Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『平清盛』 第3回「源平の御曹司」
JUGEMテーマ:大河ドラマ
元服しても清盛は、あいかわらず暴れ者です。
ただ、その力を西海の盗賊退治に使っていました。
仲間とともに賊から奪い返した米や穀物を農民に配り、得意顔です。
しかし、その盗賊たちが大規模な徒党をくんで村に再度、来襲してしまい・・・・・・。

京の平氏館に、伊藤忠清が注進にきました。
なんと西海で捕らえた盗賊のなかに清盛がいるというのです。
忠盛は、その政治力で息子を釈放させますが、忠正はあきれる一方。
元服して平次あらため家盛や、その母の宗子は清盛をかばいますが。

そのころ、平氏の躍進をうらやむ源為義は、息子の義朝を北面の武士にしようと必死でした。
ゆかりのある藤原父子に懸命な誓願をしますが、手ごたえはいまひとつ。
その横を正装した平忠盛が昇殿していき、為義は歯がみします。
鳥羽上皇に拝謁した忠盛は、白河院に仕えたそのほうが自分に忠義を誓えるか、と聞かれました。
すると、藤原家成が横から、長男の清盛を院北面の武士として忠義を証明してはと提案。

そんな父の境遇も知らず、清盛は検非違使の牢獄から配下の国松や時松らを牢破りで救出。
親身に忠告する鱸丸の言葉にも耳を貸さず、都大路をのし歩きます。
しかし、逃げた先で上皇の行列を警護する北面の武士に出会い、また国松たちは捕らわれの身に。
ひとりで3人を倒して捕らえたこの武士は、佐藤義清という文武両道の達人でした。
(ご存知のかたも多いでしょうが、のちに西行となる人物です)
この少し前に往来で清盛は、源氏の若武者、義朝から勝負を挑まれます。
その場は、かるく断わりましたが。

そんなこんなの清盛の振る舞いには、忠盛や平氏の人々も困惑。
しかし反省のない清盛は、自分が名乗り出て国松や時松を救う、と言い忠盛に一喝されます。
あの村を再度襲った盗賊はお前たちの退治した連中であり、その仕返しで民が迷惑した。お前らの浅知恵でおさえた者は、浅知恵でやり返すだけだ、お前らは民を守ってなどおらぬ!と。
返す言葉もない清盛は、さらに家盛や宗子の同情にも耐え切れず、屋敷を飛び出しました。

その後、どうやって見つけたのか野原で矢の稽古をする義朝に、今度は清盛が勝負を挑む蕃に。
二人はくらべ馬で対決しますが、心に乱れのある清盛は落馬してしまいます。
義朝は、かつて白河院の御前で異様な殺気をもち舞をまった男に勝ちたかったと説明。
武士が王家を守っているのだ、いつかそれを世間に思い知らせると叫びました。
そして、再度勝負をいどむ清盛に振り向きもせず去ります。

こんないくつかの体験をして、清盛は考えがかわったようす。
義朝に負けたときは、自分の未熟さを自責の念で叫んでいました。
そして、ついに北面の武士となりました。
無頼の心をかかえたまま、というナレーションのとおりなら、不貞の輩といえそうです。
強力なライバルも出現して、これからが楽しみです。

 
posted by: ふるゆき | 平清盛 | 22:21 | comments(8) | trackbacks(19) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:21 | - | - |
やっと、ちょっとだけ成長したってところでしょうか。
しかし、あそこまでして父に一喝され、母と弟に泣きつかれて
ようやく自分の身の程を知るとは・・・
まさに坊ちゃん。結構イライラしながら見てました。

そんな私がこのドラマで楽しいのは、やはり朝廷♪
この先もドロドロが楽しみです〜♪
| くう | 2012/01/23 12:32 AM |
忠正が清盛に平氏との縁を切るように言ったものの、
忠盛がそれはダメだと諭すシーンが印象的でした。
忠盛は清盛の中にある“何か”を感じているみたいですね。

飛び出した清盛がたしかにどうやって義朝を見つけたのか…ちょっとツッコミどころだったと思います。
| BROOK | 2012/01/23 6:16 AM |
>ひとりで3人を倒して捕らえたこの武士は、佐藤義清という文武両道の達人でした。
>(ご存知のかたも多いでしょうが、のちに西行となる人物です)

