Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『平清盛』 第9回「二人のはみだし者」
JUGEMテーマ:大河ドラマ
清盛と明子のあいだに生まれた子は、清太と名づけられました。
家盛の祝福も、兄であり父となった清盛は笑顔で受けます。
わりと兄弟仲が良かったのは、平氏の美点というべき習いでした。
しかし、さらに高い身分の方々は・・・・・・。

崇徳帝は即位から15年の歳月が流れていながら、いまだに鳥羽院のもと実権のないままでした。
その弟である四の宮、雅仁親王は、朝から今様をうたい博打場にも出入りする変わり者。
乳夫として、必死にいさめる高階通憲の言でさえも、まさに馬耳東風です。

清盛の屋敷に来た祇園女御は、清太をだいて言いました。
かつてのそなたと似ておる、と。
そして「今あちこちで吹きだしておる。法皇様が蒔いた禍の種が」とも。
そう言ったあと、引き出物として、かつて使った双六盤をあたえました。

東国では、義朝と家来の鎌田正清が、野宿をしていました。
そんな主従を、相模の三浦氏が訪ねてきます。
領地を荒らす者共を撃退するのに、ぜひ力を貸してほしいと。
それがかなうなら三浦一族をあげて従いまする、との誓いに、義朝は勇躍して答えました。

そのころ、美福門院得子は、ついに待望の男子を出産しました。
ここに朝廷内の均衡はくずれ、風雲の芽が吹きます。
この皇子誕生の祝いの席で、佐藤義清は得子に祝いの歌をよむよう命じられました。
ところが、義清のよんだのは、「瀬をはやみ岩にせかるる滝川のわれても末に会わむとぞ思う」の歌。
この場で崇徳帝の歌をよんだのは、義清にも考えあってのことでしたが、不和の風を呼びます。
(後々のことですが、義清は夜中に待賢門院のもとに現われ、「力になりたいのです」などとささやきながら門院の手を握ります。早くもアーティスト特有の破滅的人生?)

まずいことに、ふらりと雅仁親王があらわれ、赤子を抱いたあと、その頬をつついて泣かせる始末。
これには末席の清盛も驚きますが、不快になった得子は、親王の「国母になる野心をお持ちか」との戯言に怒りを増し、院の制止もきかず、「そんな野心はない。ただ、そこの福々しい女に地獄を味あわせたかっただけじゃ!」と恐ろしい本音を吐露。
あきれた表情の藤原頼長は、「気分がすぐれぬゆえ帰ります」と退席。
その父の忠実も、「ちかごろにない面白い宴でござった」との皮肉とともに去ります。
白けきった宴席に、雅仁親王のかわいた笑い声が響きました。

この一部始終をみて憤る清盛は、残っていた通憲に抗議しますが、「これが今の世の姿じゃ。清盛どのも、きれいごとだけでは世を変えられぬと思われよ」と、訓戒されました。
そこへ通憲の妻の朝子が、親王さまがまた行方不明に、と急報してきます。
やむなく、清盛も盛国らとともに、市中を捜索へ。
夜になり、清盛はやっと、身ぐるみ剥がされた親王を発見しました。

自分の屋敷に連れてきたものの、この奔放な人物は、清盛にも博打を挑みます。
このユニークすぎる親王の気迫に圧されたのか、得意の双六のはずが清盛は不利に。
そこへ、清太が飛んできたのをみた親王は、この子を博打の懸け物にすると提案。
おそれる清盛に、さらにプレッシャーをかけます。
しかし、焦る清盛の横から手を出した清太がさいを振り、大きな目を出しました。
せっかく有利な局面を乱された親王は怒り、清太に双六盤をふりあげました。
清盛は必死にわが子をかばい、親王にも刃を向けます。
親王は盤を投げて笑い出し、「そなたにも物の怪の血は流れておる。いつか、それが疼きだすぞ」と、予言めいた捨てセリフを残して哄笑しながら立ち去っていきました。

