Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『平清盛』 第7回「光らない君」
JUGEMテーマ:大河ドラマ
京の屋敷に帰還した忠盛は、海賊討伐における一門の労をねぎらいました。
家盛は、清盛に海賊退治の話を聞きたがります。
それ以上に、屋敷にたむろする兎丸たちに興味津々のようですが。
そして兎丸は、まだまだ疑念を持っていました。
父の義をあかすのでなければ許さん、とまで言います。
が、清盛は「俺についてきたことを後悔はさせぬ」と、受けあいました。

鱸丸は、清盛から武士の装束をもらい、意外なことを聞かされます。
それは、なくなる前に盛康が、彼を養子にするという清盛の提案を承諾したこと。
ここに鱸丸は名を平盛国とあらため、正式に清盛の家臣となりました。
清盛自身も、従四位下の位階を授かり、鳥羽院の御所へ挨拶におもむきます。
御所で行き違った藤原忠実は、清盛を軽蔑しきった目で冷笑してひと言。
「あの手この手でのしあがろうと、精の出ることじゃ」と。

その帰り道、清盛は雨で難儀していた高階基章とその娘、明子を助けます。
基章は、住吉明神で「高貴な方に親切にすれば願いがかなう」とのお告げを信じ、意外な申し出を。
それは何と、明子を清盛にもらってほしい、というものでした。
鱸丸あらため盛国も当惑していますが、にわか武士なのに烏帽子も装束もきちんとしていて、位階をもらっても薄汚れた格好の清盛と、どちらが主君か家来かわかりません。
よくそんな男に娘を娶ってほしいという親がいるものです。

御所では、得子が鳥羽院の子を産んでいました。
それは女の子であったため、堀河局は安堵しています。
ところが、たま子は産着などを持参して得子を祝いに行きました。
なんの屈託もなく祝意を述べるたま子に、得子は苛立ちが抑えきれないようす。
たま子らが去るが早いか、「嫌味ならまだよい。あの女は本当に祝いに来たのだ!」と怒り心頭。
その怒りの勢いで、鳥羽院に、「和子を産みとうございます!」と迫るのでした。
またも「天然」の脅威により、宮中の空気が混乱させられています。

同じころ、佐藤義清は、崇徳天皇の御前で歌をよみ、その才を認められていました。
清盛は、そんな義清に恋愛相談をしますが・・・・・・。
後日、基章の屋敷では、公家平氏である平時信の娘の時子が、明子から琵琶を習っていました。
どこか夢みるタイプの時子は、明子から清盛の話を聞くと、目を輝かせます。
「まるで光源氏と明石の君ではありませんか!」と感激爆発。
すぐにお参りに行きましょう、と明子をともなって神社へ行くと、そこには先客がいました。
それは、明子との再会を神に祈る清盛そのひと。
都合がいいんだか悪いんだか、判定不能な展開です(苦笑)。

しかし、清盛のがさつな態度に時子は呆れてしまい、明子は恥ずかしげに去ります。
あわてた清盛は後を追い、不器用に話しかけますが、明子は意外にも海の話に興味を。
ただ、「父の申したことは、忘れてくださいませ」と言い、走り去りました。
清盛はあきらめきれず、義清に歌を作ってもらい、明子に文を送る作戦に。
が、明子からの返歌は、意に沿わないものでした。
義清は「こういう駆け引きを楽しむのが恋だ」とアドバイスしますが、清盛には通じません。
とうとう清盛は、高階の館に乗り込み、直談判します。

明子には、父が住吉明神のお告げにすがるのを拒む気持ちがありました。
清盛は「見くびるでない!」と大声を出し、お告げでなく自分の心で妻にしたいと思うのだ、と断言。
「海に行きとうございます。清盛さまの目にうつる広い海に」と、明子が語ると、
「きっとそなたを、広くて面白い世に連れて行ってやる!」と、清盛は受けあいました。
こうして清盛は、高階親子を屋敷に連れて戻ります。
忠正はあきれ果て、家貞も「いまが平氏にとり、どんな時かおわかりですか」と諌めます。
しかし、明子を妻としたい清盛の熱意に、忠盛は「わかった」と言いました。
純粋そのものな家盛は、清盛を祝い、「兄上を頼みます。義姉上」と早くも明子に言葉を。

ひとり奥へ向かう忠盛は、「遊びをせんとや・・・」と、亡き舞子の唄を口ずさんでいます。
清盛のいちずさや、明子の情熱に、かつての自分と舞子の思い出をかさねたのでしょうか。
宗子は、せっかく従兄弟の家成が用意してくれた名門の姫君との縁談を、忠盛がことわるだけでも不本意なのに、あの唄を夫が口にするのは哀しいどころではなかったでしょう。

