Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『江〜姫たちの戦国〜』 第36回「男の覚悟」
 関ヶ原の合戦は、家康ひきいる東軍の大勝利で幕を閉じました。
ただし合戦の模様はさっぱり描かれていないので、今回こそ「幻の関ヶ原」です。

勝利者の家康は、大坂への進軍の途中に、大津城へ入りました。
初と龍子に会って、京極高次の籠城戦をたたえた家康は、若狭小浜8万5千石を与えると発言。
「当然です」と答える初に苦笑し、「浅井三姉妹は強い」と呟きました。
この大津に、やっとで到着したのは、秀忠とその軍団です。

家康は3日のあいだ秀忠に面会せず、やっと本多正信をともなう息子に対面しました。
苦衷の秀忠は遅参をわび、正信も口添えしましたが、家康はすでに許した口ぶり。
しかも、大将として一定の評価まで言いますが、秀忠は虚心に受け取れないようです。
その後、徳川父子は、近江の山中でとらわれた三成に会見します。

三成は縄をとかれ、家康と言葉をかわしますが、そのあと秀忠が二人で会話します。
三成は「豊臣家への忠義だけで戦をしたのではないかも」と、もらしたうえ、秀忠に「秀頼公と淀の方様を、おたのみします」と頭を下げました。
このドラマでは、あくまでこれが三成の動機としたいようです。

そのころ江は、秀忠が関ヶ原に遅れたと聞き、笑いだします。
大姥局がたしなめますが、またまた身ごもった江は、口をおさえてうつむきました。
ヨシに命じられた侍女のひとりが、薬をとりに走りますが、この侍女も同じようにうつむき・・・。
このなつという侍女は、なんと秀忠の子を宿していたのでした。
驚いた大姥局は、「そなた、もしや・・・」と言いますが、なぜそこまで察知したのでしょう?

その秀忠は、大坂や京で家康とともに戦後処理をつとめ、ほぼ1年後に江戸へ帰還。
そして、なつが生んだ男の子のこと、江はまたも女子を出産したことを知ります。
そのあと、また江に会っては「今度また女子を産んだら自分を離縁してほしい」とか言われます。
が、秀忠にその気はなく、なつとのことは、江と心が通じ合うまえのことだったと弁明。
「自分は生涯、側室は持たぬ」とまで宣言します。
江は感激したのか、やや穏やかになり、産後しばらくしてから、城外にあるなつの屋敷をたずねて、その男子の赤ん坊を抱いたりしました。

史実では秀忠に男子ができるのは、江がのちの家光を生んだときと、大坂の陣の直前にお静という侍女にのちの保科正光が生まれたときと記憶しているのですが、今回の逸話はいったい?
それと、そのとき家光に他のおなごに男子が生まれたと聞いた江は激怒し、捜索まで命じたと本で読んだとも思いますが、(それがすべて事実かはともかく)なぜあんなに秀吉にまで文句を言い立てた江が、秀忠やなつに笑顔で接することができるのか、今回はいつにもまして謎だらけです。

家康はちゃくちゃくと関ヶ原後の体制作りを進め、豊臣家の領地は200万石から64万石に。
大蔵卿の息子で、淀の側近となった大野治長から、このことを聞いた淀は愕然としました。
なぜか江戸で月見をしながら酒を酌み交わす江と秀忠、それにお産の秘伝書を読んでは「虎の肉を食べると男の子がさずかるようです」なんて俗信をつたえる大姥局がのんきに見えるラストでした。
江にとっても、秀忠にとっても、これからの時代が新たな覚悟を求めているようです。

以下、この合戦時期の余談とイラストになりますが、ご覧くださればさいわいです。


                 安濃津城の戦い

   安濃津城。

前回の大津城で初と京極高次の籠城がえがかれましたが、関ヶ原は天下を二分する大合戦だけに、ほぼ同時期いくつもの籠城戦や局地戦がありました。
そのひとつに安濃津城(のちの津城)の戦いがあります。

ここも京極家とおなじく、東軍に加担した小大名の富田信高を、吉川氏や毛利氏で編成された西軍の大部隊が攻撃していました。
多勢に無勢のなか、城外に出て戦っていた城主の信高は、敵勢に包囲されてしまいます。
絶体絶命とおもわれたその時、城門から突出した若武者らしい一騎が奮戦。周囲の敵を倒して信高と馬廻りの手勢を援護し、おかげで彼らは無事に帰城できました。