ついに清盛にとって最大の博打相手が出現しました。
のちに頼朝から、「日本一の大天狗」と恐れられた後白河法皇の若き日が強烈ですね。
(頼朝も、平静にナレーションしているけど大丈夫かなと思ったり?)
ともあれ、動乱の世に向かう大物役者が、またひとり。
これからの展開が興味津々です。


posted by: ふるゆき | 平清盛 | 22:12 | comments(10) | trackbacks(24) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:12 | - | - |
物語の主要人物が出揃ってきたのですね。
強い恨みや憎しみが渦巻く世界は、できるだけ避けて通りたいところですが、
このドラマでそれを言ったら先に薦めませんね(笑)
ここまで、主役のはずなのに、1度も見せ場らしい見せ場がない清盛くん、
そろそろ、主役らしい活躍を見せてほしいです。
| 悠雅 | 2012/03/04 10:56 PM |
悠雅さん、いつもありがとうございます。
宮廷内のドロドロが、今回は一気に噴出したようでしたね。
これが保元・平治の乱につながっていくわけですから、たしかに避けて通れない恐ろしさもあります。

しかし清盛は、祝宴に列席しても汚いですね。
地位も財力もある平氏の嫡男なのだから、たしかにそろそろ、主役として格好も活躍もきちんとしてほしいです。
| ふるゆき | 2012/03/04 11:20 PM |
雅仁親王の登場とエピソードの数々は、なかなかエキサイティングでしたね〜。
ところで、朝廷内の身分の上下は一体どうなってるんでしょうか。
藤原氏なんか、宴の途中で帰っていいのかよ、と思い切り突っ込みましたが^^;

新たに出てくる登場人物が面白いので、なかなか見ごたえはあります^^


| くう | 2012/03/05 12:16 AM |
くうさん、今回もありがとうございます。
こんなとこで何ですが、そちらへのTBを二重に送信したようです。
もしそうなら、お手数ですがひとつ削除して下さればありがたいです。
うかつで申し訳ありません。

それにしても、雅仁親王は強烈な登場でしたね。
このユニークにしてマイペースなお方が、あの時代に朝廷のトップとなるとは。
いまから保元・平治やその後の確執も期待値が上がります。

藤原父子は、いかに摂関家とはいえ体調不良(?)とか皮肉の置き土産とか、あんまりな退席ばかり。
院も愉快じゃないどころでは、とうていありませんね。
| ふるゆき | 2012/03/05 12:25 AM |
雅仁の登場…
頼長と一緒で清盛の強敵となっていきそうですね。

それにしても、あまりの自由奔放さにちょっと笑ってしまいました。
身ぐるみはがされていたし…(苦笑)
博打は危ないとようやく悟ってました。
| BROOK | 2012/03/05 6:18 AM |
>しかし清盛は、祝宴に列席しても汚いですね。
>地位も財力もある平氏の嫡男なのだから、たしかにそろそろ、主役として格好も活躍もきちんとしてほしいです。

同感です!
いつまでも、相変わらず汚くて、不思議ですね。
松ケン、セリフの言い回しもイマイチだし、段々、この主役、辛くなってきました(汗)

義清は好きなので、次回、期待しています。
ただ「散る」というのは思わせぶりすぎですね(^^;)
| ショコラ | 2012/03/05 6:11 PM |
BROOKさん、今週もありがとうございます。
ほんとうに雅仁親王は自由奔放な皇子ですよね。
通憲が冷静な人物評をしていましたが、あの放埓ぶりは通憲自身にも責任の一端があるのでは…と、ツッコミたくなりました(笑)。

義朝や頼長はいかにも強敵ですが、この親王は後白河法皇となってから「やっかいな」敵となりそうで、その片鱗が出たような気もします。
| ふるゆき | 2012/03/05 6:51 PM |
ショコラさん、TBにコメントもありがとうございます。
清盛も成長したんだから、それなりの格好に改めないと、ただの非常識にみえてしまいますね。

義清は、その性質や生き方からくるものか、あまりに大胆な行為に出てしましましたね。
しかも次回のサブタイトルが「散る」って……。ファンのなかには心配になる方も出そうですが?
| ふるゆき | 2012/03/05 6:55 PM |
皆さんの感想、いつも楽しく拝見しています。