恋のお話に終始した回でした。わりと面白かったですが。
来週は、いよいよ義朝とは異なるタイプの強敵が出現するようで期待です。
そろそろ、政治活動もしないとね。




posted by: ふるゆき | 平清盛 | 21:10 | comments(8) | trackbacks(23) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 21:10 | - | - |
若くて元気な清盛くんの恋物語、実ってよかったね、と笑顔になりますが、
忠盛の決断やあの歌に、かなり心が乱れているはずなのに、ほとんど表情を変えずに飲み込む宗子が寂しそうで、
和久井さんがまたそれを巧い具合に見せていましたね。
来週からはまた新キャラも登場して、波乱が起きそうです。。。
| 悠雅 | 2012/02/20 12:12 AM |
兎丸に「後悔させぬ」と言う清盛。
良家の子女ではなく明子を娶っても平氏をのしあげてみせるという清盛。

あ〜やっと主人公相応の年齢になって来たなぁ…
と思い、満足できた回でした。

脚本も今回、笑いどころが多くて面白かったですね。
大河の恋バナ回はつまらない事が多いので、意外な展開でした。
| くう | 2012/02/20 4:28 AM |
今回は清盛と時子の“関係”が面白かったですね。
源氏物語に心酔している時子でしたが、
清盛が明子に言っていた言葉を聞いて、心に何か感じたようで…。
それが追々の展開に繋がってきそうです。
| BROOK | 2012/02/20 5:56 AM |
悠雅さん、いつもありがとうございます。
若さと勢いで初恋をみのらせた清盛ですが、一門の意にかなう結婚とはならないようす。
でも、身分高き姫君をもらえば安泰かといえば、それはそれで政争に巻き込まれたりとかあるんでしょうね。

さびしげな表情の宗子と、純真な笑顔の家盛という対照的な親子の対比も複雑でした。
いよいよ次回から、悪左府と呼ばれる頼長の登場で、物語に大きなうねりがきそうです。
これは注目ですね。
| ふるゆき | 2012/02/20 7:07 PM |
くうさん、今回もありがとうございます。
恋のゆくえも、鱸丸や兎丸への対し方も、やっと成長した清盛の姿が見られた気がしますね。

明子への情熱も、時子とのバッドタイミングな遭遇も、突っ走る清盛のキャラクターが面白かったです。

大河で恋愛を描くのは、たしかにけっこう難しいかも。
まさか「源氏物語」をキーワードにしてサブタイトルや人物造形をするとは思いませんでした。
平氏なのに(笑)。

| ふるゆき | 2012/02/20 7:14 PM |
BROOKさん、今週もありがとうございます。
時子はヘンな出会いばかり経験して、せっかくの夢みがちな心情を壊されまくりで、少し気の毒でした。

でも、のちに彼女がたどる運命を思うと、このドタバタがどうつながってくるのか、今からあれこれ想像もできそうです?
| ふるゆき | 2012/02/20 7:18 PM |
>ひとり奥へ向かう忠盛は、「遊びをせんとや・・・」と、亡き舞子の唄を口ずさんでいます。
>清盛のいちずさや、明子の情熱に、かつての自分と舞子の思い出をかさねたのでしょうか。

私も忠盛は舞子の事を重ねたから簡単に許したのだと思いました。
でなかったら、平氏のためにならない結婚、そう簡単には許さなかったと思います。
あの歌を口ずさんでいたから、宗子は真意が分かって、余計に嫌な気持ちだったでしょね(汗)

結婚は今の時代も偉い人ほど大変ですね。
庶民で良かったです(^^)
| ショコラ | 2012/02/21 3:33 PM |
ショコラさん、コメントもありがとうございます。
ラストの宗子は、なんとも寂しげな表情でしたし、恋をつらぬいた清盛も、これから試練が来るかも。

