Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『江〜姫たちの戦国〜』 第33回「徳川の嫁」

江戸の鬼とまで前回のサブタイトルにかかれた大姥局は、今回が本領発揮です。
「ぜひとも男子を」と、江に連呼するのはもちろん、床にまいた豆を箱に入れる特訓(?)までも指導。
息切れした江は、「あの者は何なのですか」と秀忠に苦情を言いますが。
秀忠は、しゃべりたそうにしている侍女ジャーナリストのサキに解説をうながしました。

サキの調査によると、大姥局はもと今川義元につかえた家臣の娘。
少年時代の家康が今川家の人質だったころからの顔見知りだそうです。
江戸入りにあたって、秀忠の乳母としてだけでなく、奥の取締役としても招いたよう。

そんなベテランソルジャー・・・ではなくキャリアウーマンの局は、江の関心にもひと言。
さかんに京や大坂の情勢を秀忠に聞く江の姿勢が、豊臣よりと思えたのか、怖い顔で言いました。
「豊臣、豊臣と未練がましい。徳川に嫁がれた身なら、徳川家を第一に考えられませ!」
もっとも、「政に関心を持たれるのは良いこと。生まれるお子は若君に相違ありませぬ」
とか、都合のいい解釈もぶっています。

江の気にする上方では、家康の法度破りによる婚姻政策を三成が五大老とともに糾弾。
その追求を受け、家康は意外にあっさり「間違い」だったと認めます。
ただし、堺の商人に媒酌をたのんだので法度を知らなかったのでは、などと見えすいた弁明を。
怒りのおさまらない三成は、黒田官兵衛にも協力を求めますが・・・・・・。
官兵衛は、朝鮮から撤退してきた加藤清正や福島正則らの諸将が三成と深い亀裂を持つと指摘。
もっと人の気持ちを知りなされ、などと先輩らしく忠告はしたものの、協力の言質は与えず帰りました。

翌年に大老の前田利家が病没すると、清正や正則、それに黒田長政や細川忠興らが決起。
「三成を討つ!」と宣言して石田屋敷に押しかけました。
三成は、窮余の一策として、徳川屋敷に助けを求めます。
家康はこれを受け入れ、清正らの七将には「豊臣家のおんため私闘はならぬ」との名分で説得。
二男でかつて秀吉の養子であった結城秀康に、佐和山城まで護衛させて送りました。
ここに五奉行筆頭の石田三成は引退することになり、家康の権威はさらに高まります。

「義父上は、なぜ三成を助けられたのでしょう?」との江の疑問に、秀忠は困惑顔。
大姥局が、「家康さまが山のごときお心の大きな方ゆえです!」と断じるのにも当惑顔です。
結局、秀忠は「親父は、三成を助けておけば、そのうち豊臣の諸将と兵を挙げる。そのときまとめて叩き潰すつもりだろう」と、分析しました。
江は今さらのようにビックリして、「豊臣と徳川が争うなど!」と大声を出します。

が、すでに風雲は急を告げており、大津城の京極高次まで、初と龍子に質問攻めにあっていました。
豊臣と徳川のどちらに味方する、と聞かれた高次は、秀吉から拝領した脇差を出します。
そして、「これは太閤殿下の魂も同じ。豊臣家には叛けぬ」と明言。
しかし、なぜか唐突に政治評論家と化した初は、「あなたは、お人が良すぎます」とキツイことを。
その言葉とおり、三成が失脚した後の家康は、さらに策動を強化。
京へ隠棲した北政所がいた大坂城西の丸へと入り、政務を総括しはじめました。
そして、京極家も取り込もうと、城の修繕費という名目で、金銀や宝物を送りつけてきたのでした。

江は無事出産したものの、今度も姫でした。
またも秀忠が「竹千代」とかかれた紙を出し、そのあと「珠」と姫の名を出します。
この妙なパフォーマンスに視聴者も当惑しそうですが、大姥局はさらに悲憤慷慨。
その恐ろしい剣幕に、ついつい江は「今度は男の子を生んでみせるわ」と空約束をしました。
しかし、関ヶ原は目前に迫っており、来週はガラシャの身に危機が迫るようです。

posted by: ふるゆき | 江〜姫たちの戦国〜 | 22:44 | comments(6) | trackbacks(10) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:44 | - | - |
何か突然に登場人物が増えて画面がワサワサし、
すごい勢いで進んでいきましたね。
この展開、家康にとっては楽しくて仕方ないでしょうが、
視聴者にとっては付いていけないものだったでしょう。

来週はガラシャさまが退場なさるようで・・・
また江が最後に現われたりしなければいいんだけど・・・^^;
| くう | 2011/08/29 12:21 AM |
くうさん、いつもありがとうございます。
そうですよね。急に豊臣恩顧の諸将が大勢でてきたり。
北九州での三成と諸将の確執とかは、前回に入れてもよかったくらいです。
年老いた前田利家も、登場してすぐ亡くなりましたね。

来週ついにガラシャの最期とあっては、また見たい人物が退場してしまいます。
予想されるとおり、おそらく最期に、江のことを思い出す展開でしょうね。
| ふるゆき | 2011/08/29 12:35 AM |
今回は一応サブタイトル通りの展開でしたでしょうか・・・
でも、家康がメインだったようなので、ちょっと違うような気もしますね。
家康の“勢い”が描かれていました♪