清盛、子供が生まれたらすっかり大人しくなってしまい、地味で汚いだけの人になっている気が・・・。
雅仁親王の強烈さに完全に押されてしまって、誰が主役か判らない状態に・・・。

登場人物が全員凄まじくキャラが立っているだけに、今後の松ケンくんの演技が非常に不安です。
挫折せずに最後まで見届けられると良いのですが・・・。
| 成瀬尋古 | 2012/03/05 11:33 PM |
成瀬さん、コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、いつまでも清盛が汚いのは首をひねりますね。
これもご指摘のように、雅仁親王や頼長らの強力キャラが続けて登場したので、主人公なのに影が薄くなっています。

ここ数年あったような、理由もなく主人公が周囲から持ち上げられるような展開は願い下げですが、強烈ライバルにうもれてしまうのもマズイですよね。
大人になって子供も生まれたんだし、なんとか保元・平治の乱という激動の時代に向けてもっと盛り上がってほしいかぎり。

いつも詳しい感想記事や、納得の関連書籍を紹介されるので、また拝見しにおじゃましたいですね。
どうぞよろしくお願いします。
| ふるゆき | 2012/03/06 7:16 PM |









この記事のトラックバックURL
http://furuyuki.jugem.jp/trackback/1148
トラックバック
2012/03/04 10:43 PM
大河ドラマ「平清盛」第9話は即位して15年になる崇徳帝は15年の月日を経ても鳥羽院に疎まれ続け世継ぎもいなかった。そんな中崇徳帝の弟雅仁親王は街をうろつくなど周りを困らせて ...
オールマイティにコメンテート
2012/03/04 10:45 PM
〜ふたりのはみだし者〜
悠雅的生活
2012/03/04 10:53 PM
崇徳帝(井浦新)の弟君の雅仁親王(松田翔太)は、ばくち場に入り浸る変わり者の親王。 今様狂いのこの親王が、後に為政者として清盛(松山ケンイチ)と争うことになる 後白河法皇の若き日の姿であった...
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/03/04 11:12 PM
平氏の中は幸せが包み込んでいて見ていてほんわかとなるのと対照的に、王家では血みどろの戦いが繰り広げられていて今回それがとうとう顕在化してしまう状況にまでなってしまうという両極端な展開となりました。その中で登場した源義朝は、相模国の三浦一族が助けを求め
あしたまにあーな
2012/03/04 11:22 PM
第九回「ふたりのはみだし者」   
またり、すばるくん。
2012/03/04 11:31 PM
どうせおいらははみ出し者よ、同じお前もはみ出し者よ、どうせはみ出た身であれば見事咲きましょ咲かせましょ。花の都ではみ出した男同士の血が騒ぐ。松田ブラザーズ弟参戦!松と松とが初対面、喧嘩四つで渡りあうううっ?
真田のよもやま話
2012/03/04 11:41 PM
今回は朝廷パート多め。 それもそのはず、後の後白河帝の雅仁親王(松田翔太)登場の巻〜〜!! 清盛と明子の間に若君が誕生し清太と名付けられる。 祝いの宴はみんな仲良く盛り上がって楽しんだ。 久し...
よくばりアンテナ
2012/03/05 12:13 AM
後白河法皇、初登場が今回のドラマのメイン。好き勝手に動いているというか、何というかライアーゲーム的な松田翔太@後白河法皇。 さすがに公達があの恰好で市外に出て、バクチに興じるなんてどうしたもんでしょ??バクチに負けて身ぐるみを引っ剥がされるのは、いく
人斬り藤次郎の雄叫び
2012/03/05 12:16 AM
平清盛ですが、清盛(松山ケンイチ)は明子(加藤あい)が男児を出産して初めて子供をもちます。清盛は感激にうち震え、一族郎党でドンチャン騒ぎをします。庭先で褌一丁で歩いてますし、南京玉簾まで登場して収拾がつかなくなりますが、あの平忠正が毎週恒例の清盛イビ
一言居士!スペードのAの放埓手記
2012/03/05 5:51 AM
  第九回「ふたりのはみだし者」崇徳帝は即位してから15年の歳月がたっても鳥羽院に疎まれ続け、子もなしていなかった。そんな崇徳の弟である四の宮・雅仁親王は兄の苦悩を横目...