が、城内に戻った信高は、さきほどの若武者とみえた人物をよく見てビックリ。
それは城にいたはずの奥方が、甲冑をつけ騎馬武者となった姿だったのです。
馬上で黒髪をなびかせた奥方は、「殿が討ち死にされたとの誤報で、おもわず飛び出しました。ご無事でなによりです」と、微笑みました。
こんな逸話もあって、安濃津城は意外な期間もちこたえたのです。
それでも結局は衆寡敵せず、信高は城兵らの助命を条件に講和・開城し、みずからは剃髪して高野山にのぼりました。

どこか大津城にも似た展開ですが、その後も同様で、関ヶ原後の論功行賞において、西軍をそれなりに足止めしたことは家康にも一定評価され、信高は大名に復帰しました。
すこし興味深いのは、奥方と知ったとき信高が「はなはだ驚いた」と記録にあること。
戦国にも武芸を披露した女性は何人かいますが、もしこのような武勇をふるうことが想像できる(?)タイプの奥方なら、彼はそれほど驚かなかったのではないでしょうか?
小柄な人だったという説もあり、ひょっとすると信高が甲冑姿を見たのも初めてだったかも。
だとすれば、奥方は凄い武勇の持ち主というより、夫を救いたい一心の奮戦だったように思えます。
前回の大津における初の働きをみながら、やはりこの逸話を思い出しました。
posted by: ふるゆき | 江〜姫たちの戦国〜 | 22:12 | comments(6) | trackbacks(13) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:12 | - | - |
おお、久々のイラスト・・・
その安濃津城の話を京極家に入れ替えてやったって感じがしますね。
(脚本家が京極家の話だと勘違いしてる…ってことはないよね、まさか^^;)

関ヶ原は幻に終わり、本当にラブ大河でした。
私もね、保科が生まれるには早すぎねー?と思った。
あの子供は一体・・・
| くう | 2011/09/18 11:25 PM |
くうさん、いつもありがとうございます。
安濃津城は、大津城よりは籠城が早く終わって、ひきつけた西軍部隊もいちおう関ヶ原には参加しているので、その点では大津の京極家のほうが上です。

でも、三成は要地で反抗する勢力が許せず、けっこう各地に大軍を差し向けていますね。
細川忠興の父の数百人で丹後宮津城にこもった細川幽斎にも、1万5千あまりの兵力を向けていますし。
司馬小説の『関ヶ原』では、島左近が「少し兵力の分散がすぎるのでは」と危惧していました。

しかし、今回のエピソードは疑問が多かったですね。
ほんとうにあの赤ん坊は、どうなるのでしょう?
| ふるゆき | 2011/09/18 11:49 PM |
カラーイラスト、素敵ですね♪
奥方が戦ったというエピソード・・・結構逸話が残っているので、
戦国時代の奥さんは意外と強かった?

今回のエピソードのなつは、フィクションっぽいですよね・・・。
なんでこんな安っぽちいお話を入れてくるのか、
良く分かりません。
| BROOK | 2011/09/19 5:10 AM |
BROOKさん、イラストも見てくださり、ありがとうございます。
戦国時代は、個人差はあれど、男も女も強かったのかもしれませんね。

今回のなつのエピソードは、なんだかハッキリしないものでした。
秀忠の関ヶ原遅参に時間をかけたのはわかりますが、こちらは消化不良みたいな印象しかありません。
とりあえず、来週からの新展開に注目したいですね。
| ふるゆき | 2011/09/19 6:13 PM |
久々のイラスト、凛々しくて素敵ですね♪
ご主人が驚いている姿も描かれていて、楽しいです♪(^^)
そういう逞しい女性、大好きです♪

秀忠の長男は、ドラマ通り、侍女が生んだようです。
でも、生後9ヶ月でお灸で病死したようなので、殺されたのかも?(汗)

ドラマの江は、その男児を抱いて、優しかったですね♪(^^)

次回の芦田愛菜ちゃん登場、楽しみです♪
| ショコラ | 2011/09/19 7:14 PM |
ショコラさん、TBにくわえイラストの感想もくださり、ありがとうございます。
前回の初もそうでしたが、この奥方も夫を助けた奮戦が好きな逸話なので、ひさびさに描きました。