次回はガラシャの最期・・・
くうさんが予想される通り、江のことを思い出しそうな予感がします。
| BROOK | 2011/08/29 5:30 AM |
>翌年に大老の前田利家が病没すると、清正や正則、それに黒田長政や細川忠興らが決起。

急に、有名人が沢山、登場して、誰が誰か、よく分かりませんでした(汗)

なんだか怒涛の展開でしたね(汗)
江ももう子供を産んだし・・・
なんか1週おきに子供を産んでいるような・・・
だから子への愛情が薄いのかしら?(^^;)
| ショコラ | 2011/08/29 12:22 PM |
BROOKさん、今週もありがとうございます。
天下とりの野望に動く家康を演じていた北大路さんは、かなりノリノリでしたね。
もし江が大坂にいたら、「おやめください」とか言い出して事態をややこしくしそう。
まさか、それで江戸に送ったわけではないでしょうが(笑)。

とうとうガラシャの最期がくるとなれば、皆さんが予想されるとおり江のことを思い出すシーンは必然、となるのでしょう。
それにしても姫君らしいキャストが退場するのは残念です。

| ふるゆき | 2011/08/29 6:39 PM |
ショコラさん、今回もありがとうございます。
前田利家といえば『利家とまつ』の主人公だったのですが、晩年の姿で出たと思ったらすぐ亡くなるとは、じつに早すぎです。
清正や正則も、かつて賎ヶ岳の合戦で七本槍として活躍した若武者のころも、少し前の小田原や朝鮮での姿もさっぱり出てこなかったので、唐突感は否めませんね。

この時代は、それこそ大姥局みたいに乳母が子育てにかなり関わるでしょうから、すべて江がするわけではないでしょうが、それにしても生んだあとの関心の低さは、家族の愛が絆とテーマ立てしているわりには、裏腹に淡白な感じしかしませんね。
それで千姫が嫁ぐ時になって、悲しやと言われても、説得力のないシーンにならないかと、いまから心配になりました。
| ふるゆき | 2011/08/29 6:48 PM |









この記事のトラックバックURL
http://furuyuki.jugem.jp/trackback/1067
トラックバック
2011/08/28 11:09 PM
大河ドラマ「江 〜姫たちの戦国〜」。第33回、徳川の嫁。 今回は前半見逃したので、感想は後半のみ。 石田三成を政の中枢から追い出し、徳川家康が台頭する。
センゴク雑記
2011/08/28 11:20 PM
嫁!いい響きですけどねえ、嫁!○○○は俺の嫁〜〜〜ってフレーズも一世を風靡しましたものねえ〜〜〜。あらでもそんなノホホンとしている場合ではなかったですか?この時期は、往年の「功名が辻」でも「天地人」でも、いろいろあれこれ言われながらも盛りあがった感が
真田のよもやま話
2011/08/29 12:04 AM
江〜姫たちの戦国〜ですが、徳川家康(北大路欣也)と石田三成(萩原聖人)の権力争いは白熱します。家康は太閤殿下の遺訓である大名間で許可なく婚姻してはならない掟を意図的に破りますが、伊達政宗から福島正則、加藤清正、蜂須賀など豊臣恩顧の子飼い大名まで取り込
一言居士!スペードのAの放埓手記
2011/08/29 12:15 AM
江戸での暮らしが始まった江(上野樹里)は秀忠(向井理)との2人目の子を妊娠。 「何としても嫡男を」と、うるさい大姥局(加賀まりこ)に対し、江は 「男の子を産んでみせる」と宣言してしまう。 一...
ドラマ@見取り八段・実0段
2011/08/29 11:10 AM
『江〜姫たちの戦国』 第33回「徳川の嫁」 8月28日『土曜スタジオパーク』に、上野樹里ちゃんが出演。 彼女は、最初、テンションが低くて、小田切アナウンサーやビビる大木と噛み合わない。 目を伏せたまま、訥々と語るだけ・・・。 で、突然、「江〜姫たち
世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)
2011/08/29 12:24 PM
【第33回の視聴率は、8/29(月)追加予定】今回はホームドラマになるのではと思っていたのですが、違いましたね。家康と三成の対立が中心でした。千姫、前回も今回も全然、出て来なく...
ショコラの日記帳
2011/08/29 3:38 PM
昨夜は会合があったんで帰ってからヘロンヘロンの頭で観てました(笑)いい加減、観るのどうしようか迷いますが習慣って感じなんでね〜〜〜あらすじは江 公式サイトから江戸での暮...
徒然”腐”日記
2011/08/29 11:14 PM
新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 上 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 中 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 下 あらすじ 江戸での暮らしが始まった江(上野樹里)は秀忠(向井理)との2人目の子...
青いblog
2011/08/30 1:34 AM
男の子を----!! 大姥局の願い届かず江は女の子を出産。 TVではうるさがるだけの江だけど男子を産むのが役目な時代 実際は江も大変だったんじゃないかな-? その間、名だたる大名と子供を婚姻させ足場...
shaberiba
2011/08/31 1:07 AM
関ヶ原の戦いがどのようなものだったのか、それをしっかりと把握したいという思いから、司馬遼太郎の「関ヶ原」という時代小説3巻を読んでみました。そこには、秀吉の死語に家康が考え抜いた様々な諜略とそれを支えた本多正信の動きがつぶさに記述されていて、スリリン
あしたまにあーな