まあ。藤木さん、璋子さんとの前にも登場してたんですね(汗)
捕まえた人と同一人物だと、私、分かっていませんでした(汗)
それに、この人が西行だったなんて、それも知りませんでした(汗)
丁寧な説明、ありがとうございます♪(^^)

璋子さまの「叔父子」発言、一番、印象に残りました(笑)
| ショコラ | 2012/01/23 12:24 PM |
くうさん、いつもありがとうございます。
なんと言っても名門のお坊ちゃま、自分は野良犬をきどっても、赤子にすぎませんでした。
でも、ひとつの成長をみせましたね。
忠盛は大きく深い愛情の持ち主です。

それにしても朝廷内部の闇はじつに深く、おそろしい火種もはらんでいて危ういですね。
平行して見せられる時代の流れに、目が離せません。

| ふるゆき | 2012/01/23 7:31 PM |
BROOKさん、今週もありがとうございます。
忠盛の愛情はともかく、血のつながらない清盛のどこを見込んでいるのか、その説明がほしい気はしました。

義朝との対決は、カッコよくもあったけど、いささか情けない結果でもあり、これからのドラマにどうつながるか注目ですね。
| ふるゆき | 2012/01/23 7:34 PM |
ショコラさん、今回もありがとうございます。
佐藤義清は初登場ということもあって、文武の達人である描写で顔見せという演出だったかもしれません。

しかし「叔父子」発言には、驚きました。
高貴な女性のため感覚がちがうのかもしれませんが、鳥羽上皇が気の毒なのはもちろん、純粋さも度がすぎれば怖ろしいとしか言えなくなりますね。
| ふるゆき | 2012/01/23 7:37 PM |
いつも遅くなってすみません。

まだまだ自分を見つけられなくて、進むべき道が見えなくて抗うのが若さの素晴らしいところ。
大いに悩んでぶつかって、情けないところも晒して傷つかなくては成長もないものね、と母親目線で清盛くんを観ている昨今。
尚更、器が大きい大人な忠盛が素敵に見えてしまいます(笑)

清盛の成長とともに、このお話も大きく動き出しますね。
| 悠雅 | 2012/01/23 10:39 PM |
悠雅さん、コメントもありがとうございます。
私もTBが遅れたり、コメント内容がずれてたりしますし、どうぞお気になさらないで下さい。