日々“是”精進!
2012/03/05 5:51 AM
高笑いは、泣き声のよう… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203040004/ 平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) NHK出版 NHK出版 2011-12-20 売り上げランキング : 3298 Amaz
日々“是”精進! ver.A
2012/03/05 8:49 AM
聖子なのに聖子じゃねえ本物聖子もキタ━━(゜∀゜)━━ッ!!今日のみどころのテロップが消えた平清盛第九回ふたりのはみだし者後の後白河天皇、雅仁親王が登場した。舞〜え〜♪12...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2012/03/05 8:49 AM
聖子なのに 聖子じゃねえ本物聖子もキタ━━(゜∀゜)━━ッ!!今日のみどころのテ
虎団Jr. 虎ックバック専用機
2012/03/05 1:41 PM
『平清盛』第9回「ふたりのはみだし者」 なんじゃこれ〜〜?? 『ふたりのはみだし者』って、清盛(松山ケンイチ)と雅仁(松田翔太)がメインだと思うんだけど、『ふたりの女』⇒待賢門院璋子(檀れい)と得子(松雪泰子)が濃厚すぎて、清盛が埋没してない??
世事熟視〜コソダチP
2012/03/05 1:41 PM
今週も新キャラ登場!その名は秋山真一…え、違うの?おかしいなぁ。。。
Flour of Life
2012/03/05 4:25 PM
平家に生まれた清太と王家に生まれた躰仁親王、 対照的でしたね。 望まれて生まれてきた清太と災いの種となる躰 仁親王。 絶対権力を握っていた王家に生まれた躰仁親王 ですが、もし?平家の子として生まれていれば その誕生を皆に祝福されていたのでしょうね 後
函館 Glass Life
2012/03/05 6:12 PM
前回の視聴率、ようやく15.0%まで戻してきたと喜んだのに、第9回の視聴率、また大幅にダウンしてしまい、13.4%(関東)でした。裏の「世界の果てまでイッテQ!5周年SP」が18.0%だ...
ショコラの日記帳
2012/03/05 6:12 PM
前回の視聴率、ようやく15.0%まで戻してきたと喜んだのに、第9回の視聴率、また
ショコラの日記帳・別館
2012/03/05 7:01 PM
 テーマは血の因縁  ふたりのはみ出し者、清盛(松山ケンイチ)と雅仁親王(松田翔太)、このふたりもライバルとなるらしいが、義朝(玉木宏)や頼長(山本耕史)とは違い、白河法皇がらみの血の因縁が絡んでいる。  鳥羽上皇(三上博史)、崇徳天皇(井浦新)との複
英の放電日記
2012/03/05 9:11 PM
今週も大河ドラマ『平清盛』のお時間です。 あらすじ・・・・・
みはいる・BのB
2012/03/05 10:36 PM
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/中井貴一/上川隆也/松田翔太/藤木直人/玉木宏/加藤あい/豊原功補/大東駿介/堀部圭亮/三上博史/檀れい/りょう/井浦新/山本耕史/加藤浩次/松雪泰子/阿部サダヲ/國村隼 第9回
to Heart
2012/03/05 11:28 PM
平清盛の長男誕生を祝う平家の宴は大賑わい。 弟と酒を酌み交わす清盛の姿にほっこりだ!!。 しかし、鳥羽上皇と得子の皇子誕生を祝う王家の宴は微妙なものに。 そこに璋子の子4男後の後白河法皇 雅仁...
shaberiba
2012/03/06 1:26 PM
NHK大河ドラマ「平清盛」完全読本 (NIKKO MOOK) NHK大河ドラマ「平清盛」完全ガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 267号) 平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) 解説 番組概要 ...
青いblog
2012/03/06 11:08 PM
大河ドラマ「平清盛」。第9回、ふたりのはみ出し者。 雅仁親王(後の後白河法皇)が登場! 2日遅れての視聴のため、簡単に感想のみ。
センゴク雑記