Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『江〜姫たちの戦国〜』 第19回「初の縁談」
朝廷から豊臣の姓を授かり、聚楽第を建設し、まさに絶頂期の秀吉。
家康に自慢しながら、家康とその長男の竹千代にも官位をあたえて取り込もうとします。 
そんなころ、こんどは次女の初に、運命の時がきたようです。
「甘い菓子が嫌い」と言われて、大好きなお菓子まで遠ざけようとする初ですが・・・・・・。
お目当ての京極高次も、初のことを気に入っているようなので、これはチャンス?

しかし、しょせんは大坂城で保護されている身。
縁談があっても、どうせ秀吉の都合による政略結婚だろうと、初はあきらめモードに。
妹の泣き顔に、茶々は決意して秀吉に交渉を。
高次と初の婚儀を実現してくれるなら、話があると告げますが・・・・・・。

数日後、秀吉に呼ばれて着座した三姉妹に京極龍子。
そこへ、高次も現われて初に向かい合って座ります。
高次の真意をただしながら、心が揺れる初は、部屋を飛び出します。
追いかけた高次は、ほんとうに初を妻にむかえると断言しました。

かくて、母のごとく初を送り出す茶々と、なんだかんだ言いながらも祝う江に別れを告げる日が。
初は、しあわせそうに婚儀の行列のなか、近江の京極家に嫁ぎました。
そして、そののちの夜、茶々は秀吉の待つ東屋へ。
そこで物語などしながら、秀吉に礼をのべた茶々でしたが、「側室はいや」とも言います。
秀吉は、「ここへ来ていただいただけでもうれしい」と感極まったようでした。

姉の変化をいぶかしく思う江でしたが、数日後に城内の庭園で秀吉を見かけます。
初のことでは世話になったのだから挨拶を、という茶々に渋々つきあった江が見たものは。
トヨという新たな若い側室と、紅葉狩りでたわむれる秀吉の姿でした。
茶々を見て驚き、白々しくふるまう秀吉に平手打ちをみまい、走り去る茶々と、追う江。
部屋で泣き出した茶々の気持ちは、江だけでなく茶々本人もわからないようです。


                        ふたりの武将
            氏康と高次。

今回は、戦国武将ふたりを描きました。
この二人、戦国といってもやや時代は違いますが、意外な共通点(?)が。
といっても実際の歴史上ではなく、最近それぞれの人物を同じ俳優さんが演じているのを見たのです。

京極高次は、いまさら言うまでもなくこの大河で斉藤 工さんが演じています。
では、北条氏康はというと、実は時代劇ではありません。
先月、「戦国鍋テレビ」という噂の深夜バラエティ番組が、ようやくこちら東海地方でも放送開始。
その番組内で、「マイナー戦国武将がくるキャバクラ」(笑)というコーナーがあって、そこには歴史上の活躍のわりに知名度がイマイチという武将が来て、キャバ嬢に愚痴ったりするコントが笑えます。

その第3回に北条氏康が登場し、烏帽子に三つ鱗紋の直垂姿で演じていたのが、やはり斉藤 工さんだったのです。
関東地方ではとっくに放送された分だそうで、おそらく昨年とかに見られた方も多いのではと思いますが、私は初めて見ました。
氏康がマイナーかという点は、すこし議論があるような気もしますが、同時期の武田信玄や上杉謙信ほど名があがらないのも事実。

それにしてもバラエティ番組での登場ながら、氏康を演じていた斉藤さんは、けっこう決まっていたように思いました。
氏康といえば、小田原北条氏の三代目当主として、先に名の出た信玄や謙信とも激しく戦い、また川越夜戦の勝利などでも知られる名将。
これにくらべて、と言ってはなんですが、本能寺の変後に明智方について敗北し、そのあとも柴田勢に加わってやっぱり敗走した京極高次は、初にダメ呼ばわりされるのは気の毒だけど無理もないところもある斜陽気味な名門のお坊ちゃま大名・・・・・・。

こんな二人を見ると、氏康の発展させた北条家はますます栄え、奮闘もむなしい高次の京極家はさらに没落・・・と思ってしまいますが、これがまったくそうじゃない運命をたどるのが実際の歴史の興味深いところ。
その顛末は、今後のドラマに期待したいのですが、どうなるやら・・・?
意外に長くなったので、今回はこのへんで。





       
posted by: ふるゆき | 江〜姫たちの戦国〜 | 21:26 | comments(6) | trackbacks(10) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 21:26 | - | - |
この“微妙”な展開は何なのでしょう・・・
生ぬるい恋愛ドラマを見せられているようでした。
いや、“ようでした”ではなく、まさにその通りでした。

とりあえず、最後の茶々の平手打ちはスカッとした気分も♪


そうそう、斎藤さんはバラエティで氏康を演じていたのですか?
ちょっと気になりますね。
| BROOK | 2011/05/23 6:09 AM |
昔「りぼん」で連載されていたような甘ったるい
恋愛少女漫画は苦手なんです〜。。。(~_~;)
でも、続くんですよね。これずっと。
何せ、お茶々まで惚れて側室になるのだから、
この作者は「政略結婚」が許せないようです( ̄∇ ̄;)

「戦国鍋テレビ」私も時々見てます〜♪
なかなか鋭く面白いですね。
| くう | 2011/05/23 11:48 AM |
BROOKさん、いつもありがとうございます。
まさに仰るとおり、ぬるい恋愛ドラマが大半でした。
前も言いましたが、秀吉がこれでは絶頂期の天下人に見えないです。