ほんとうにこの時期、あの侍女が子を産んだ事実があったんですね。
驚きましたが、ドラマの結末もビックリかも。
いよいよ芦田愛菜ちゃん登場で、千姫が輿入れする話になるんですね。
江戸と大坂の関係がどうなるか、注目してみます。
| ふるゆき | 2011/09/20 6:54 PM |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
2011/09/18 10:19 PM
江〜姫たちの戦国〜ですが、天下分け目の関ヶ原の戦いもアッという間に終わります。徳川秀忠(向井理)の主力軍が到着しない中で、徳川家康(北大路欣也)は何とか勝ちますが、小早川秀秋軍に発砲し裏切りを促がした乾坤一擲の大勝負などは割愛します。 敗軍の将・石田
一言居士!スペードのAの放埓手記
2011/09/18 10:29 PM
新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 上 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 中 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 下 あらすじ 関ヶ原の戦いは、徳川方の勝利に終わり、敗れた石田三成(萩原聖人)は...
青いblog
2011/09/18 10:40 PM
宇宙ステーションから見たカミナリ!日の出!次はオーロラ?すっごい生中継の間に挟まる大河ドラマ、何だか落ち着きませんねえ。あんなにも宇宙の日の出が猛々しいものであったとはああああ!って、こんなに浮足立っちゃっちゃあレビューどこじゃなくなっちゃいますね、
真田のよもやま話
2011/09/18 11:26 PM
関ヶ原の戦いは、徳川方の勝利に終わり、敗れた石田三成(萩原聖人)は捕らえられ処刑される。 第三子を妊娠し、夫・秀忠(向井理)の帰還を待つ江(上野樹里)は、女中・なか(朝倉あき)が 秀忠の子を...
ドラマ@見取り八段・実0段
2011/09/18 11:56 PM
【送料無料】歴史街道 2011年 02月号 [雑誌]価格:630円(税込、送料別) ↑ 内容は歴史街道 HP 江 公式HP 江 公式HP(大津放送局版) 第36回「男の覚悟」 【あらすじ】 関ヶ原の戦いは徳川方の勝利に終わる。夫・秀忠(向井理
Refreshing-wind-blows※別館※
2011/09/19 12:10 AM
前回と今回の間で、いつの間にか終わってしまった関ヶ原の戦い。ナレーションなどでも天下分け目の大戦であることをいたるところで強調していたにも関わらず、実際の戦のシーンは10分程度で終わってしまった感じがします。最も印象深く描いていたのは秀忠が関ヶ原に間に
あしたまにあーな
2011/09/19 4:53 AM
秀忠は年増好き・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109180003/ NHK大河ドラマ 江 姫たちの戦国 完全版 Blu-ray BOX 第壱集 posted with amazlet at 11.09.16 アミューズソフトエンタテイン
日々“是”精進! ver.A
2011/09/19 10:52 AM
今週も『江』のお時間です。 あらすじ・・・
みはいる・BのB
2011/09/19 12:00 PM
『江〜姫たちの戦国』 第36回「男の覚悟」 前回の『幻の関ヶ原』ってサブタイトルも、なんか曖昧模糊としていたけど、今回の『男の覚悟』ってサブタイトルも、なんだかなぁ・・・。 番組冒頭の井上二郎アナのナレーションでは「戦いに勝利した者、敗北した者、間
世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)
2011/09/19 5:19 PM
いつ観るの止めようかと思い続けた江も残すところ後10回惰性で観るのも慣れた36回感想で〜っす今回はいつにもまして短くいきますだって書くこと少ないんだも〜〜〜〜んあらすじ...
徒然”腐”日記
2011/09/19 6:51 PM
【第36回の視聴率は、9/20(火)追加予定】女中のなつ(朝倉あき)が秀忠の子、しかも男子を産んでしまいました。「世継ぎ誕生」と大姥局は喜びましたが、江はショックで寝込んでしま...
ショコラの日記帳
2011/09/19 6:56 PM
関ヶ原終了、ホントにアッサリと終わってしまった。あとは大阪の陣しかないんだけど、このまま戦らしい戦はやらず仕舞い?戦国時代で戦をやらないなんて、そんな大河ドラマあるんかぁ?(呆) 萩原聖人@石田三成が宮沢りえ@淀姫の為に戦ったらしいけど、これもホント
人斬り藤次郎の雄叫び
2011/09/21 11:19 PM
勝利に終わったとはいえ関ヶ原の戦に間に合わなかった秀忠さん。 コレ結構 嫡男としてきついよね--。 「秀忠さまらしい--」と笑い転げるのは樹里ちゃんなら許せるけども 江としてはまずいのではないだろか...
shaberiba