Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『江〜姫たちの戦国〜』 第34回「姫の十字架」

江は江戸城、淀は大坂城、そして初は大津城に別れていました。
そして、運命の慶長五年(1600年)が明けます。
大阪城の西ノ丸に天守を建てた徳川家康は、本丸の豊臣秀頼とは別に諸大名の年始を受けました。

そんな家康の振る舞いを許せぬ石田三成は、隠棲する佐和山城で、起死回生の策を練ります。
かくて関ヶ原の前哨戦ともいうべき、「会津攻め」の事態がここに到来。
本国に帰還して領内の整備をすすめる上杉景勝の態度を糾し、返事に名高い直江状を受け取ったのち「豊臣家に謀反の疑いあり」と断じた家康は、大老の資格で諸大名に動員令を発しました。

この指令に応じた細川忠興は、出陣にあたって、妻のガラシャに思いを打ち明けます。
それは本能寺のおり、舅の明智光秀を見捨てた詫びでもあり、ガラシャのキリシタン洗礼の気持ちを察した言葉でもありました。
ガラシャは手をついて忠興を見送ります。
(どうもこのドラマは唐突に告白したりしますが、おそらくこういう変化のあった確立は低いのでは・・・)

その細川家から、光千代が江戸へ人質として送られ、江にも挨拶してガラシャの手紙を渡しました。
天下の情勢が不安になった江は、まず秀忠に、さらには会津攻めの途次に江戸へきた家康にも、「豊臣と徳川のいくさとなるのですか?」などと問いただします。
大姥局が制止していますが、あの太閤秀吉に文句を言い続けた江にはききません。

江は秀忠にも、ふたたび不満をおぼえているようす。
が、その秀忠は家康から会津攻めの先鋒として3万8千の軍団の大将となるよう命じられ、江の不満どころではありません。
この秀忠は、いろいろ聞く江に疲れ果て、とうとう家康の嫡男に生まれた辛さを、その重責の難儀さなどを正直に語りました。

すると江は、すべてを捨てて二人で農民となって暮らせば、とかいう夢のような提案を。
これには秀忠も驚き、妙な二人の農夫姿のイメージシーンは、見ているこちらも驚きました。
こんな問答を続けるうち、秀忠は気が晴れたのか、笑顔を見せ始めます。
そして、大将として出陣する、と決断しました。
江は、無事を祈るつもりで、あの「天下布武」の印をお守りに出します。
これを受ける、受けないの押し問答のあと、根負けした秀忠はふところに入れ、さらに織田信長公こそは自分の尊敬する武将だった、その姪であるそなたを嫁にもらったのは誇りでもあり気おくれもしたと、なんだか唐突に述懐。
江は、「いくさのない世を作ってください」と、遠大な理想目標を言い出して出陣を送ります。
これに対して秀忠は。「いくさから帰ったら言ってくれ」と、しごくもっともな返答をしました。

そのころ、大坂城には三成が復帰。
淀と秀頼に拝謁して、徳川討伐の認可を得ます。
そのまま「内府(家康)違いの条々」という檄文を発した三成は、同時に諸大名の人質も拘束。
細川屋敷にも、配下の軍勢がガラシャの出頭を求めて包囲します。
決意を秘めたガラシャは、洗礼を受けた侍女頭の清原マリアに侍女たちを逃がすよう命令。
みずからは十字架を握ったまま、留守家老の槍に突かれて果てました。

ここに東西の手切れは確実となり、ついに関ヶ原の決戦へ向け、三姉妹の運命も動きます。
初は、京極高次や龍子とともに大津城に籠城するようです。
予告は、かなり動乱の様相が深まるものでした。来週に注目です。

posted by: ふるゆき | 江〜姫たちの戦国〜 | 22:34 | comments(8) | trackbacks(15) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:34 | - | - |
こんばんわ
TBありがとうございます。
来週はいよいよ関ケ原ですね。期待してはいけないと思いつつも待ち遠しいです。
| haru | 2011/09/04 11:26 PM |
haruさん、コメントありがとうございます。
このドラマの関ヶ原なので、あまり期待せず見るのが正しい態度かもしれませんね(笑)

