Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『江〜姫たちの戦国〜』 最終回「希望」
 いよいよ最終回となりました。
タイトル前に、家康のあとを追うように本多正信も最期を迎えます。
見舞いにきた秀忠に残したその遺言ともいえる言葉は、「鬼になりなされ」というものでした。

その言葉を実行するのか、二代将軍として政務に邁進する秀忠は、竹千代を世継ぎと決断。
しかし、千姫のことは、まだまだ気がかりです。
江と常高院に会うため江戸に来た京極龍子あらため寿芳院は、二人から千姫の話をきくと、かつて
江にアドバイスしたときと同じく、「新たな輿入れを」と言ったりしますが。
江が秀忠にこれを伝えると、意外にも「考えてはいる」との答え。
相手に選んだのは、徳川四天王である本多忠勝の孫で、家康の長子で亡くなった信康の娘を母にもつ本多忠刻という青年大名でした。

このことを秀忠から言われても、まだかたくなに拒絶する千姫でしたが、江が自分は三度も輿入れしたし、亡き秀頼もそなたが幸せになるのを望んでいよう、と説いたのは心にひびいたようす。
こうして千姫の婚儀は決まり、江も秀忠もやや安心します。
元和三年には、秀忠の大名統制がさらに進行。
家康の側近として辣腕をふるった本多正純を改易し、親藩の越前松平忠直を乱行のかどで流罪にするなど、20あまりの大名家をとりつぶしました。

いささか厳しすぎでは、と批判的な江にとって、それとは別に青天の霹靂が。
お福が常高院に「秀忠様に隠し子が」という内緒話を、廊下で大声もまじえてしたため、江が聞いてしまいました。こういう話は周囲を確認して、小部屋とかでするものでしょうが・・・。
これに悲憤した江は、秀忠に詫びられても「許しませぬ」と言い切る始末。
しかし、江戸に来たついでに江に会いにきた佐治一成と話すうち、考えをあらためます。
まずは、その子に会ってみようと、江は保科幸松という少年を呼び出しました。

おさない身で、緊張して挨拶する幸松をみた江は、哀れに感じたよう。
秀忠がこれを聞いて急いで来たときは、二人で双六に興じていました。
その後、竹千代や国松と無邪気に遊ぶ幸松を見た秀忠は、江が自分の心の狭さを省みて、このようなことがないよう奥向きの家族がともに暮らせる場所を作りたいと語る願望を聞き、「それは、そなたに任せよう」と言いました。これが秀忠の大奥法度につながるとのこと。
また、幸松はのちに幕府をささえる大老の保科正之となり、竹千代こと三代将軍家光を助けます。
そして元和六年には元服の儀が行なわれ、竹千代が家光、国松が忠長という名になります。
さらに五女の和が、後水尾天皇の后となることが決まり、京に旅立っていきました。

その京では、高台院が床につき、寿芳院の見舞いを受けていました。
会話のなかで江のことなどを回想しながら、泰平の世になったゆえ、もう秀吉のもとにいけるだろうと語った高台院は目をとじようとします。
あわてて、「まだ逝かれてはなりませぬ!」と悲鳴をあげる寿芳院を、、目を開けて笑った高台院は、「そなたは変わらぬな」とひと言。おねと呼ばれた若き日から、このような明るく豊かな心を持ち続けた戦国の偉大な女性は、こののち寛永元年、静かに最期を迎えました。

江は、お福に大奥の取締役を命じ、家光が将軍の地位を継いだので大御所となった秀忠と、二人そろって月見の夜に過ぎし昔を語り合います。
そして、ある朝この夫婦は、そろって馬を走らせました。
平原の松に馬をつないだ秀忠は、さらに駆ける江に、「そなたは、わが希望だ」と言いました。
かつて江が生まれたとき、父の浅井長政が口にしたのと同じ言葉を。
ひとり馬を走らせる江は、さまざまな人々を追想します。
そのかたわらには、亡きお市の幻影が、わが娘の成長を見守りながら同じく早駆けする馬上で微笑んでいました・・・・・・。