今回は、まさに若さゆえの迷い道でしたね。
たしかに悩んで失敗して、カッコ悪い自分に失望するのも、今はいい経験ですから。
のちに大権力者に登りつめる清盛ですが、いまの日々を、若いときの純粋な思いを、どれだけ覚えて成長するのでしょうか。
まずは北面の武士として初出勤(?)して、どのていどの勤務態度かを見せてもらうことになりそうです。
| ふるゆき | 2012/01/24 7:33 PM |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
2012/01/22 10:58 PM
3回目にして早くもはじめの山場を迎えたような気がします。鱸丸たちと共に海賊と戦って得た利益を民に分け与えては、感謝されることに対して満足する毎日を暮らしていた清盛ですが、実は自分一人で生きている訳ではなかったことが後ほどになって分かります。 浅はかな手
あしたまにあーな
2012/01/22 10:58 PM
NHK大河ドラマ「平清盛」完全読本 (NIKKO MOOK) NHK大河ドラマ「平清盛」完全ガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 267号) 平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) 解説 番組詳細 ...
青いblog
2012/01/22 11:39 PM
清盛(松山ケンイチ)は、瀬戸内海で船の警護役と称し海賊と戦い、取り返した食物を 漁民に返すという無頼の日々を送っていた。 しかし、賊と間違われた清盛は捕らえられ、京に連れ戻されてしまう。 再...
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/01/22 11:58 PM
第3回「源平の御曹司」 
またり、すばるくん。
2012/01/23 12:07 AM
野良犬として声を上げこの世を面白う生きてやる!と青春の決意を述べた先週の清盛様。でもそんな甘い思いが通用するような世の中ではなさそうな雰囲気・・いえいえ、今でもそうですよねえ、誰でも彼でもが根拠もなく夢を見てそれを実現できるような世の中なんてあるはず
真田のよもやま話
2012/01/23 12:16 AM
平清盛ですが、源頼朝(岡田将生)と北条政子(杏)はまだ同じ場所で平家滅亡について感慨に耽っています。こうなったら最終回までずっとあのままで変わらずにいて欲しいものです。 平清盛(松山ケンイチ)は海賊王になっていますが、蓬頭垢面、とにかく薄汚いので観光
一言居士!スペードのAの放埓手記
2012/01/23 5:53 AM
  第三回「源平の御曹司」清盛は、瀬戸内海で自称船の警護役として、海賊と戦い、取り返した食物を盗まれた漁民に返すという無頼の日々を送っていた。しかし、賊と間違われた清盛...
日々“是”精進!
2012/01/23 7:57 AM
「平清盛」第3話「源平の御曹司」を観た感想いきまっす! ネタバレ注意です☆ 玉木宏さんがいっぱい出てくれるかな〜と楽しみにしていましたv さて、弟も元服して家盛になりましたね。 家を守れってな名前みたいな。^^ 清盛も簡単ながら、文だけは家に送ってい
ドラマとアニメの感想日記
2012/01/23 12:25 PM
【第3回視聴率は、1/23(月)追加予定】平清盛(松山ケンイチ)が舞いを舞った時から3年が経ち、1132年になりました。平清盛は、1118年生まれなので、数えで15歳。源義朝(玉木宏)は、11...
ショコラの日記帳
2012/01/23 12:25 PM
【第3回視聴率は、1/23(月)追加予定】 平清盛(松山ケンイチ)が舞いを舞った
ショコラの日記帳・別館
2012/01/23 1:16 PM
『平清盛』第3回「源平の御曹司」 西海で鱸丸(上川隆也)ら郎党とともに無頼の日々を送っていた清盛(松山ケンイチ)は、海賊と戦い、取り返した食物を盗まれた漁民に返していた・・。 清盛「弱いものイジメするんじゃねぇよ。」と海賊退治。 海賊とのアクショ
世事熟視〜コソダチP
2012/01/23 8:02 PM
大河ドラマ「平清盛」。第3回、源平の御曹司。 今後もライバルとして競うこととなる、源義朝の登場。 同じ武士の御曹司との出会いが清盛に影響を与える。
センゴク雑記
2012/01/23 10:17 PM
大河ドラマ『平清盛』のお時間です。(^-^) あらすじ・・・・・
みはいる・BのB
2012/01/23 10:23 PM
〜源平の御曹司〜
悠雅的生活
2012/01/23 10:31 PM
今週もこのお時間がやってまいりました〜。日曜8時が楽しみなのって何年ぶり?
Flour of Life
2012/01/23 11:17 PM
ご飯食べながら見ていたので、リアルタイムでのレビューは書けませんでした。「今日は書かなくてもいっか&hellip;」と、思っていたら!鳥羽上皇に発した璋子のあまりのKY発言にぶっ飛んでしまった「平清盛」第3話です。【息災也】前回、白河法皇の前で「マジ、殺し
ブルー・カフェ
2012/01/24 10:36 AM
画面が薄汚いとクレームがついたようですが、時代背景 からするとあたらずも遠からずでは 天皇家や摂関家と虐げられていた武士との対比を強調す る演出もあるような気もします 自分の思うがまま生きているつもりの清盛ですが、平氏 の力に庇護されていた事によう
函館 Glass Life
2012/01/24 4:30 PM
今年の大河は面白いわー。たまちゃん、酷すぎ!いくらなんでも、鳥羽上皇かわいそすぎ・・・。面と向かって、「あなたの子じゃないけど、かわいがって(はぁと)」はないっしょ! もう、堀河の局も可哀想すぎるw さぞや胃が痛いであろう・・・。そういえば、後の西行
シフォンなキモチ
2012/01/24 10:38 PM
源義朝なくして平清盛なく、 平清盛なくして源義朝なかった 永遠のライバル誕生!(メ^_^)=O=(^_^メ) いじけた平清盛(松山ケンイチ)を立ち直らせたのは、ライバル源義朝(玉木宏)! 勝負して友情を育む2人w 競べ馬かっこいい♪ 顔を見られたくなくて振り
空色きゃんでぃ