平安時代の結婚は、現代とかなり違うそうですが、平氏のためという目的も当然ありますよね。
地位や財産があると、いろいろ複雑になるのは、いつの時代でも同じですね。
| ふるゆき | 2012/02/21 7:30 PM |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
2012/02/19 10:13 PM
崇徳帝が百人一首でもお馴染みの 「瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に あはむとぞ思ふ」 という歌を詠んで、後の西行法師がなんやら偉そうな事をのたまっていたが ちょうど帰り道に米朝師匠の落語「崇徳院」がラジオから流れていたので、 シリアスな場面
しっとう?岩田亜矢那
2012/02/19 10:13 PM
崇徳帝が百人一首でもお馴染みの 「瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に あはむとぞ思ふ」 という歌を詠んで、後の西行法師がなんやら偉そうな事をのたまっていたが ちょうど帰り道に米朝師匠の落語「崇徳院」がラジオから流れていたので、 シリアスな
こちら、きっどさん行政書士事務所です!
2012/02/19 10:15 PM
大河ドラマ「平清盛」。第7回、光らない君。 今回は清盛の恋の話。 なんか、所々にいまいち感が・・・
センゴク雑記
2012/02/19 10:27 PM
海賊討伐をへて、清盛(松山ケンイチ)は従四位下の位を得て出世する。 そんなある日、清盛は下級貴族・高階基章(平田満)とその娘・明子(加藤あい)と出会う。 基章は、ひと目で清盛が気に入り、明子...
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/02/19 10:35 PM
第七回「光らない君」   
またり、すばるくん。
2012/02/19 10:38 PM
最初の女房と次の女房にいっぺんに会っちゃったって話。そーいや、出番なかった義朝君は元気かなー?
Curse priest
2012/02/19 11:14 PM
前回が出だしの大きな見せ場だったとすると、今回はその後にきた静かで次の大きな出来事への地ならし的な内容であったように思います。その次の大きな出来事とは何なのか分かりませんが、女性問題が大きく発展していくのではないかと思えるような予感をさせるものとなっ
あしたまにあーな
2012/02/19 11:24 PM
トップ>平清盛>平清盛 第七回『光らない君』を観る 今週も見たよ!という方はまずはポチリと ↓↓↓ 平清盛 第七回『光らない君』 大阪市 住吉大社 ◎『平清盛』登場人物/キャスト 「そなたの夕餉を食い、毎日食いたいと
(自称)大河ドラマ批評家「一大河」の批評レポート
2012/02/19 11:32 PM
NHK大河ドラマ「平清盛」完全読本 (NIKKO MOOK) NHK大河ドラマ「平清盛」完全ガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 267号) 平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) 解説 番組概要 ...
青いblog
2012/02/19 11:52 PM
まるで光源氏と明石の君ではござりませぬか 夢見る少女深キョン時子様。まさか明子さんの相手が この「光らない清盛」とは思ってなかった(笑)でも・・ 「俺は俺の心に従いそなたを妻にしたいと申してお...
shaberiba
2012/02/20 12:08 AM
〜光らない君〜
悠雅的生活
2012/02/20 12:24 AM
平清盛ですが、清盛(松山ケンイチ)は海賊退治の功績で従四位下に昇進します。清盛は海賊勢力を一門に吸収しますが、そのさい検非違使に賄賂をおくっており、形振り構わぬやり方はこの頃からのようです。平忠盛(中井貴一)は念願の公卿になれませんが、藤原忠実(國村
一言居士!スペードのAの放埓手記
2012/02/20 5:44 AM
  第七回「光らない君」犠牲は出したものの見事に海賊を討伐した平氏一門だったが、棟梁である忠盛が念願の公卿にひきたてられることはなかった。それでも清盛は従四位下の位を授...
日々“是”精進!
2012/02/20 5:44 AM
清盛、妻をもらうことに… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201202190004/ 平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) NHK出版 NHK出版 2011-12-20 売り上げランキング : 7433 Amaz
日々“是”精進! ver.A
2012/02/20 8:31 AM
先週、ご懐妊あそばした得子が今週は出産されました(*^_^*) 姫御子さまだったということで、璋子は産着をお祝いに差し出す。 悔しくて御子様を産みたいって鳥羽院に飛びかかっていく得子。 こわぁ〜(^_^;...
よくばりアンテナ
2012/02/20 1:20 PM
『平清盛』第7回「光らない君」 1話あたりの製作費が1億円といわれるだけあって撮影や衣装・小道具などのクオリティが高い。 映像も丁寧だし造りが真摯。 だけど、平氏一門の物語が地味で、主役・清盛は”自分探し”の内向きな物語が続いたし、朝廷は陰鬱ドロ
世事熟視〜コソダチP
2012/02/20 7:00 PM
「平清盛」第7話を見ました。今年の大河が始まって初めてのまともな恋バナパートかと思いきや…
Flour of Life
2012/02/20 10:51 PM
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/中井貴一/深田恭子/上川隆也/藤木直人/加藤あい/豊原功補/佐戸井けん太/平田満/檀れい/りょう/井浦新/尾美としのり/加藤浩次/松雪泰子 第7回 「光らない君」14.4% 海賊討伐
to Heart
2012/02/21 10:44 AM
鱸丸改め平盛国の誕生です 清盛が亡くなったのが盛国の屋敷だと伝えられているくらい ですから、清盛と盛国の絆は相当深かったのでしょうね それにしても清盛の衣装が酷過ぎます 家来の盛国と比べてもどちらが主なのか分かりません。 院にお礼の挨拶に行く時の姿
函館 Glass Life
2012/02/21 3:35 PM
第7回の視聴率は、前回の13.3%より上がって、14.4%(関東)でした。同日の『必殺仕事人2012』は15.7%で、負けてしまいました。今回は、『源氏物語』が出て来て、古文が苦手なので、書...
ショコラの日記帳
2012/02/21 3:35 PM
遅くなってしまって、すみません。 第7回の視聴率は、前回の13.3%より上がって
ショコラの日記帳・別館
2012/02/21 7:13 PM
光らない?って、そりゃあそうでしょう、源氏じゃないんですもの・・・ゴホンゴホン。  これってつまり嫁取り話?難儀な所に入ってまいりましたねええ〜。ここんところの大河のここら辺って妙に現代風って言うか、今の価値観を出しすぎちゃって難しいなあみたいな感じ
真田のよもやま話
2012/02/21 8:33 PM
一日遅れですが、『平清盛』のお時間です。(^^; あらすじ・・・・・
みはいる・BのB