Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
『江〜姫たちの戦国〜』 第17回「家康の花嫁」
 四国の長宗我部元親に続き、毛利輝元や上杉景勝といった大大名をしたがえた秀吉。
さらには越中の佐々成政も降伏させた天下人にとって、まだ最大の問題が。
それは徳川家康を上洛させ、臣下の礼をとらせることでした。

例によって、江やおね改め北政所にもアイデアを求め、突飛な計画をねる作戦です。
そして、江の「相手に求めるのみでは無理。自分も大事なものを差し出さねば」というひと言で・・・。
妹の旭を、正室がないままの家康に嫁がせるという、政略結婚を考え出します。

家康が驚く間もなく、旭は浜松城に到着。
やむなくこれを受け入れた家康でしたが、肝心の上洛は拒否したままでした。
いらだつ秀吉は、「もっと大物を送り込まねば」と決心。
あきれ果てた北政所は、今度は自分がいく、と宣言しますが・・・。
そこに現われた大政所が、わしが行く、と強く断言してみなを驚かせました。

かくて、ついに家康もやむなく上洛。
ここから有名な前夜の両雄会見と、思ったら。
まず伊賀越え以来の親近感か江がやってきて、つぎは北政所が来訪。
関白秀吉は、第三着でした。
それはともかく、ひそかに秀吉は家康に明日の演出を依頼。
大坂城の広間で、臣下の礼をとらせたうえ、名高い陣羽織の所望も実現しました。

この一大イベントを成功させた秀吉は、城内の茶室に茶々を招きます。
すると、「付き添いです」と、またまた江が参上。
宗易あらため利休もいるので、かなり狭い茶席となってしまいました。
ここで、秀吉は「茶断ち」をしていたことを明かします。
さらに、利休が「上様は茶々様に会われることも断っておられた」と付け加えました。
これは効果があったようで、茶々は秀吉に一服の茶をたてます。
江は、しだいに揺れる姉の変化に、いちだんと不安になりました。

今回は、凄い早さで浜松に来着する旭と大政所が笑えました。
(大政所は、なんだか化粧も笑えましたが)
江にとって再婚の相手となる羽柴秀勝も登場しましたね。
陽気で、戦場の荒武者みたいな風貌にも見えました。
来週は、初のお相手も登場?
これからが「姫たちの戦国」のメインなのでしょうか。


                    一豊の苦言

        一豊の苦言。

先週の関白叙任騒動でのヘンな思いつき作戦を、『功名が辻』の山内一豊が見たら・・・・・・。
と、いうコンセプトで今週のイラストにしました。

ところで、その一豊を演じた上川隆也さんといえば、昨年の『龍馬伝』では中岡慎太郎ですね。
その配役が決まったあとに雑誌「ステラ」のインタビューを読んだら、こんな事実が。
中岡の役作りもあって『龍馬伝』を見ていた上川さんは、テレビで山内容堂(近藤正臣さん)が、「どういて藩祖の一豊公は、長宗我部の奴らをすべて土佐から追い払わんかったかのぉ」と独言するシーンを見て唖然。
「いや、だってあの時はさぁ!」と、思わずTV画面に向かって突っ込んだそうです(笑)。
なにか気持ちがわかるというか、土佐入りで苦労した「藩祖」の一豊を演じた本人としては、「子孫」の勝手な放言にたいして、こう言わなきゃおられなかったろうなと感じた記事でした。

posted by: ふるゆき | 江〜姫たちの戦国〜 | 21:43 | comments(8) | trackbacks(11) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 21:43 | - | - |
そうそう。そのエピソードは私も知っております(*^^*)
先祖として一言勝手な子孫に言っておきたかったのでしょう。
ドラマが終わった後も、役の気持ちになり切る殿。。。(。-_-。)
さすがでございます〜♪
そんな殿は、現在、テレ朝水曜の「遺留捜査」にご出演中。
見てね♪

。。。って、何の話でしたっけ?^^;
あ〜。。。何かもう、このドラマの時間配分は
ものすごくメッチャメッチャですよね。
私も旭と大政所がすごいスピードで家康の元に着いたのには
ビックリしましたわ^^;
| くう | 2011/05/09 1:06 AM |
やはり展開が速い感じがするのは否めませんね・・・。
今回もサラ〜っと過ぎていったような感じがします。
見ていて、あまり盛り上がりもせず。

次回は江と秀勝が恋仲に?
一応期待しておきます。
| BROOK | 2011/05/09 6:39 AM |
くうさん、いつもありがとうございます。
そうですね、いま上川隆也さんは『遺留捜査』で知的に活躍中。
また大河にも出てほしいキャストです。

ドラマの時間運びが不可解なのは、いまはじまったわけじゃないけど、今回のは特に凄かったですよね。
相手の了承もなく嫁ぎ先に来れるものでしょうか??
| ふるゆき | 2011/05/09 7:18 PM |
BROOKさん、今週もありがとうございます。
本当にこのドラマの歴史的な事件をあつかう速度には驚きますよね。