上野樹里さんの演技は、最終回らしく落ち着いたものに見えました。
ストーリーは駆け足ですが、その演技には余裕を感じさせる部分もあり、向井理さんの秀忠も貫禄がでて、やはりキャストはみな良かったのだと思います。
願わくば、もっと早い段階から脚本・演出面で落ち着いたドラマを見たかったように思いました。

最終回にイラストを、と思ったのですが、アイデアも意欲も出なかったので(苦笑)、まだドラマが初期だったころ描いたカラーの再登場といたしました。
こんな時期もあった、という感慨もすこしはありますね。
     騎馬装束の江

最後になりましたが、毎回つたない感想レビューを読んでくださった皆さん、そしてTBやコメントを下さった皆さん、本当にありがとうございました。
posted by: ふるゆき | 江〜姫たちの戦国〜 | 22:51 | comments(6) | trackbacks(14) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:51 | - | - |
1年間弱、お疲れ様でした。
すっごい勢いで進んだ終わりよければ全てよしの最終回でした。
お福の立ち位置も最後まで立派な乳母とはとても言えず・・・
あ、そういえば春日局にならずに終わりましたねw
和子の結婚にも春日局が一役買うはずなのに、なんの描写もなく・・・
ただの乳母で終わりました。すごい( ̄∇ ̄;)

おっしゃる通り、樹里ちゃんは年齢が変わるごとに
落ち着いた演技になり、ずいぶん苦心されていたと思います。
素晴らしかったです。

来年も、ご一緒できると嬉しいです。
とりあえず・・・「坂の上」でまた^^

| くう | 2011/11/28 12:30 AM |
くうさん、1年間ありがとうございました。
本当にすごい勢いの最終回ストーリー運びでしたね。

あのお福に大奥の統括など任せていいのかな、とは私も思いました。
とてものこと、春日局としての器量や活躍など感じられませんでした。

上野樹里さんはじめ、キャスト陣は素晴らしい方たちだったですよね。
ほんとうに大河は、その点や美術・音楽は豪華なのですが……。

こちらこそ、来年の大河も書いたら、どうぞよろしくお願いします。
そうそう、『坂の上の雲』でもですね。
| ふるゆき | 2011/11/28 12:41 AM |
ちょこちょことツッコミどころはあったものの、
無難なラストに纏めていたと思います。
主人公の最期で締めくくらない大河ドラマは珍しいとは思うのですが・・・。

たしかにストーリーは駆け足でしたね。
もう少し歴史の配分を考えて欲しかったようにも感じます。
| BROOK | 2011/11/28 5:58 AM |
>しかし、江戸に来たついでに江に会いにきた佐治一成と話すうち、考えをあらためます。

元夫に隠し子の話をしたので驚きました(汗)
こんなこと、元夫に普通、相談しない気がします(^^;)

イラスト、可愛いです♪
イラストのように、自分も戦うような姫様の話の方が面白そうな気がします。
次の次の大河がそうなってくれるかもしれませんね。

11ヶ月間、お世話になりました。
途中から親しくなれて、良かったです♪(^^)
「坂の上の雲」は長いので、多分、書きません。
「平清盛」、またよろしくお願いします♪
| ショコラ | 2011/11/28 1:26 PM |
BROOKさん、最終回もありがとうございます。
ツッコミどころはラストまであるという大河でしたよね。

歴史的な部分と、ホームドラマ的な部分のバランスが、どうにも納得できないドラマでもありました。
『坂の上の雲』でも、どうぞよろしくお願いします。

| ふるゆき | 2011/11/28 7:06 PM |
ショコラさん、TBにコメントも、お世話になりました。
最終回まで、もと夫との対話や隠し子騒動で、驚かされましたね。