しかし今週もいろいろ驚く展開でした。
でも二人の農民姿が意外と似合っていたのはご愛嬌かもしれません。
それより、あんな無茶なことを大声で城内で話しても、侍女も警護の武士もいないのが奇妙でした。
| ふるゆき | 2011/09/04 11:45 PM |
>どうもこのドラマは唐突に告白したりしますが、おそらくこういう変化のあった確立は低いのでは・・・

これはいわゆる、死亡フラグってやつですね^^;
唐突にこんな会話を始める先にはガラシャの死が待っているという・・・

百姓妄想にはあきれました。。。が、2人の掛け合い漫才は結構好きです。
この2人は長生きする事も戦死しないことも解っているので
安心して見れますね♪

関が原がどんな風に描かれるのか逆の意味で待ち遠しいです^^;
| くう | 2011/09/05 1:02 AM |
江が持っている天下布武の判子と、秀忠の憧れの武将が信長だったこと・・・
強引に結び付けてきたような感じがしました。

次回はいよいよ関ヶ原ですね。
きっとこじんまりとしているんでしょうね・・・。
| BROOK | 2011/09/05 5:50 AM |
百姓の妄想シーン、面白かったです(笑)

次回の予告編では、初、凛々しかったですね♪
「幻の関が原」、戦のシーンが幻にならないか、心配です(汗)
天下分け目の「関が原」くらい、戦シーンが欲しいですね(^^;)
| ショコラ | 2011/09/05 1:00 PM |
くうさん、いつもありがとうございます。
そうか、フラグなんですね。
「おれ、この戦闘が終わったら結婚するんだ」というのですね(笑)。

あの夫婦の掛け合い漫才には、私も笑うのみでした。
今後の展開は、大津城にこもる初のほうがハードになりそうですね。
| ふるゆき | 2011/09/05 7:06 PM |
BROOKさん、今週もありがとうございます。
ほんと、いろいろ強引に結びつけでいますよね。
秀忠が信長を尊敬しているなら、江と婚儀する前後に、少しはそれらしいセリフを言わせるといった伏線があればともかく、こんども唐突発言でした。
関ヶ原は、たしかにこじんまりしそうで不安です。
スケール感のある場面があれば、それはたぶん『葵 徳川三代』など、過去の大河からの流用ではと思ってしまいます。
| ふるゆき | 2011/09/05 7:10 PM |
ショコラさん、今回もありがとうございます。
妄想シーン、なんとも笑えるけど微妙な場面でもありました(苦笑)。

初は大津城でいくさを経験することになるようですが、迷ってばかりの京極高次と、お気楽さでは群を抜く龍子たちでは、もう初が籠城の指揮をとるしかなくなって、あの姿に……?

>「幻の関が原」、戦のシーンが幻にならないか、心配です(汗)
これは想像にすぎませんが、秀忠が関ヶ原決戦当日に間に合わなくなる展開なので、その意味で「幻」なのかもしれません。
おっしゃるとおり、天下分け目の合戦くらい、すこしはまともなスケールのシーンがほしいですよね。
| ふるゆき | 2011/09/05 7:18 PM |