斉藤工さんは高次をさわやかに演じていましたが、上記の「戦国鍋テレビ」でも、名将なのにマイナー扱いされて不満げな氏康を、結構それらしく演じて笑わせてくれました。
今後も注目の俳優さんですね。
| ふるゆき | 2011/05/23 7:07 PM |
くうさん、今週もありがとうございます。
恋愛をえがくのはいいんですが、もっと天下の情勢をはさんだりして、緊張感のなかでの愛情交差するドラマにしてほしいです。

でないと、政略結婚がいやだ戦がいやだばかり言うのも、平和志向や人間主義(そんな思想がこの時代にどの程度あるか知りませんが)ではなく、ただのワガママとしか見えませんね。

「戦国鍋テレビ」は、いいですよね!
お笑いバラエティの形をとりながらもマイナー人物の知識を得たり、この大河の賎ヶ岳合戦ではさっぱり出なかった七本槍がアイドルユニットになって歌い踊ってたり、「うつけものバー」(笑)のママが桶狭間決戦や楽市楽座の解説をしてくれたり、某ドラマよりずっと戦国ファンが楽しめそうです。
| ふるゆき | 2011/05/23 7:19 PM |
「戦国鍋テレビ」って、見たことないです(^^;)
「江」より、そっちの方が見てみたいかも?
レビューを書いてなかったら、「江」、既にきっと脱落しています(汗)

ところで、北条氏康も京極高次も、どちらも知りませんでした(^^;)
京極高次は「江」でやっと知ったくらいです。
どちらも斉藤工さんが演じていたなんて、面白い繋がりですね(^^)
早く、もう少し有名な役をやれるようになれるといいですね(^^)
| ショコラ | 2011/05/23 11:33 PM |
ショコラさん、今回もありがとうございます。
「戦国鍋テレビ」は、おススメですよ。
コントやトークに笑いながらも、意外と歴史知識も教えられます。
多くの地域で深夜バラエティとして放送されているようなので、機会があればぜひ。

京極高次は名将や勇将と言われるタイプではないけど、このドラマで斉藤さんが演じて知られるようになりそうですね。
なかなか爽やかに演じている斉藤さんも、さらに人気が出て、つぎの機会にはそれこそメジャー武将(笑)やお馴染みの人物役で登場してくれるんじゃないでしょうか。
| ふるゆき | 2011/05/24 6:36 PM |









この記事のトラックバックURL
http://furuyuki.jugem.jp/trackback/1024
トラックバック
2011/05/22 10:46 PM
何だかここんとこ青春ときめきラブコメディーと見ま江ばかりの神展開ですが、さて今週は、いよいよ初様の縁談だとか〜。女子のご本人が見染めるってのがそもそもあり得ませんって!とは言いナガラ、ヤハギ今作的にはどうしても譲れませんか、なんともショウナイ川で〜。
真田のよもやま話
2011/05/22 10:54 PM
江〜姫たちの戦国〜ですが、初(水川あさみ)の京極高次(斉藤工)への恋心ですが「お菓子を食べている者を見るのも不快です、不快です」という難関があります。豊臣秀吉(岸谷五朗)の茶々(宮沢りえ)へのよこしまな下心も「あなたは親の仇です、仇です」という連呼に
一言居士!スペードのAの放埓手記
2011/05/22 10:54 PM
浅井三姉妹の恋物語第2弾、前回は茶々でしたが今回は初です。これで一通り三姉妹全部に恋バナが展開されることとなりました。この時代の結婚は政略結婚が一般的であり、そおういった流れをおしとめ自分の好きな人と結婚できるという今では当たり前になっていることがな
あしたまにあーな
2011/05/22 11:51 PM
新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 上 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 中 新装
青いblog
2011/05/23 5:49 AM
もう色恋沙汰は、いいよ・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105220004/ NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック「江〜姫たちの戦国〜」 posted with amazlet at 11.05.19 吉俣良 ポ
日々“是”精進! ver.A
2011/05/23 3:16 PM
携帯から簡易感想ですうーん当時の武家は政略結婚当たり前だってぇそれに拒否反応を見せる三姉妹に違和感バリバリ(笑)でも目を瞑るしかないのだよな?このドラマ高次と結婚したい〜...
徒然”腐”日記
2011/05/23 4:54 PM
今回は〜初が好きな人のところに嫁げるようにと 茶々が秀吉に取り計らうが。。そのために茶々が犠牲に? 第19回「初の縁談」 『江〜姫たちの戦国〜』公式ページ 江(上野樹里) 市(鈴木保奈...
ふわゆらどらぶろ
2011/05/23 5:47 PM
うーん・・・この時代 好きだとか そうじゃないとか言っている余裕あったんだろうか
しなもにあ 2
2011/05/23 9:48 PM
茶々(宮沢りえ)が秀吉(岸谷五朗)に「親の敵と一緒になれない」と 拒否したことを、江(上野樹里)は初(水川あさみ)に打ち明ける。 けれど、初は一目惚れした高次(斎藤工)のことで胸がいっぱいだった。 初は龍子(鈴木砂羽)から、高次が自分のことを憎からず
ぷち丸くんの日常日記
2011/05/24 9:40 AM
第19回の視聴率は、前回の18.1%より下がって、17.3%でした。 今回は「初の縁談」でしたが、主役は初ではなくて、茶々という感じでしたね(^^)ここ数回、茶々が秀吉の側室にな...
ショコラの日記帳