わたしも、みずから戦う姫君とか好きです。
平和や権利も、戦争でなくともあるていどは勝ち取るものだから、文句ばっかり言うだけでは説得力がありませんよね。

こちらこそショコラさんの感想記事やコメントで楽しませていただきました。
『平清盛』もかいたら、ぜひよろしくお願いします。


| ふるゆき | 2011/11/28 7:13 PM |









この記事のトラックバックURL
http://furuyuki.jugem.jp/trackback/1106
トラックバック
2011/11/27 10:59 PM
新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 上 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 中 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 下 江(ごう) 姫たちの戦国 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) NHK大河ドラマ ...
青いblog
2011/11/27 11:37 PM
 いいよいよ最終回ですよー!考えてみましたらまだまだ人生これからだっていう感じですのに、最終回ですよー!これから徳川家を盤石にするあれやこれやがあって・・・あっ!それにほらほら、大奥!大奥の最後の主の篤姫様につづいて最初の主の江様を描くとかなんとかっ
真田のよもやま話
2011/11/27 11:44 PM
秀忠(向井理)は、徳川の世継ぎを竹千代(水原光太)と定めた。 そんな折り、秀忠に隠し子がいることが発覚する。2度目の浮気に怒りを禁じ得ない江(上野樹里) だったが、その隠し子・幸松(後の保科正...
ドラマ@見取り八段・実0段
2011/11/28 12:11 AM
江〜姫たちの戦国〜ですが、徳川秀忠(向井理)は世継ぎを徳川家光に確定します。長幼の序を重んじた賢明な判断ですが、駿河大納言も今のところは祝福しておきます。江(上野樹里)は「前に進むのじゃ」と千姫(忽那汐里)を嫁がせます。千は「父上のような人ならよいの
一言居士!スペードのAの放埓手記
2011/11/28 12:12 AM
今週も『江〜姫たちの戦国〜』のお時間です。 あらすじ・・・
みはいる・BのB
2011/11/28 12:34 AM
いよいよ最終回。まさか7時半からやらないだろうなと思ってはらはらしていたのですが、後ろ倒ししてくれたので助かりました。今まで難題だったものがさくさくと決まっていく様子は、ものすごくハイスピードで見ていた気分にさせられます。それが時を重ねることを全く感
あしたまにあーな
2011/11/28 5:41 AM
江=希望・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201111270003/ 江(ごう) 姫たちの戦国 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) posted with amazlet at 11.11.24 NHK出版 (2011-09-30) 売
日々“是”精進! ver.A
2011/11/28 1:27 PM
【第46回の視聴率は11/28(月)追加予定】「希望」最終回、延長して1時間15分やりました。秀忠の隠し子の幸松(後の保科正之/小林海人)が登場したので、驚きました。このドラマには...
ショコラの日記帳
2011/11/28 1:27 PM
【第46回の視聴率は11/28(月)追加予定】 「希望」 最終回、延長して1時間
ショコラの日記帳・別館
2011/11/28 2:38 PM
『江〜姫たちの戦国』 最終回「希望」 最終回も、ドラマ的な起死回生はありませんでした。 なかでも、最初の夫・佐治一成(平岳大)が江ちゃんを尋ねて江戸城にやってきたのは酷かった・・・。 −◆− 夫・秀頼を父・秀忠に殺されてから引きこもり状態の千(忽那
世事熟視〜コソダチP
2011/11/28 7:44 PM
秀忠(向井理)は、徳川の世継ぎを竹千代(水原光太)と定めた。 千(忽那汐里)の嫁ぎ先も決まり、徳川家中は落ち着きを取り戻そうとしていた。 しかし、そのころから、秀忠の諸大名に対する厳しい仕置きが目立つようになる。 そんな折、秀忠に隠し子がいることが発
ぷち丸くんの日常日記
2011/11/28 8:29 PM
泣いても笑っても、今週で最終回の江。 今回は家康が亡くなってからのその後。 ラストで江の最期が描かれず、馬に乗って去っていく様は、希望を持つ人物として描きたかったためか。 『希望』 江が誕生した...
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
2011/11/28 8:54 PM
大河ドラマ「江 〜姫たちの戦国〜」。最終回、希望。 希望・・・そういえば江は希望の子と言われてたんだっけ。 最後まで見ても全然そんな感じはしなかったし、最後がマジで意味不明だった。 馬で走っていくのもね・・・前にも何か似たような意味不明の最終回を 見
センゴク雑記
2011/11/28 11:25 PM
江〜姫たちの戦国〜 日曜 20:00 NHK 2011年1月9日〜11月27日(全46回) 【キャスト】 上野樹里 宮沢りえ 水川あさみ 豊川悦司 鈴木保奈美 向井理 平岳大 AKIRA 大地康雄 萩原聖人 ミムラ 鈴木砂羽 ...
新ドラマQ