この記事のトラックバックURL
http://furuyuki.jugem.jp/trackback/1070
トラックバック
2011/09/04 10:57 PM
江〜姫たちの戦国〜ですが、徳川家康(北大路欣也)は大坂城二の丸にも天守閣をつくり、諸大名も家康詣でに行列をつくります。家康の専横ここにきわまれりですが、その権勢たるや豊臣秀頼を凌ぐものがあります。 家康は上杉景勝を討伐しようとしますが、ひきこもって出
一言居士!スペードのAの放埓手記
2011/09/04 11:20 PM
今回ははじめから細川ガラシャフラグが立ちまくっていて、結果的にキリシタンの教え通りに自害をせずに散っていく姿を中心に物語が構成されています。その中に江が政治のことを気にしたり、秀忠の思いの部分だったりするところがちりばめられているのですが、ここでなぜ
あしたまにあーな
2011/09/04 11:27 PM
 隠居しかありますまいな、と三成殿を失脚させて政治の実権を握った家康様。大名たちを懐柔して多数派工作、そして三成殿以下豊臣恩顧の大名たちは残らず始末?決戦関ヶ原の時は迫っていた〜!とアバンタイトルでおさらいおさらい。
真田のよもやま話
2011/09/05 12:52 AM
江(上野樹里)は、家康(北大路欣也)と三成(萩原聖人)の間で戦になるのではと不安に感じ、 上杉討伐のため江戸に戻った家康に「豊臣との戦は避けてほしい」と懇願する。 家康は「討つのは上杉」とと...
ドラマ@見取り八段・実0段
2011/09/05 5:28 AM
細川ガラシャ、死す・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109040004/ NHK大河ドラマ 江 姫たちの戦国 完全版 DVD-BOX 第壱集 posted with amazlet at 11.09.01 アミューズソフトエンタテイン
日々“是”精進! ver.A
2011/09/05 12:50 PM
【第34回の視聴率は、9/5(月)追加予定】9/9(金)のスタパに、向井理さんが出演予定です。今回、一番ウケたのは、江が戦が嫌だから、百姓になると言って、百姓姿の想像をしたシーン...
ショコラの日記帳
2011/09/05 1:27 PM
『江〜姫たちの戦国』 第34回「姫の十字架」 サブタイトルで”江戸の鬼”とまで呼んだ大姥局(加賀まりこ)は、大した存在感を発揮せず、キャラが中途半端。 キャラと言えば、良い人キャラだった家康(北大路欣也)は、すっかりダーク狸にキャラ替え。 かわ
世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)
2011/09/05 2:44 PM
すっかり毎度になってしまいました突っ込みを交えて手短に感想いきますあらすじは江 公式サイトから江戸城の江(上野樹里)は2人の娘と平穏な日々を送っていたが、上方では家康(北大...
徒然”腐”日記
2011/09/05 7:42 PM
そなたが愛おしく思えるわー それは気が弱っておいでです 笑いました 仲が悪いのか
しなもにあ 2
2011/09/05 8:33 PM
今週も『江』のお時間です。 あらすじ・・・・・
みはいる・BのB
2011/09/05 8:51 PM
【送料無料】歴史街道 2011年 02月号 [雑誌]価格:630円(税込、送料別) ↑ 内容は歴史街道 HP 江 公式HP 江 公式HP(大津放送局版) 第34回「姫の十字架」 【あらすじ】 江(上野樹里)は、2人の娘と平穏な日々を過ごしてい
Refreshing-wind-blows※別館※
2011/09/05 9:06 PM
徳川家康(北大路欣也)と石田三成(萩原聖人)の間に不穏な動きが起こっていた。 家康は「秀頼さま(武田勝斗)への反逆」という名目で会津の上杉氏討伐を淀(宮沢 りえ)に告げる。 これは、三成への誘い水だった。 秀忠(向井理)にその話を聞いた江(上野樹里)
ぷち丸くんの日常日記
2011/09/05 9:10 PM
人生で一番困難なこと---それは  息子を死なせずに一人前にさせる事---- なるほど----深いわ--- 遂に天下取りに動きだした家康 どうやら石田三成をはじめ家反対派を一掃するべく、 わざと会津征伐を起...
shaberiba
2011/09/05 9:25 PM
大河ドラマ「江 〜姫たちの戦国〜」。第34回、姫の十字架。 昨日は時間がなくて見そびれたので1日遅れの更新。 タイトルがいまいちピンとこない以外は、驚きの良回でした。
センゴク雑記
2011/09/05 11:01 PM
新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 上 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 中 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 下 あらすじ 江(上野樹里)は、家康(北大路欣也)と三成(萩原聖人)の間で戦にな...
青いblog