Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
Sponsored links
オリンパス・オンラインショップ
デジタル一眼レフカメラ
タミヤ・オンラインショップ
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】
キャラクター&ホビー「あみあみ」 
国内最大級のフィギュア通販
楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
るるぶで旅行
出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
車両にフィット

タミヤからアメリカ戦車兵セットが新たに発売されました。

WW競茵璽蹈奪兩鐇のスタイルで、全身像も半身像もあります。

ディオラマの車両整備シーンにも、戦車キットの砲塔にも、いろいろ活用できて、その用途はかなり広がりそう。

昨年秋から発売されたM4のイージー・エイトやM24チャーフィーなど、これを使えばすぐにも望みの場面が作れそうでうれしい新製品です。 

posted by: ふるゆき | 模型&ホビー | 20:14 | - | - |
アフリカ軍団の空軍砲兵

 タミヤから出たアフリカ軍団の空軍砲兵フィギュアを買いました。

有名な88ミリ高射砲で対空・対戦車先頭に活躍した部隊のキットです。

ポーズがいろいろありますが、全体に動的ではなく、戦闘中のイメージで作りたい方は、改造の必要があるでしょう。

でも、服装や装備品は考証がされたもので、こういうアイテムでのディオラマとかに挑戦されるファンもいるのではないでしょうか。 

posted by: ふるゆき | 模型&ホビー | 21:46 | - | - |
タミヤのパンサーD型

 ついに発売されたタミヤのパンサーD型を、この連休やっと買いました。

さすがに最新の設計だけあり、見事にクルスク戦デビューのパンサーD型中戦車を再現した傑作キットのクオリティです。

フィギュアやデカールも納得でき、製作も意欲のわく新製品。

ただ、同時発売のメタル砲身セットや連結式履帯も購入して、さらなるティールアップをすべきかどうかは、かなり悩めるところなのですが。


 

posted by: ふるゆき | 模型&ホビー | 12:22 | - | - |
タミヤの弦羔鄰狎鐚

 久しぶりに作った自走砲は、タミヤの弦羔鄰狎鐚L70ラングです。

この車両は、同社のミリタリーミニチュアが大人気だった70年代にキット化されていますから、この新製品はリメイク版ですね。

時の流れは大きく、細部はもちろん、全体のフォルムも、納得できるもの。

低いシルエットと、長大なパンターと同じ75ミリ砲が迫力です。

二体のフィギュアも、迷彩ヤッケを着て、それぞれコマンダーハッチとローダーハッチから顔や半身を出したリアルなポーズ。

こういうタッチの現代キットを製作すると、今後タミヤで発売予定のパンターD型に期待です。 

posted by: ふるゆき | 模型&ホビー | 18:21 | - | - |
タミヤのソミュアS35

 待たされたようですが、やっとタミヤのソミュアS35中戦車を買いました。

パーツ分割や、組み立て式の履帯も良い感じです。

大戦初期のフランス車両らしいフォルムも出ていますが、もう少し丸いイメージでした。

フィギュアはピッタリの戦車兵。

マーキングも独特で、さらに種類があるともっとウレシイかも。

こうなると、オチキスH35も欲しくなります。


 

posted by: ふるゆき | 模型&ホビー | 14:29 | - | - |
SASジープを製作

 CSチャンネルで海外ドキュメンタリー「伝説の奇襲作戦」というシリーズを見たら、第2次大戦中の北アフリカで名高いイギリスのS.A.S.(空軍特殊部隊)による改造ジープ部隊で枢軸軍の飛行場を襲撃する話を放送していました。

これは、まだ当時新たな軍用車両だったアメリカ製のジープを砂漠奇襲用に改造して、武装も燃料や物資も積み込み、サハラ砂漠を長躯しつつ敵戦線の背後にまわり、ドイツ軍航空基地に侵入。そこにある戦闘機や輸送機を徹底して破壊し、すばやく離脱するという作戦です。


タミヤ模型のミリタリーミニチュアシリーズでも初期の製品でありながら、いまだ現役というこのキット、実は作るのが初めてでした。

さすがに現在の目で見てはモールドの甘さなどもありますが、40年も前によくこんなマニアックで面白い車両が発売されたものと感心します。

今日ではM2ブローニング機銃など他のキットから流用することもできるので、そんな点も楽しみながら製作すると、なかなかのもの。

説明図になるおなじみの実車解説も、上記の海外テレビで見た内容がしっかり盛り込まれていて、そんなところも良いキットだったんだなと感じました。 

posted by: ふるゆき | 模型&ホビー | 12:47 | - | - |
プラモデルの歴史と現在がわかる本
評価:
岡本 一広
KADOKAWA/メディアファクトリー
¥ 1,078
(2015-03-06)

 漫画でプラモデルの歴史と現在、それに航空機や戦車、艦船などのスケールものだけでなく、ガンプラをはじめとするキャラクターモデルから鉄道模型まで、あらゆるジャンルの知識も知ることができます。

やたら模型のうんちくを語る謎の男女が主人公で、わかりやすいタッチのシリーズ形式により、自分の好きなジャンル以外も幅広く知ることができるのが面白いですよ。

模型以外にアニメも好きな方は、ガルパンや艦これ、痛車などのモデルも随所に紹介されていて、そちらも興味を引かれるのではないでしょうか。 

posted by: ふるゆき | 模型&ホビー | 12:02 | - | - |
ご挨拶

 皆様、あけましておめでとうございます。

昨年は大河の感想を中心に記事を書きましたが、今年のドラマは感想を書かないので、アニメや他の作品のことを記事にしようかと考えております。

『ガールズ&パンツァー』の劇場版が今から楽しみですから。

それに関連した模型も作りたいですね。

ともあれ、今年もまたよろしくお願い致します。

 

 ふるゆき 

posted by: ふるゆき | 模型&ホビー | 12:22 | comments(2) | trackbacks(4) |