そしておそらく、次回のように「恋」をえがく話になると、意外にゆったりとした演出になるんじゃないでしょうか。
秀勝や初のお相手には期待したいですが、その恋もようも適度なテンポ感でお願いしたいです。

| ふるゆき | 2011/05/09 7:22 PM |
こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。
上川隆也さんの話しは興味深いです。上川さんは、功名が辻の少し前に坂本龍馬を演じていて、土佐の不平等な制度を作った一豊をどんな気持ちで演じたか興味深かったですが、今回の話しでわかった気がします。火薬庫のような土佐を平定するには当時としては致し方なかったというところでしょうか。
江はつまらないので、またほかの大河の話しをしましょう。
| haru | 2011/05/09 8:37 PM |
haruさん、こちらこそありがとうございます。
そうだ、上川さんは民放の時代劇で龍馬を演じた経歴もある方ですね。
それから一豊を大河で演じきったわけで、いろんな人物をそれぞれの視点で見る経験をつまれたのではないでしょうか。

大河と関係ないですが、BSで『銀河鉄道999』の特集があったとき上川さんはメインゲストとして出ていて、単なる主要キャラとかだけでなく細かいエピソードなども熱く語っていました。
この点も流石の俳優さんです。
| ふるゆき | 2011/05/10 7:26 PM |
コメント、ありがとうございました♪

>今回は、凄い早さで浜松に来着する旭と大政所が笑えました。
>(大政所は、なんだか化粧も笑えましたが)

ほんと、早く着きましたね(笑)
そして、お化粧も笑えました(笑)
元百姓だからでしょうか?
お付きの人が化粧してあげそうなものなのに(^^;)

関東の高視聴率が不思議でした(汗)
| ショコラ | 2011/05/12 6:29 PM |
ショコラさん、コメントもありがとうございます。
思わず笑ってしまった大政所のお化粧姿ですが、奈良岡さんは演技力は申し分なしの女優さんだけど、どこか品があって秀吉の母にしては、はてな?とも感じました。

関東では高視聴率だったんですね。
ドラマの演出はそう変わらないので、新たなキャストのおかげなのでしょうか?

| ふるゆき | 2011/05/12 7:13 PM |









この記事のトラックバックURL
http://furuyuki.jugem.jp/trackback/1018
トラックバック
2011/05/08 9:52 PM
おおおおおっ!このエピソードをタイトルに持ってきますか〜。いつぞやは松本アッコちゃん様と野口五郎丸様の悲劇の夫婦愛で結構イイ感じにまとまってましたけどお〜〜〜?あっ!てことは母上様も?ね!秀吉様の母上様にとっても大変な悲劇!とんでもない母の日になって
真田のよもやま話
2011/05/08 10:18 PM
天正13年7月。 関白となった秀吉(岸谷五朗)にも思い通りにならないものがあった。 家康(北大路欣也)である。上洛を促す使者を送っても、あいさつに現れない。 秀吉は、江(上野樹里)に相談するが、...
ドラマ@見取り八段・実0段
2011/05/09 12:13 AM
江〜姫たちの戦国〜ですが、羽柴秀吉(岸谷五朗)は従一位関白殿下に出世し、母親なか(奈良岡朋子)は大政所、おね(大竹しのぶ)は北政所となります。 初(水川あさみ)は「猿関白」と見下し、江(上野樹里)は石田三成(萩原聖人)に盗み聞きを注意され、関白様に足
一言居士!スペードのAの放埓手記
2011/05/09 2:03 AM
前回、強引な方法を使って関白の内定をGETした秀吉ですが、それに引き続き今回は正式に通知を受けて名実共に関白殿下となります。それに伴って、人の名前および読み方も微妙に変わっていき、おねは北政所、秀吉の母なかは大政所となります。千宗易は千利休と名を改めな
あしたまにあーな
2011/05/09 5:19 AM
茶断ちと茶々断ち・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105080004/ 江 姫たちの戦国(1) (KCデラックス) posted with amazlet at 11.05.04 暁 かおり 講談社 (2010-12-20) Amazon.co.jp
日々“是”精進! ver.A
2011/05/09 3:24 PM
JINが始まってからというもの江の感想は携帯でポチポチっとしてました久しぶりのパソコン更新です・・・ってだから何が違うってわけでもないんですけどあらすじ・キャストなどは
徒然”腐”日記
2011/05/09 3:28 PM
江〜姫たちの戦国〜 日曜 20:00 NHK 2011年1月9日〜  【キャスト】 上野樹里 宮沢りえ 水川あさみ 豊川悦司 鈴木保奈美 向井理 平岳大 AKIRA 大地康雄 萩原聖人 ミムラ 鈴木砂羽 斎藤工 柴俊夫 草刈正雄 富田靖子 岸谷五朗 奈良岡朋子
ドラマQ
2011/05/09 5:59 PM
秀吉(岸谷五朗)は関白宣下を受け、天下人への道を着々と歩んでいた。 江(上野樹里)は関白となった秀吉の執心に、茶々(宮沢りえ)が屈しない かと気がかりだった。 そんな秀吉にも思い通りにならないものがあった。 家康(北大路欣也)だ。 小牧、長久手の戦い
ぷち丸くんの日常日記
2011/05/09 8:06 PM
別に!とか(エリカ様かっ) 足かけて転ばせたり・・・ 本当に大河?って感じだよね
しなもにあ 2
2011/05/09 8:14 PM
新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 上 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 中 新装
青いblog
2011/05/11 6:45 PM
第17回の視聴率は、前回の15.9%より大幅に上がって、20.7%でした♪3月6日の第9回「義父の涙」以来、久々の20%台でした♪この内容で、こんなに高視聴率、びっくりでした(^^;)EXILE...
ショコラの日記帳