03/18 10:16 PM
平清盛ですが、得子(松雪泰子)は自分の息子を天皇にして国母になる野心にギラギラ燃えます。おかげで、頼長の出番がなくなりますが、平忠正(豊原功補)もネチネチと清盛(松山ケンイチ)をイビることすら忘れてしまいます。 誰一人ネチらないのも慙愧にたえませんが
一言居士!スペードのAの放埓手記
2012/03/18 10:33 PM
人の世の中にはびこる怨念と清らかな家族を思いやる大切な思いの対比がこれでもかというくらい登場する内容となりました。はじめの怨念に関しては、毎回恒例となっている鳥羽院と崇徳帝、得子と璋子の静かなる次期帝の座を巡る戦いでした。 結果としては、鳥羽院は法皇
あしたまにあーな
2012/03/18 11:00 PM
【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...価格:1,100円(税込、送料別) 【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...価格:980円(税込、送料別) 【送料無料】 西行と清盛価格:1,575円(税込、送料別) 平 清盛 公式HP 平清盛 公式HP(広島放
Refreshing-wind-blows※別館※
2012/03/18 11:07 PM
おさらいおさらい、先週は義清様が道ならぬ恋に破れて娘さんを蹴り飛ばして家庭を捨てて出奔し、清盛様と殴り合いのくんずほぐれつの末、「お前さん」「友達だ」と言い放って花と散る・・・って、ダメダメダメダメっ!今のはなし今のはなし!このまとめ方じゃあまるでB
真田のよもやま話
2012/03/18 11:30 PM
色々あって、メインは明子の死だと思うんだけど… うーむ。 どうもあまり明子と清盛のことを描いてなかったせいかな。 こみ上げてくる悲しみが少々薄かったというか……(・_・;) もっとこれま...
青いblog
2012/03/18 11:31 PM
〜もののけの涙〜
悠雅的生活
2012/03/18 11:37 PM
得子(松雪泰子)の策略に陥れられた崇徳帝(井浦新)は、得子の子・近衛帝に、 みかどの座を譲ってしまう。 一方、清盛(松山ケンイチ)は最愛の妻・明子(加藤あい)と子どもたちと共に、 幸せな日々を...
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/03/18 11:40 PM
大河ドラマ「平清盛」第11話は崇徳帝は得子の策略で得子の子である近衛帝に譲位する事となり、崇徳帝は失脚した。それを知った清盛は今の朝廷には信じられる人物は誰もいないと ...
オールマイティにコメンテート
2012/03/18 11:59 PM
いつ以来だろ?でしゃばらず、控えめな良妻賢母の奥様パターン??すんごく懐かしいような感じがした明子@加藤あい。いまどき、こういう奥様は流行らないのかもしれんけど、やっぱりいいんだろうなって思う。 変わって出てくるのは深田恭子@時子。キャスト間違えて
人斬り藤次郎の雄叫び
2012/03/19 6:19 AM
  第十一回「もののけの涙」得子の陰謀によって、崇徳は得子の子である近衛帝に譲位することになる。一方、平氏一門では皇后・得子に取り入るべきだという声が出るが、清盛は信じ...
日々“是”精進!
2012/03/19 6:20 AM
明子、死去… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203180004/ 平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) NHK出版 NHK出版 2011-12-20 売り上げランキング : 5779 Amazonで詳しく見
日々“是”精進! ver.A
2012/03/19 8:01 AM
「平清盛」第11話「もののけの涙」の感想いきまっす! ネタバレ注意です☆ 義清の出家に心を痛める璋子、天然さんを卒業した感じですね。 義清を失って消沈する崇徳帝に、自分も同じ白河と同じ血筋と…。 男児の誕生で、崇徳帝は鳥羽上皇に反撃、ですか。 でも、得
ドラマとアニメの感想日記
2012/03/19 11:04 AM
【第11回の視聴率は3/19(月)追加予定】久々に時子が登場♪そして、絶世の美女で、後に、後白河上皇(雅仁親王)の后になる時子の妹・滋子(しげこ)も登場しました♪まだまだ子供で...
ショコラの日記帳
2012/03/19 11:05 AM
【第11回の視聴率は3/19(月)追加予定】 久々に時子が登場♪ そして、絶世の
ショコラの日記帳・別館
2012/03/19 1:29 PM
『平清盛』第11回「もののけの涙」 得子(松雪泰子)は、崇徳帝(ARATA)を言いくるめ、自らの子・躰仁(なりひと3歳)に帝の座を譲ることを約束・・・。 ところが、得子の策略で院政ができないと知った崇徳帝は、蹴躓いて腹這いになりながら「たばかりよったなぁ、
世事熟視〜コソダチP
2012/03/19 8:35 PM
今週も大河ドラマ『平清盛』のお時間です。 あらすじ・・・・・
みはいる・BのB
2012/03/19 10:24 PM
大河ドラマ「平清盛」。第11回、もののけの涙。 良妻・明子を失った清盛の涙。 取り乱した清盛にもののけの血を感じる!?
センゴク雑記
2012/03/19 11:14 PM
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/中井貴一/深田恭子/上川隆也/玉木宏/加藤あい/田中麗奈/堀部圭亮/三上博史/檀れい/りょう/井浦新/加藤浩次/松雪泰子/小日向文世/和久井映見 第11回 「もののけの涙」 13.2%
to Heart
2012/03/20 12:19 AM
琵琶を奏でながら平家をいやしてきた、明子。 疫病にかかり、なくなることになる。 明子という名はフィクションであり、実際の記録は、高階元章の娘とあるだけで、具体的な名前は記されていない。 平重盛...
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
2012/03/20 12:24 AM
「平清盛」第11話の感想です。そろそろ宮中の昼ドラ展開にも限界が見えてきた気が…
Flour of Life
2012/03/20 1:12 AM
「虐げられていた帝がはじめて牙をむかれたのだ 受けて立ってさしあげねば----!! 待望の皇子が誕生し「帝の座は我が子に---!」 はじめて野心を見せた崇徳天皇に牙をむく得子--!! なんと彼を欺き、...
shaberiba
2012/03/20 12:34 PM
 タイトルの「もののけの涙」、得子(松雪泰子)のどろどろの権力欲、白河法皇の血をひく平清盛(松山ケンイチ)と崇徳天皇(井浦新)の対比……この脚本家(制作サイド)は、こういった宮廷のドロドロ劇場を描きたいらしい。  主人公サイドの清盛の妻・明子(加藤あ
英の放電日記
2012/03/20 5:56 PM
虐げられていた崇徳帝が遂に反撃に出ました 崇徳帝による院政の可能性もあったのですが、政治力では 上手の得子にまんまと騙されてしまった崇徳帝 宣旨には養子であるはずの躰仁親王を皇太弟と&hellip; 食うか食われるかの中で敵対する側の話を鵜呑みにすると
函館 Glass Life